フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

カテゴリー「鹿児島県」の記事

2012年10月 1日 (月)

薩摩焼物紀行

平成24年8月5日。温泉修行中に薩摩焼を見に行った。

薩摩焼はいくつかの場所で焼かれているが、今回は日置市にある苗代川窯にいった。

薩摩焼の歴史は、豊臣秀吉の朝鮮出兵に始まる。このとき、連れ帰った朝鮮人技術者が島津家の庇護の下、始めたのが薩摩焼である。白もんと黒もんという二つの様式に大きく分かれる。白もんは豪華で藩主向けのもの、黒もんは黒く素朴で大衆向けである。それぞれ、独特の魅力がある。

P1090419

今回は、沈壽官窯に行ってみた。

P1090420

なかなか立派な門構えだ。沈家は初代沈当吉が前述の連れ帰られた朝鮮人であり、その子孫である。日韓交流に貢献したとして、韓国の名誉総領事にも任命されている。

P1090421

P1090422

P1090423

焼物屋らしく、さりげなく壷が置いてある。

P1090424

こちらの資料館は沈家の過去の作品などが展示されている。焼物好きには堪らない空間である。

P1090425

右手の建物が展示販売を行っているところである。

左手は、

P1090426

薪がいっぱいやな・・・

P1090427

うほっ!登り窯やん!

この後、何軒か、窯元を見学し、すっかり薩摩焼を堪能した。

2012年9月30日 (日)

熊襲の穴

平成24年8月5日。妙見温泉で温泉修行中、かの有名な温泉宿、石原荘の向かいに変な看板を見つけた。

「史跡熊襲の穴」とある。どんな穴なのか、私、気になります!

P1090394

ということで、行ってみることにした。駐車場という名の原っぱに車を停めて、階段を上る。

P1090395

途中、妙なオブジェがある。

P1090396

鳥居があった。聖地ということだろう。。。

P1090397

むむ?結構きついなあ。。。

P1090398

ちょっと休憩もできるが、ここは一気に上ってしまおう!

P1090399

P1090400_2 

うげ!これはきつい!

P1090401

息も絶え絶え上がっていると、何か見えてきた。

P1090402

この先が熊襲の穴のようだ。

P1090403

洞窟があった。

P1090404

この洞窟に、古事記や日本書紀ででてくる、熊襲が暮らしていたという伝説がある。

中に入れるようなので、入ってみよう。

P1090405

何も見えない。フラッシュ焚いてみるか・・・

P1090408 

ん?何か写ったぞい!?

何か妙なペインティングが施されているようだが、さっぱり分からないので、いったん洞窟から出た。

P1090411

シダの洞窟みたいやね。

さて、意味わからんけど、帰るか・・・

・・・・・?

P1090417

あれ?これ何?ひょっとして押したら、洞窟内の照明がつくのかしら?

P1090414

正解である。妙なペインティングの正体はこれか・・・

P1090415

何でも現代の芸術家が施したそうだ。んん?

史跡だけど、いいのかな?

P1090416

ここまで上がってくるのに、汗にまみれた私だが、この中は非常に涼しい。というか、寒いくらいだ。こんなところで本当に生活してたのかなあ・・・?

2012年9月28日 (金)

九州温泉修行ⅩⅣ-②(日当山温泉、妙見温泉、大黒温泉)

平成24年8月5日。2日目の朝は、日当山温泉の岩戸温泉(No.54)からスタートである。

P1090389

P1090388

猫など寝ていた。

風呂は岩風呂である。炭酸水素系のつるつるした温泉だ。お湯加減も温めでちょうどいい塩梅だ。ゆっくりつかることができる。

立ち寄り湯としては、なかなかのものだ。

P1090390

続いて、妙見温泉の妙見荘田島本館(No.55)にやってきた。

P1090391

この奥が浴場である。

浴場は小さいが、私一人だったので、優雅に入ることができた。

傷湯と胃腸湯がある。他にも神経痛に効く温泉もあるが、今回は前者のみだ。

胃腸が弱いので、しっかり入らないと・・・

鉄っぽい温泉で、少々熱めだ。ずっと入っているとのぼせそうなので、外にでて涼んでは入るのを繰り返した。

P1090393

温泉から見える景色は川だ。涼しげである。

P1090418

妙見温泉からもう一つ、妙見温泉味の宿どさんこ(No.56)である。

ここの温泉も鉄っぽい。私一人なので、非常に有意義だった。すっかりほっこりして出てくると、旅館の人と少ししゃべった。

何でもここは北海道から蟹を取り寄せている料理旅館だそうで、今度泊まりにくるよう誘われた。そして、この88湯巡り達成者には九州の人が意外に少ないそうで、激励されてしまった。なかなか面白かった。

P1090428

最後は、大黒温泉(No.57)である。

ここは地元民憩いの銭湯のような温泉である。やや鉄っぽい感じで、熱めである。非常に汗が出た。お湯は無色透明であるが、この発汗は只者ではない感を感じさせた。

これにて、鹿児島編終了である。次回は鹿児島修行中に立ち寄った観光の話でも・・・

2012年9月26日 (水)

九州温泉修行ⅩⅣ-①(霧島温泉、栗野岳温泉、吉松温泉、日の出温泉、隼人温泉、船津温泉)

平成24年8月4日。今回の修行は鹿児島である。二日にわたって敢行したので、全2話で紹介する。

ではでは。。。

霧島温泉にやってきた。記念すべき一発目は、霧島湯之谷山荘(No.47)である。

とってもヤバゾーな山道を延々と走らされ、着いた。

P1090367

P1090368

はっきり言って、かなりいい。白っぽいお湯で、ぬるぬる感がいい。硫黄臭も温泉に入ったという感じがする。お湯の温度も熱めから温めまである。温めのお湯に浸かっていると、いい塩梅でいつまでも入りたい気持ちになるが、先は長い。諦めた。

P1090369

続いてやってきたのは、同じく霧島温泉の霧島新燃荘(No.48)である。

P1090370

実は、この温泉、新燃岳の火山活動で1年半前に営業休止に追い込まれ、つい先日、再開したばかりだ。

やや熱めだが、柔らかい感じがする、よいお湯だ。ここも硫黄臭がいい感じだ。皮膚病によいそうだ。上がってきて、受付の人と再開に当たっての苦労話などを聞いた。今回、再開すぐに来れたことは、非常にラッキーだったと思う。

続いて、栗野岳温泉は南洲館(No.49)にやってきた。

P1090371

早速、日本秘湯を守る会の提灯が見えた。ここから分かるとおり、なかなかの秘湯だ。

P1090372

こちらが入浴受付である。風呂は、明礬の湯と硫黄の湯がある。どちらかを選ぶべし。

P1090373

こちらが明礬の竹の湯である。

P1090375

こちらが硫黄の桜湯である。どちらか悩んだが、桜湯に入った。

P1090374

少しぬるぬるしており、非常によい感じだ。人も他におらず、大変ゆっくりさせていただいた。当然、それだけ料金を払えば、二つのお湯に入ることができる。竹の湯も入ればよかった。

P1090376

他にも蒸し湯があるが、ここはよっぽど常連以外は行かなくともいいだろう。。。

P1090378

続いて、吉松温泉の鶴丸温泉(No.50)にやってきた。

ここはほぼ演歌ががんがん流れ、地元民しかいない、銭湯のような温泉であるが、非常に個性的である。

それはお湯が黒湯だからである。黒湯といえば、東京蒲田が有名だが、鹿児島にもあったのだ。黒湯独特の木のような香りが漂う。色はかなり黒い。しかも、少しぬるぬるする。かなりよい泉質とみた。ちなみに飲むこともできる。味は薄いお茶みたいな味がした。温泉にしては美味である。

P1090380 

日の出温泉、きのこの里(No.51)にやってきた。

どうみてもドライブインのような施設にある温泉である。

P1090381

全く、期待していなかったが、これがなかなか・・・

鉄っぽい温泉だ。

P1090383

温泉の前は川が流れており、涼しげだ。

P1090385

続いてやってきたのは、隼人温泉の浜之市ふれあいセンター富の湯(No.52)である。

浜之市はこの辺の地区の名前である。こんな地元民憩いの場である温泉だが、これがなかなかである。塩系の温泉で、かなり濃い。

P1090387

最後は、船津温泉(No.53)である。スーパー銭湯的な温泉だ。柔らかい感じがした。折角の温泉に泡風呂がついていたのは、少し残念な気がした。これで、1日目終了である。7つも入ってしまった。さすがにしんどいなあ。。。

2011年5月20日 (金)

鹿児島珍道中(その10:仙巌園)

鹿児島市まで戻ってきた。

仙巌園は、島津家別邸跡と庭園を公園としたもので、別名磯庭園ともいう。

1658年に島津光久が造園したのが始まりだそうで、その後、歴代当主が増改築を繰り返している。駐車場に車を停め、北に歩くと、左手に尚古集成館、右手に仙巌園入り口があり、正面が鶴峯神社である。

Img_2780

Img_2781

島津家の先祖を祀る神社で、かつてはかなりの文化財を保有していたそうだが、西南戦争の折、略奪行為にあってしまったそうで、鹿児島県の文化財保有数が少ない一因になっているそうだ。

Img_2782

なかなか厳かな雰囲気である。

さて、いよいよ仙巌園に入る。

Img_2783

入ってすぐに「近代薩摩焼発祥の地」の記念碑があった。

左手には反射炉跡があったり、ちょっとした工業地帯跡だ。幕末に島津斉彬がこの地に、ガラス工場や製鉄所などを造り、工業化を目指した名残だ。この斉彬の近代化事業については、高校日本史で習ったような気がする。歴史の舞台に立ち、ややテンション上がる

Img_2784_2

水天渕発電所記念碑である。別のところにあった発電所の建物の一部をここに移し、記念碑としたそうだ。

Img_2785

いよいよ本格的に庭園が始まる。

Img_2786_2

Img_2787

Img_2788

Img_2790

桜島が見える。何でも桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てているそうだ。

Img_2791

けったいな灯篭があった。鶴灯篭というらしい。何でもガスを使って灯を灯したそうで、本邦初のガス灯なのである。

Img_2794

Img_2795

Img_2796

Img_2797

Img_2798

Img_2799_2

奥に進むと、石の壁に囲まれた狭い通路が続いていた。

Img_2800

発電用ダム跡とある。水力発電を行っていたようだ。

Img_2801

かなり広い庭園である。まだ見落としてそうだが、そろそろ散策を終える。

Img_2805

最後に、中に入ってないが、尚古集成館を一枚。中は薩摩の近代化事業に関する資料館である。

P1020585

このあと、天文館で白熊を食し、

P1020589

福岡の黒木町でうなぎを食い、この旅を終えた。

おしまい

2011年5月16日 (月)

鹿児島珍道中(その9:枚聞神社)

枚聞神社は指宿市にある、薩摩国一宮の神社である。読み方は「ひらききじんじゃ」という。まいききではない。大阪周辺の人ならば枚方に何となく似ているので、受け入れやすいのではなかろうか?

Img_2773

Img_2774

Img_2775_2

一宮という割にはこじんまりしている。しかし、何となくいい雰囲気である。

主祭神は「オオヒルメノムチ」である。漢字にするとやたら難しいので、ここでは避けるが、何のことはない、「天照大神」の別名なのである。

注)オオヒルメノムチとアマテラスは別の神であるという説もある。

ところで、薩摩国一宮は実は、もう一つある。川内の新田神社である。鎌倉時代以降、両社はライバル関係で一宮を巡って激しい争いをしていたそうだ。戦国までは島津の庇護の下、隆盛を極めたようだが、江戸時代で逆転し、明治時代には新田神社のほうが格上にされてしまうという悲しい過去がある。

Img_2776

Img_2777

もうすぐ、この旅も終わりである。最後までの無事を祈り、神社を後にした。

2011年5月13日 (金)

鹿児島珍道中(その8:西大山駅)

西大山駅はJR指宿枕崎線の駅である。

嘉例川駅のようにとってもレトロな駅舎があるわけではない。

P1000352

ご覧のように無人駅だ。

P1020555

この何の変哲もない、無人駅が何故有名か?

P1000353

そう!JR日本最南端の駅なのである。

P1020550

駅の周りは本当に何もない。おかげで、開聞岳が一望できる。

特に見所がある訳ではない。ここは来ることに意義がある駅なのである。

そして、一度くれば、どうでもいい。

ところで、かつては日本最南端の駅だったのだが、今は沖縄にモノレールがあるため、日本最南端の座は赤嶺駅に譲っている。

折角なので、じゅんちゃんが最南端で舞を踊った。

Img_2770

Img_2771

踊る○○に、撮る○○~

2011年5月11日 (水)

鹿児島珍道中(その7:長崎鼻)

薩摩半島を南下する。

長崎鼻は薩摩半島最南端の岬である。

手前に駐車場があり、そこからは徒歩である。

てくてくと歩いていくと、寂れた神社が現れた。

Img_2755

この総コンクリート造りのちゃちー神社は竜宮神社という。

何でもこの長崎鼻から浦島太郎が竜宮に旅立ったという言い伝えがあるそうだ。

Img_2754

とりあえず、お参りせな。僕ちんの乙姫はいずこ?

Img_2758

いよいよ長崎鼻はすぐそこである。

Img_2756 

おお!開聞岳が一望できる。雄大だ。

Img_2757

灯台目指して、歩く。

Img_2759

Img_2760_2

Img_2761

灯台まできた。

Img_2762

灯台の先も磯が続いている。せっかくだから先端まで行くか・・・

P1020545

う~ん、ダイナミック!

Img_2765

ほな帰ろ。。。

2011年5月 9日 (月)

鹿児島珍道中(その6:指宿白水館)

今夜の宿は、指宿で有名な白水館だ。なかなかリッチな気分にさせてくれる旅館だが、今回はその中でも離宮と呼ばれるエリアに泊まることが出来た。これも手配したJINのおかげである。

ロビーに入ると、数人の仲居さんが待ち構えていた。一瞬で選別作業を終えた彼は、一人の仲居さんのもとへ、進んだ。私とじゅんちゃん的には、かなりの美人さんだ。Good job!である。

Img_2741

部屋に案内される前に、ウェルカム抹茶がでた。このときお茶菓子として、白水館オリジナルのかるかんがでたが、とっても美味かった。以後、こんな美味いかるかんは食ったことがない。

やがて、部屋に案内された。

エレベータを降りる。何か違和感を感じる。

その違和感の正体は、部屋に入るときに発覚した。なんと、自動扉だったのである。あまりのことに、びびる。

P1020504

P1020505

どえらいきれいな部屋ですやん!寝るときは、和室で布団とベッドの2組分かれるとのこと。ベッド嫌いの私と腰痛のJINが布団に決定した。

仲居さんに部屋の説明を一通りしてもらった後、お茶を入れてもらい、一息入れる。通常、この後、風呂に入って飯という流れだと思うが、このときは違った。

仲居さんが一時的に部屋を出た際、じゅんちゃんが「仲居さんと一緒に写真を撮りたい。」とつぶやいた。

激しく同意する私・・・

そのとき、まきが、、、

「俺に任せろ!」

漢(おとこ)である。

仲居さんが部屋に戻ってくると、まきの秘伝の話術が炸裂した。

世間話から、あれよ、あれよと写真の同意をとってしまった。。。

じゅんちゃんと私は至福の時間を味わった。。。

そして、まきの話術は伝説となった。なんと、2時間くらいもの間、仲居さんを引き止めることに成功したのだ。なんでもこの仲居さん、もうすぐ旅館をやめるらしく、今を楽しんでいるんですといったノリだった。おかげで、風呂に入る時間がなくなり、そのまま、仲居さんと一緒にご飯の会場に行った。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

さあ、飯である。

P1020508

かんぱ~い!

P1020509

P1020510

P1020511

うまうま・・・

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

飯のあとは風呂じゃ~

風呂までには、薩摩焼のギャラリーがある。

Img_2746

Img_2747

Img_2748

Img_2751

美しい!

P1020516

素敵やん!

P1020515

西郷ど~ん!   

Img_2752

こりゃ、酒屋か・・・

見所いっぱいのエリアを抜け、大浴場に着いた。大浴場は本当にでかかった。そして、思わずはしゃいでしまう造りだった。HP等で元禄風呂を見てくだちい。

P1000285

風呂のあと、涼みに外に出ると、プールがあった。ちょっと入りたかったが、大人の事情でやめた。

こうして、狂喜の夜は更けていった。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

翌朝、指宿名物の砂風呂が、この旅館で楽しめるということなので、行ってみた。

・・・暑苦しいわ!

実は私、砂風呂苦手なのである。

ま、とにかくすっかり温まり、部屋に戻る。

P1020529

う~ん、いい景色だ!

P1020527

ふと、隣を見ると、エマニエル夫人のようにあられもない姿で歯を磨く者がいた。

こうして、白水館をあとにする。

ロビーでは、昨日の仲居さんが待っていた。当然、旅館の記念撮影をして、仲居さんと別れた。そして、ロマンスはなかった。

2011年4月27日 (水)

鹿児島珍道中(その5:池田湖、知林ヶ島)

薩摩半島を南下する。目的地は池田湖である。

池田湖は、指宿市にあるカルデラ湖で、九州最大の湖でもある。

しかし、我々オカルトファンには、イッシーの生息地?として有名なのである。

イッシーとは、UMAの一種で、体長20mとも言われる、巨大生物である。1961年に初目撃されたとされ、1978年に20人ほどが、同時に目撃しているのだ!1991年には、ビデオカメラで水中を蠢く影が撮影されている。

池田湖に着いた。

Img_2729

生憎の曇り空であるが、我々調査隊は、イッシーの発見に尽力する。

そして、イッシーを発見した!?

P1020492

・・・・

ええ、そうですよ。イッシーなんて見つかりませんでしたよ。。。

残念じゃ~、無念じゃ~

とりあえず、イッシーくんと記念撮影をする、自称イッシー調査隊四名。

さて、ここ池田湖は、オオウナギの生息地でもある。オオウナギとは、単なる大きなウナギという訳ではない。そういう種類のウナギで2mほどにもなる。もっとも味は不味いそうだ。

このオオウナギが以上に成長したものが、イッシーだという説もある。

P1020491

ウナギが見れるらしい。

行ってみると、閉まっていた。休日か?

しばらく車を走らせ、ドライブインで休憩する。

Img_2731

オオウナギが展示されていた。でも小さい。

このあと、芋アイスを皆で食い、旅館を目指した。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

いよいよ旅館に近付いた。

その前に、知林ヶ島という島を見に行く。

Img_2733

車を停め、海岸沿いを歩く。

Img_2736

島の手前が長い砂州になっている。

Img_2739

運がよいと干潮時に、この砂州が島まで延びて、島まで徒歩で渡れるのだ。ドラマ「青い鳥」の最終回でロケ地になったことで、全国的に有名になったようだ。青い鳥のファンであるJINは鼻息荒く、このことを語った。そう、嘉例川駅で伏線を張った、青い鳥がここで実を結んだのだ。じゅんちゃんはglobeを歌いながら、舞うことで、高まるテンションを解き放った。

へぇ~、これが青い鳥のロケ地かあ~。。。私は(ドラマを)見ていませんがね( ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみに、このときは7月に来た台風の影響で砂州が流失したため、干潮を待っても、島に渡れない状態だった。

P1000267

ご丁寧に渡島禁止の看板が出ていた。

さ、宿に行こう!