フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

カテゴリー「宮城県」の記事

2014年4月25日 (金)

プチ奥の細道の旅(その14:御釜神社)

鹽竈神社から駅に戻る途中、御釜神社という看板を見た。折角だから行ってみよう。。。

Dscf0675

商店街の一角に小さめの神社がある。

Dscf0676

鹽竈神社の場外末社になるが、ここには塩竈の地名の由来になった神竈がある。

Dscf0677

まずはお参りだ。

本堂の手前左手に

Dscf0678

意味深な所があった。この扉の奥に神竈があるのだ。

希望すれば中を見学できるそうだ。早速、社務所の呼び鈴を鳴らす。すると、女の人が出て来られた。世間話をしながら、いよいよ扉が開く。

中には神竈が4つある。神竈には水が満たされていた。この水は塩水なのであるが、どんなに旱魃のときでも、枯れることはないそうだ。鹽土老翁神がかつてこの竈で製塩技法を伝えたそうだ。

松尾芭蕉も見学したという、神竈を見ることができ、大変満足であった。ちなみに写真撮影はできない。

Dscf0679

もう少し周囲を見ていく。境内の奥に牛石藤鞭社がある。 

鹽土老翁神が塩を運ばせた牛が石になったという伝説がある。

Dscf0680_2

その牛石がこの池の中にあるそうだ。今は見えない。この水溜り、何と塩水だそうで、どこか地下で海とつながっていると言われているそうだ。

Dscf0681_2

和賀佐彦という神が7歳の子供となり、牛に塩をひかせたら石になったという異説もあるそうで、 このとき使った藤の枝を逆さまに立てると根付いてという。。。

そんな謂れのある神社である。

Dscf0682

こちらには鹽竈神社の例大祭藻塩焼神事に使う竈がある。

Dscf0683

この竈で神職がホンダワラを広げて、潮水をかけて煮詰めることで製塩を行うのだ。かなり大変な作業ではないかと思う。

Dscf0685

最後に、神社の手前にある手水鉢である。この手水鉢、なかなか古いそうだ。

こうして、御釜神社の見学を終えた。

本塩釜から電車に乗り、仙台まで帰ってきたが、まだ時間に余裕がある。

ということで、建築的に有名なせんだいメディアテークを見学した後、牛タンを食った。 美味かった。こうして、しばし仙台をぶらついた後、新幹線で東京に戻ったのだった。

2014年4月18日 (金)

プチ奥の細道の旅(その13:志波彦神社)

鹽竈神社を後にした。

Dscf0668

階段を下に降りる。

Dscf0669

志波彦神社である。

冠川に降臨したという志波彦神を祀る神社で、延喜式で明神大に列せられるほど崇敬されていたが、その後衰退し、小さな社殿になり、牛頭天王社に合祀されていた。明治時代に復興し大きな社殿を建てようとしたが、敷地がなく、鹽竈神社境内に移ってきたのだ。何とも紆余曲折な歩みである。

Dscf0670

Dscf0671

お参りを済まして、志波彦神社を後にした。

Dscf0672

しばらく歩くと、立派な鳥居があった。本来はこちらから参拝するのが筋なのであろう。

Dscf0674

このコンクリートの建物は、鹽竈神社博物館である。中には、1階に考古学的資料や社宝が展示されており、2階は塩業や漁業に関する資料が展示されている。世界中の岩塩が展示されており、マニアックな楽しみ方ができる。

こうして、鹽竈・志波彦神社の見学を終えたのである。さて、駅に戻ろう。。。

2014年4月13日 (日)

プチ奥の細道の旅(その12:鹽竈神社)

松島を後にした私は、時間もまだあることだし、鹽竈神社(しおがまじんじゃ)に行くことにした。仙石線本塩釜で下車すると、おもむろに歩き出した。鹽竈神社までの道のりは少し遠い。途中で歩いていると、津波到達点の看板を見た。かの震災でここまでやってきたのかと、ただただ驚愕であった。

Dscf0652

そうこうしていると、鹽竈神社についた。

Dscf0653

鹽竈神社といえば、東北鎮守陸奥国一宮である。

Dscf0655

Dscf0656

この長い石段を登るのか・・・

まだまだ暑い盛りである。ちょっと躊躇したが、折角来たのだからと、上り始めた。

Dscf0657

Dscf0658

なかなか雰囲気のある狛犬だ。

Dscf0659

立派な楼門である。

Dscf0660

Dscf0661

Dscf0662

唐門をくぐる。

Dscf0663

正面の左右宮は残念ながら改修工事中だった。

Dscf0664

右手は別宮である。

Dscf0665

なかなか美しい。

さて、鹽竈神社は塩土老翁神(シオツチノオジ)、武甕槌神(タケミカヅチ)、経津主神(ふつぬしのかみ)を祭神とする。

武甕槌神と経津主神が東北を平定したとき、先導していた塩土老翁神がこの地にとどまり、製塩の技術を伝えたのが、鹽竈神社の始まりとされる。塩土老翁神が主役のような気がするが、実際真正面の左宮には武甕槌神が、右宮には経津主神が祀られている。塩土老翁神というと、正面から右手にある別宮に祀られている。この辺りに特殊性を感じる。

歴史は古く、弘仁式(820年)には当社と思われる記載があるそうだ。

Dscf0666

Dscf0667

こうして、鹽竈神社を後にしたが、この先、志波彦神社があるそうだ。

2014年4月 6日 (日)

プチ奥の細道の旅(その11:五大堂)

海岸までやってきた。

Dscf0640

日本三景の碑があった。そう、ここ松島は天橋立、宮島と並ぶ景勝地なのである。

Dscf0641

石碑から少し歩くと、五大堂への道が続いている。

Dscf0642

五大堂とは、瑞巌寺に付属する仏堂である。海岸から少しだけ離れた小島の上に立つことで有名だ。

Dscf0643

Dscf0644

途中には、小さな祠があった。

Dscf0646

いよいよ海に出る。

Dscf0647

海だ。

Dscf0648

隙間から下が見える。携帯とか落としたら、最悪だ。

Dscf0649

五大堂である。

Dscf0650

円仁が瑞巌寺を建立した際、五大明王を祀ったことから、その名があるそうだ。

現在の五大堂は、伊達政宗が瑞巌寺に先立って建てたものだそうだ。東北最古の桃山建築とのことである。

Dscf0651

後ろを振り向けば、きれいな海が広がっていた。

こうして、松島の観光を終えた。

2014年4月 5日 (土)

プチ奥の細道の旅(その10:円通院)

瑞巌寺のすぐ南にある円通院にやってきた。

Dscf0613

円通院は伊達政宗の孫伊達光宗の菩提寺である。

Dscf0614

山門を抜けると、すぐ左側に縁結び観音がある。よく拝んでおかなくては・・・

Dscf0615

Dscf0616

やがて石庭が見えてきた。

Dscf0617

うむ、意味深だ・・・

Dscf0619_2

Dscf0620

苔むした、いい感じになってきた。

Dscf0622

Dscf0624

三慧殿である。光宗の霊廟であり、国指定重要文化財である。

中には厨子があり、それに支倉常長が西洋から持ち帰った薔薇の絵が描かれている。

Dscf0625

三慧殿を折り返し、先ほど来た道とは異なるルートに向かう。

Dscf0626

瑞巌寺と同じように洞窟の中に墓があり、仏様が祀られている。

Dscf0627

Dscf0628

Dscf0630

Dscf0633

薔薇園にやってきた。

ここは別名薔薇寺と呼ばれる。何でも、先ほどの三慧殿の厨子の薔薇の絵にちなんで、薔薇を栽培しているからだ。

Dscf0635

美しいですな。

Dscf0636

Dscf0638

本堂である。ちょうど写経体験をやっており、賑わっていた。

Dscf0637

これにて、円通院の参拝を終えた。

Dscf0639

2014年3月23日 (日)

プチ奥の細道の旅(その9:瑞巌寺Ⅲ)

庫裡から出てきた。

Dscf0595

庫裡から出て、左手に進む。

Dscf0596

この先に、陽徳院御霊屋への通路がある。

Dscf0598

Dscf0599

こちらは修業道場だそうだが、生憎非公開であるので、遠巻きに見物しながら先へ進む。

Dscf0600

Dscf0601

丘へ続く、石段を上がっていくと、

Dscf0602

御霊屋である。

Dscf0603

陽徳院は、政宗公の正室である。孫の綱宗によって建てられた墓堂である。平成18年から3年かけて、当時の様子を復元したそうだ。

Dscf0604

Dscf0605

なかなかのものである。

Dscf0606

御霊屋から戻って、宝物館を見学する。伊達政宗甲冑倚像などが見ものである。

瑞巌寺を出ようと、参拝受付までくると、何やら右手から人が出入りするのがみえた。

Dscf0607

法身窟(ほっしんくつ)という。

鎌倉時代に法身性西という禅宗のお坊さんと、北条時頼がこの洞窟で出会い、天台宗の僧を瑞巌寺から追い払う密談を交わしたという伝説がある。血なまぐさいなあ。。。

Dscf0608

Dscf0609

Dscf0610

Dscf0611

中には石碑があった。

これにて瑞巌寺の参拝終了である。

Dscf0612

2014年3月20日 (木)

プチ奥の細道の旅(その8:瑞巌寺Ⅱ)

拝観者受付で拝観料を払い、中に入る。

Dscf0572

Dscf0573

国宝の本堂は現在、改修中で見ることが出来ない。残念だ。平成30年に工事が終わるそうだが、そのとき、また来ることができるかな?

Dscf0574

奥に進むと、庫裡がある。

Dscf0575

この庫裡も国宝である。早速中に入ってみよう。。。

Dscf0577_2

入ると早速、仏様が出迎えてくれた。

Dscf0578

Dscf0579

奥に進むと、位牌がやたら並んだ部屋があった。伊達家の方々の位牌だそうだ。

Dscf0580

Dscf0581

奥に進む。

Dscf0582

廊下に何故か、釣鐘と籠が置いてあった。

Dscf0584_2

何かと思って、上を見上げる。

Dscf0585

梁に江戸時代の落書きがあるそうだ。

Dscf0586

庫裡の奥は、大書院になっている。

Dscf0594

大書院には、本来は本堂にある、本尊や政宗公の位牌などが安置されている。

Dscf0588

三代開山木像である。昔のえらいお坊さんの像なのである。

Dscf0589

本尊の聖観音菩薩像である。

Dscf0590

そして、政宗公の位牌だ。立派である。

Dscf0591

松島方丈記である。瑞巌寺が完成したのを記念して1610年に造られたものであり、松島の歴史などが記されている。

Dscf0592

Dscf0593

大書院の廊下で何かの受付を行っていたので、聞いてみると、改修中の本堂が見れるらしい。

早速、申し込んだ。

今日は休みで作業をしていないが、一応工事現場である。ヘルメットを借りて着用する。見事に骨組みになった本堂を見ることが出来る。本来の本堂は見ることは出来なかったが、こういう本堂を見ることができるのは、逆に言えば今だけである。というふうに残念な気持ちを納得させた。本堂が出来たら、また来よう。。。

こうして、庫裡から本堂への散策を終えた。

2014年3月16日 (日)

プチ奥の細道の旅(その7:瑞巌寺Ⅰ)

平成25年9月1日。山形から仙山線で仙台に戻ってきた私は、松島に行ってみることにした。仙石線に乗り、松島海岸駅で下車する。海岸沿いをしばらく歩くと、瑞巌寺への参道に出る。

Dscf0560

瑞巌寺の正式名称は、松島青龍山瑞巌円福禅寺という、やたら長い名である。臨済宗妙心寺派のお寺なのであるが、天台宗延福寺、臨済宗建長寺派円福寺と変遷してきており、この辺りに長い名の事情があるのだろう。

このお寺は平安時代と創建は古い。しかし、やはり外せないのは、伊達政宗公の庇護を受けたことであろう。現在国宝に指定されている本堂などの建築物は政宗公が建てたものである。

Dscf0561

総門をくぐると、杉並木が続いている。

Dscf0562

本当ならば、杉並木を突っ切りたいが、右手が気になったので、そちらから廻ることにした。

Dscf0563

右手にも参道が続いているが、ご覧のように、洞窟群が続いている。

Dscf0564

Dscf0565

納骨や供養のために彫られたそうで、洞窟前には数々の仏像が置かれ、参拝客を楽しませてくれる。

Dscf0566

Dscf0567

奥に見える石碑は、墓かなあ?

Dscf0568

Dscf0569

Dscf0570

洞窟群と数々の仏像にすっかりテンションが上がっていると、

Dscf0571

拝観者受付にやってきた。こっからが本番なのである。

2014年3月 9日 (日)

プチ奥の細道の旅(その6:上山温泉~松島)

山寺から仙山線に乗り、山形駅についた。ここから奥羽本線に乗り換え、上山温泉にやってきた。

かみのやま温泉駅で降りると、とりあえず宿を目指すことにした。全く地理が分からないので、観光案内所で地図をもらい、宿名を聞いて場所を教えてもらった。

ここ上山温泉は、近くに上山城跡があり、かつては城下町としても栄えていたそうだ。てくてくと歩いていくと、昔ながらの温泉街といった雰囲気の一角が見えた。この先が目指す宿らしい。

やがて、宿についた。今日の宿泊先は月岡ホテルという温泉ホテルである。フロントで受付を済ますと、部屋に案内された。部屋はいかにもビジネスホテルといった雰囲気の部屋であった。まあ、安いプランだから仕方ない。荷物を置き、浴衣に着替えると早速、お風呂に行くことにした。

温泉は、無色透明、無臭のやさしい感じのするお湯である。今日、プチ登山をした疲れを癒す。実にいい湯だ。露天のほうにも足を伸ばそう。。。

やがて、一緒に入っていた見知らぬおっさんから声をかけられた。

夫婦の旅行だそうで、各地の温泉を点々と廻るそうだ。色々と世間話をしていると、刺青をした強面のおっさんが入ってきて、無言になった。。。

風呂から上がると、街に繰り出す。フロントで郷土料理を食べさしてくれるところを聞くと、近所の居酒屋を教えてくれた。

ちょっと路地に入ったところに目的の店はあった。

1人とつげると、カウンターに通された。店の人にお薦めなどを聞きつつ、注文する。店の人は1人で珍客に興味があるのか、やたら話しかけてきた。

まず、どうやってこの店を知ったかということ聞かれたので、月岡ホテルのフロントで聞いたと答えた。

そして、福岡から来たというと、聞いてもいないのに、この店の常連さんにも九州の人がいるだとか何とか・・・

メニューを見ていると、馬刺しがあった。山形って馬刺し有名なのかしら?と疑問に思っていると、あまり有名ではないが味には地震があるとのことだ。注文してみた。

・・・確かに美味い!これは今まで食った馬刺しでも上位ランクではあるまいか?

思わぬ収穫に笑みがこぼれる。

他にも山形名物のだしや芋煮などを食べた。どれも味は本当に美味しかった。料理に併せてお酒を一杯だけ飲んだ。一杯飲み終えると、ちょうどいい感じで酔っている。この辺りでとめておくのが懸命だなと考えていると、店の人が薦めてきた。ほなもう一杯だけ・・・

・・・酔った。これはかなり酔ってきた。

芋煮がきたときに店の人が山形で明日、大規模な芋煮会があるから行って来たらいいと言ってきた。何でそんな人だらけのところにいかなくちゃいけないのか?

全く行く気はしなかったが、適当に話をあわせた。

料理を一通り終え、お酒も飲んだところで店を出た。もう行くのかと残念がられたが、これ以上いてはアルコール中毒で死んでしまいそうだ。

千鳥足でふらふらとラーメン屋に入った。何でもちょっとした名物なのだとか・・・

・・・まあ、普通?

腹も一杯になり、千鳥足でホテルに戻る。

酒が冷めかけで体が冷えてきた。もう一度温泉に入る。

ふぅ~、極楽じゃ~・・・

ほっこりしたところで、湯船のヘリで寝転がっていると、寝てしまった。

ぐーぐー寝ていると、ホテルの従業員が入ってきて、大丈夫かと心配がられた。誰か通報したな?

すんません。寝入ってしまってましたと誤り、もう一度湯に浸かると、風呂を出た。

部屋に戻ると、そのままの勢いで寝た。

・・・翌日は一風呂浴び、昼食をとると、早速チェックアウトし、仙台に戻ることにした。山形で遊ぼうかとも思ったが、ガイド本を見ていてあまり私が興味を抱きそうなところがなかったためだ。時間があれば出羽三山なども行ってみたいものだが、それはまたの機会にということになるのだろうか・・・?

電車は昨日と反対のコースである。奥羽本線で山形まで行き、仙山線で仙台まで出た。さて、どこに行こう?時間もあるし、松島でも行ってみるか・・・

2008年9月30日 (火)

東北旅行記(その7:仙台にて)

仙台に着いた。レンタカーを返す。

いよいよ旅はフィナーレに近づいている。最後の晩餐に仙台名物牛タンを食すことにした。

P1040640

まだ時間が早いので、客は少ない。

さっそく牛タン定食を注文した。

Img_1293

食す。うまいっ!

テールスープはなかなかのものであった。

くっぺちゃんの陰謀により調子に乗って、タンシチューまで食ってしまった。

Img_1294

すっかりご満悦になり、店を出た。

仙台駅まで歩く。なんというか普通に街だ。

Img_1295

・・・・・・・・・・・・

Img_1296

仙台駅から東京まで新幹線である。

Img_1299

新幹線内では、残り少ない時間を楽しむ。ぎーさんは疲れ果てている。でも、今回はよくもったものだ。社会人になり、体力がついたようですな。。。

やがて、東京駅に着いた。

ここで、O氏、くっぺちゃん、きよしとは、お別れである。彼らは、新幹線で新神戸に向けて、旅立った。私とぎーさんとJINは東京に残り、明日、国立博物館の特別展に行く。まあ、さんぽ会としての旅はここで終了である。O氏、くっぺちゃん、きよしのその後を知るものはいないことはない。

今回の旅で学習したことは、1.茶花を飲むと、うんこがよくでる。2.デジカメは窃盗犯逮捕にも役立つ。ということである。

とりあえず、おしまい。