フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

カテゴリー「鳥取県」の記事

2010年9月28日 (火)

鳥取へ、ふたたび(その5:鳥取砂丘)

いよいよ鳥取砂丘へ行く。

P1040197

鳥取砂丘といえば、説明の必要もなかろう。。。

P1040199

う~ん、砂漠みたいですなあ。。。

P1040200

らくだに乗せる商売がある。砂丘を砂漠に見立ているのでしょう。。。私もインドでラクダに乗ったが、象より乗り心地はよかった。

それにしても、靴に砂が入って、気持ち悪い。

P1040202

おお丘が見える。

しばらく歩くと、O氏と柵田氏の親方コンビが向こうから歩いてきた。あれっ?JINとぎーさんは?

二人曰く、自分たちは丘の上まで行って降りてきたが、JINとぎーさんは丘の向こうの海岸まで行ったとのこと。JINはともかく、ぎーさんがそんな積極的とは。。。体力的に大丈夫なんかいな?

ま、私も丘の上まで行くことにした。くっぺちゃんときよしは、親方と砂丘センターに行くとのことだ。

P1040203

P1040204

うおおおお。。。。全力で駆けるが、ぜんぜん進まない。Bダッシュだ足りないのか?

P1040205

P1040206

ようやく頂上に着いた。

P1040207

上ってきた方向を見下ろす。なかなかの高さだ。

P1040209

海~!

JINとぎーさんは見当たらんなあ。。。

P1040211

しゃーないから帰るか・・・

P1040215

うおおおおおお。降りてると加速がついてもうた。。。。

雄たけびを上げながら下る、恥ずかしいおっさん一人。

砂丘センターにめがけて、ひーひー歩いていると、後ろからなんとなく見覚えのある二人組みがきた。JINとぎーさんと再会した。ぎーさん、よく体力もったなあ。。。

P1040216

砂丘センターで全員再開し、お土産を物色したところで、今回のさんぽ会旅行を終えた。

おしまい。

2010年9月27日 (月)

鳥取へ、ふたたび(その4:砂の美術館)

倉吉から鳥取砂丘へやってきた。さすが、ゴールデンウィークだ。車が多い。ずいぶん遠くの駐車場に停める羽目になった。さいわい、シャトルバスで砂丘の近くまで行けた。

砂の美術館なるものがあるということで、見てみることにした。同行者はきよしとくっぺちゃんである。後の者は、直接鳥取砂丘へ行った。

P1040167_2

なかなか盛況だ。

砂の美術館は、砂で作った彫刻を展示した野外美術館である。今回は、アフリカをテーマにした作品が見られるらしい。

P1040168

入ると、すぐに謎のオブジェが・・・。なんかしょぼいなあ。。。

P1040169

はるか向こうは鳥取砂丘。

P1040170

テントにさっきよりは精巧な砂像があった。きれいに出来ているが、迫力不足だ。入場料を返してほしくなる。

P1040171

幸せの鐘とか言われても・・・

がっくりうなだれて歩いていると、

P1040173

あるいじゃないですか!いいのが!

P1040174

P1040176

これはまだ未完成なのかな?

P1040175

このテントはでかい。

P1040177

おお!すごい!

P1040178

アフリカの原住民に案内されて、探検隊が双眼鏡で覗き見をしている。

P1040180

P1040181

覗き見が好きな集団ですな。視線の先は・・・

P1040183

う~ん、ありえないですな。像やら水牛やらライオンやらが仲良さげである。こんなことは、涅槃図くらいでしかありえない。

P1040185

これはアリクイか?でも、アリクイってアフリカ大陸おらへんやろ?南米ちゃうんかいな?

P1040186

斜めから見ると、なかなか立体感があって面白い。

P1040187

P1040188

P1040189

これは中国の水墨画っぽいなあ。。。

P1040191

なんだ後ろのセクシーダイナマイツは?手前の労働者と比べて、でかくねぇ~か?なんとなくベルセルクのスランを思い出してしまった。

P1040192

おう!髑髏が!?

P1040193

南アフリカのあの人ですな。

P1040194

この当時はワールドカップ前で、ちょうどホットな話題であった。まさか、スペインが優勝するとは思わなんだ。

大テントをでた。

P1040196

ゴリラ一家の向こうでは、、、

P1040195

危ない!ゴリラ、後ろ!後ろ!

こうして、砂の美術館をでた。予想以上に迫力があった。入場料分は取り返したと言っていいだろう。アフリカに行きたくなった。くっぺちゃんもきよしもそれなりに満足げだった。くっぺちゃんにアフリカは似合うなあ。。。

さて、鳥取砂丘に行ってみようか。

2010年9月21日 (火)

鳥取へ、ふたたび(その3:倉吉の街並み)

旅館をでて、倉吉にやってきた。

倉吉には、江戸時代や明治時代の白壁土蔵群がある町並みがある。ちょいと散策してみることにした。

駐車場から歩いていくと、

P1040121

P1040122

元横綱琴櫻の記念碑があった。どうやら、ここ倉吉の出身らしい。

これこれ、そこ四股を踏まない。。。

柵田氏がやると、洒落にならんから・・・

P1040124

いよいよレトロな街並みが始まる。

P1040125_2

P1040126

P1040128

P1040130

P1040132_2

どうやら醤油屋らしい。しょうゆアイスに惹かれ、入ってみた。

P1040133

醤油アイスは小豆島で食ったことがあるので、あえてポン酢アイスを食ってみた。

P1040136

不味くはないのだが・・・

P1040140

P1040141

これぞ白壁土蔵群。

P1040142

大蓮寺という寺があったので入ってみた。

P1040143

ちなみに隣には弁天様がいる。

P1040144

えらい電話があった。

P1040145

モダンな本堂だ。

P1040147

建武の中興のときの武将で脇屋義助という人の墓である。新田義貞の弟らしい。残念だが、知らない。

P1040151

こちらの土蔵では、

P1040152

はこた人形とやらを売っている。ちょいときもい。

P1040153

P1040155

P1040157

P1040158

ここのたい焼きが美味いらしい。

P1040159

P1040161

かぶっ!・・・・

P1040162

P1040164

こうして、散策を終えた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

倉吉にご当地ラーメンがあるというので、食いに行った。

P1040165

P1040166

あっさりしててなかなか美味しかったが、食いすぎた。

このあと、きよしは何故か、北斗無双の攻略本を買った。倉吉で買わなくても・・・

2010年9月17日 (金)

鳥取へ、ふたたび(その2:三朝温泉Ⅱ)

飯の前に風呂に入る。

うむ、いい湯だ。

三朝温泉の泉質は、ラジウムやラドンを含む放射能泉である。放射能というと恐ろしいイメージだが、微量だと、ホルミシス効果とやらがあり、大変体に良いとされている。

折角だから、ゆっくりつかろう。。。さんぽ会メンバーで漢(おとこ)について語り合った。それにしても、柵田氏のお腹、育ったなあ。。。

飯の後は、食事だ。

P1040081

うひょ~、これは美味そうだ!

P1040082

これらの食材は後で、BBQですわ。

P1040083

刺身盛り合わせ。

P1040085

ヒラメ~

ところで、ヒラメのカレイの違いって分かるだろうか?

まあ、例外はあるわけだが、

俗に「左ひらめに右かれい」と言われる。

まず、ヒラメ・カレイ類を本来の魚らしい姿に置いてみる。すなわち、鰓のある方を腹にして、立ててみる。そうしたときに、体の左側に眼があるのがヒラメで、右に眼があるとカレイである。まあ、知ってる人にしたら「何知ったかぶりしてんねん!」と言われそうだが、薀蓄であった。

ところで、ヒラメの刺身は、まあ美味かった。

P1040086

P1040087

P1040088

P1040089

P1040092

P1040094

P1040095

P1040096

P1040098

美味い、美味い、美味い、料理うまいなあ~

食事もいよいよ終わるというころ、外で花火が打ちあがりだした。この後、デザートがあるらしいが、部屋で食べますかと提案してくれたので、ありがたくそうしてもらった。

外で花火見学する。

P1040105

P1040106

P1040112

P1040114

P1040115

ああ、きれいだった!

部屋に戻り、デザートを食らう。

P1040117

美味いっす!

そして、夜は更けていった。

当然、このあと、風呂に入り、早朝風呂も入った。

2010年9月14日 (火)

鳥取へ、ふたたび(その1:三朝温泉Ⅰ)

平成22年5月3日。恒例のさんぽ会主催旅行の開幕である。昨年は伊勢だったが、今年は鳥取の三朝温泉だ。今回は、いつも不参加であった柵田氏が参戦することになった。どうなることやら・・・

平成22年度さんぽ会旅行参加者:ぎーさん、くっぺちゃん、JIN、O氏、きよし、柵田氏、私の計7人。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

車で三朝温泉にやってきた。

P1040080

お宿は有楽という旅館だ。早速、チェックインし、くつろぎきる前に、温泉街を散策することになった。三朝温泉は、昨年、私とJINとぎーさんで投入堂の帰りに立ち寄って以来だ。

P1040047

まずは、甘いもの大王のJINのたっての希望で、栃餅を買いに行く。といってももう売切れである。明日の朝の分を予約する。結構美味いらしい。。。私は食べなかったので、よくわからん。

P1040048

橋の上に縁結びのカジカ蛙像があった。これを撫でると恋が実るという。。。私の恋路はいずこ・・・?

P1040050

三朝温泉は、三徳川の川べりにある。

P1040049

明日、5月4日は、花湯祭りがあるらしく、このスピーカーから陽気な曲が流れていた。

P1040051

かじか橋を渡る。

P1040052

P1040053

かじか蛙がこびりついたオブジェだ。

P1040055

こちらは足湯である。

P1040054

気持ちよさそうだが、まあ、いいか、、、入らなかった。

P1040056

橋を渡り終えた。

P1040058

そのまま、川沿いの遊歩道を歩き、宿に戻ることにする。

P1040057

P1040059

やがて、温泉街へ。

P1040060

薬師堂があった。

P1040061

温泉を飲めるらしい。飲んでみたが、やはり美味しいものではない。

P1040062

P1040064

P1040065

P1040066

三朝神社があった。なかなか風情のある神社だ。

P1040068

P1040071

P1040070

三朝小唄とかいう映画のロケ地らしい。ちょいとわからんなあ。。。

再び歩く。

P1040072

あれっこういうのどっかで見たな・・・

なにやらざわざわしてるなあと見てみると、、、

P1040073

明日の花湯祭りで使うを綱を作っていた。

花湯祭りはこの藤カズラで作られた綱で綱引きをする祭りである。東が勝てば豊作、西が勝てば商売繁盛らしい。どっちが勝ってもいいことしかない!

P1040074

P1040075

なかなか重労働のようだ。

P1040076

P1040077

長っ!

P1040078

P1040079

国際交流なのか、外国人の方々も参加していた。

なかなか貴重な風景を堪能できたところで、宿に帰った。

さあ、風呂入って、飯や!

2009年11月 2日 (月)

鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉)

三徳山から三朝温泉は近い。

三朝温泉は鳥取県三朝町にある温泉で、ラドンを含む温泉である。非常に高濃度のラドン含量であり、世界有数の放射能泉である。とはいうものの、健康被害などない。身体にいいので、ご心配なく。

このような特殊な温泉から、当時のメッカでもある。

伝承によると、源頼朝の家臣が源氏の再興を祈念し、三佛寺を訪れた際、白狼の命を救った。この狼が夢枕に現れ、源泉を教えたという。

P1010137

株湯にやってきた。この株湯は、先ほどの白狼伝説の源泉である。

P1010138

もちろん入浴もできるが、今回は、こちらで飲むだけにする。

味は・・・

温泉で美味いなんてないもんね。。。

P1010139

P1010140

続いて河原風呂にやってきた。

P1010143

ご覧のように、丸見えである。

それでは、ぎーさんお待ちかねの入浴タ~イム(◎´∀`)ノ

みんなオラを見てくれ!

後から男性が二人入ってきたが、一人は我々と同じように三徳山に行ってきたばかりだった。しばらく談笑すると、すっかり温まってしまった。というより湯当たり気味だ。ラドン泉、恐るべし・・・

温泉のあとは、道の駅で昼食をとった。

P1010144

とろろが美味かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

場所は変わって、鳥取から岡山に入る。

その間、私は三朝温泉ですっかり疲れて爆睡してしまった。

P1010145

奥津温泉にやってきた。奥津温泉は岡山県鏡野町にある。湯郷、湯原と並び、美作三湯と呼ばれているらしい。泉質はアルカリ性単純泉である。

今回は、東和楼に入る。

何やら戦時中の地下軍事施設のような通路を歩くと、浴場に着いた。

P1010147

小っさ!でも、めちゃくちゃ湯が透き通っている。美しい。

湯はとてもやさしい感じがした。極楽じゃ~

風呂が出ると、少し散策した。

P1010149

そういやここは足踏洗濯で有名なんですな。元々、近くの山の熊や狼を警戒しての生活の知恵から生まれた洗濯方法らしい。

P1010148

ここでも河原に丸見え風呂がある。あそこで洗濯するんかいな?

奥津温泉を後にした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

途中、津山でホルモンうどんなるものを発見!

P1010150

先日行われたB-1グランプリで好成績をおさめたらしい。

ホルモンうどんというから、肉ウドンのホルモンバージョンかと思ったが、焼うどんのホルモンバージョンであった。

P1010151

食ってみる。これは美味い!普通のソースではなく、焼肉ソースみたいだ。結構お奨めである。

さて、食ったし帰るか・・・

おしまい。

2009年10月30日 (金)

鳥取遭難未遂事件の顛末(その3:三徳山Ⅲ)

投入堂を後にし、下山する。

P1010120_2

馬の背だか牛の背だかを降りる。行きはあまり気にならなかったが、帰りは非常に怖かった。

P1010121_2

いい景色だ。

P1010122_2

三徳山は行きより帰りのほうが危ないという。投入堂に行ったために、達成感に浸ってしまい油断し安いのもあるのだろう。まあ、単純に下り坂が非常に滑りやすいのもあると思うが・・・。

P1010123_2

そんなとこに立っていると危ないぞぉ~

P1010128_2

危険な下り坂はまだまだ続く。

P1010129_2

P1010130_2

これが道と呼べるのやら・・・

P1010131_2

P1010132_2

ほうほうのていで下りてきた。

入山受付で無事の下山を報告する。

P1010133_2

改修工事エリアでなんとも歴史のありそうな仏像があった。仁王さんかな?

P1010134_2

本堂エリアで無料サービスのドクダミ茶をもらった。苦かった。

P1010135_2

最後に宝物館を見学する。ここには、蔵王権現など貴重な仏像がたくさん展示されている。中でも驚きは、何気なく展示ケースの前に置かれた丸太に体重を預けて仏像を眺めていたのだが、実はこの丸太、投入堂の柱であった。国宝がこんなに無造作に置いてあるとは・・・。

P1010136

こうして三徳山三佛寺の見学を終えた。次回はいよいよぎーさんお待ちかねの温泉である。

2009年10月29日 (木)

鳥取遭難未遂事件の顛末(その2:三徳山Ⅱ)

文殊堂を出発する。

P1010092

いきなりとんでもない道になった。

P1010093

ちょっと足を踏み外せば、がけ下に落ちてしまう。

P1010094

かつてここで転落事故が実際にあったらしい。

P1010096

しばらく行くと、地蔵堂があった。作りは先ほどの文殊堂に似ている。ここでは休憩を取らず、先へ進む。

P1010097

地蔵堂のすぐ近くには、鐘楼堂がある。

P1010099

まだ険しい道が続く。

この先の馬の背、牛の背という難所(行きはまったく難所と思いませんでした。)をクリアすると、納経堂が見えてくる。

P1010100

P1010101

納経堂である。

その先には、

P1010102_2

洞窟に収まるように、観音堂がある。

P1010103

P1010105

観音堂の後ろが通り道である。暗いじぇ~(*゚∀゚)=3ハァハァ

P1010106

観音堂を抜けると、すぐに元結掛堂がある。

P1010107

まもなく投入堂らしい。

P1010108_2

それにしてもこの観音堂だけでもかなり面白いつくりだ。

P1010109

観音堂の上は、このように岩山である。

さて、投入堂に向けて歩く。

やがて、投入堂が見えた。

P1010112

かなりショッキングなお堂だ。崖にへばりついているようにしか見えない。どうやって入るのかも想像がつかない。一般の参拝客は、お堂には入れないが・・・

P1010111

投入堂のすぐ手前には、同じように不動堂がへばりついている。

不動堂に近づいてみる。

P1010114

不動堂の基礎もなんとも、落ちないのが不思議な絶妙なバランスだ。

P1010115

えらいとこですな~

P1010113

不動堂と同じ目線から・・・

P1010118

投入堂の基礎である。う~ん、絶妙なバランスですね~

P1010119

この投入堂は、平安時代のものだそうだ。こんなものがよく平安の昔から今まで残っているものだ。不思議で仕方ない。

蔵王権現を安置するためのお堂であり、左隣に密かに愛染堂が付随している。

役小角が神通力でエイヤーとお堂を平地から投入れたという伝説から、その名がある。すごい話ですなあ。。。

私もJINも大興奮ではしゃぎまくっている傍らで、タオルを頭から被り、静に体力の回復を待つぎーさん。

「温泉はまだですか・・・?監督・・・」

Cocolog_oekaki_2009_10_29_21_21

さて、下山しますかね。。。

2009年10月28日 (水)

鳥取遭難未遂事件の顛末(その1:三徳山Ⅰ)

平成21年9月22日。ぎーさんとJINと鳥取に行ってきた。目的はあこがれの三徳山三佛寺である。まー、かなり大変であった。

注)表題は大げさです。

でははじまり、はじまり~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

9月の大型連休(シルバーウィークとかいうらしい)に実家に帰ったさい、いつものぎーさんとJINで鳥取に行くことにした。今回は、JINが車を出し、私は後部座席で眠る人。。。楽だ。

そうこうしているうちに、着いた。

P1010051

いきなり長い階段だが、この先の険しい山道を考えると、まだまだ序の口である。

三徳山は修験道の聖地であり、険しい登山道を歩くので、有名である。苦労して行き着いた先には、あこがれの国宝”投入堂”が待っているのだ。

P1010053

序の口とはいえ、かなりハードだ。

階段を上ると、いくつか塔頭がある。

P1010054

P1010055

※ぎーさんの希望により、ある部分を隠蔽工作しております。

こちらの数珠を回すと、いいことがあるらしい。

P1010056

いよいよ本堂は近い。

P1010057

P1010058

この石仏群はテンションが上がる。

P1010059

P1010060

水琴窟があった。勢い良く水をぶっ掛けると、清清しい音色が響き渡った。

・・・ちょっと、かけ過ぎたか?

P1010061

本堂は改修工事中でスルー。。。

ここで、三佛寺の説明をする。

三徳山三佛寺は、天台宗の寺院である。修験道のスーパースター、役小角が修験道の修行場として開いたことが始まりといわれ、子守権現、勝手権現、蔵王権現の三所権現を祀ったらしい。その後、円仁が釈迦如来、阿弥陀如来、大日如来の三仏を祀ったことが、寺名の由来のようだ。

さて、入山受付を受ける。本日は、天候が悪いため、靴底のチェックが行われた。ダメだしが出た場合は、わらじが貸し出されるが、今回は三人ともクリアした。

P1010062

タスキを渡され、いよいよスタートだ。

P1010063_2

P1010064

P1010065

不浄の者は入っちゃいかんらしい。。。

P1010066

完全に登山ですな。

P1010067

祠らしきものがあった。

P1010069

道がえらいことになった。これは道なのか?

木の根をよじ登れと・・・?

P1010070_2

木にへばりついて、道を進む。両手両足を駆使して、進まなければならなくなってきた。

P1010071

やっとこさ、平らなところに上がってきた。大変なところにきてしまった。。。

息つく間もなく、急勾配が・・・

P1010073_2

上を見上げると・・・

P1010074

あまりのハードな山道にぎーさんがダウンした。こんなところにほって置くわけにいかないので、ぎーさんの回復を信じて待つ。

なんとか行くことにしたが、明らかに顔が青い。大丈夫かいな?

P1010075

P1010076

超木の根道が続く。

P1010077

何やら見えてきた。

P1010079

文殊堂である。

P1010078

岩に穴が穿たれ、そこに柱が固定されている。

P1010080

この上に上るには、チェーンをもって這い上がる。

P1010082

恐々と上がった。

P1010083

文殊堂の縁側に行ってみる。

P1010086

恐っ!

P1010085

おっかなびっくりと下を覗く。

P1010084

こういうアングルだと恐くないんだが・・・

P1010089

JINに唆され、脚をほおりだしてみた。高いところが苦手な私は、下を見ることができない。私があまりにもでかい声で恐怖を訴えたため、周りの人にものすごく気を使っていただいた。感謝ですたい!

P1010087

P1010091

いい景色だ。

P1010090

こんなところにお賽銭が・・・

なんか変ですな。

さて、先に進むが、それは次回に続く。

なお、この文殊堂で休憩したことにより、ぎーさんが奇跡の復活を遂げたことを申し添えておく。