フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

カテゴリー「山形県」の記事

2014年3月 9日 (日)

プチ奥の細道の旅(その6:上山温泉~松島)

山寺から仙山線に乗り、山形駅についた。ここから奥羽本線に乗り換え、上山温泉にやってきた。

かみのやま温泉駅で降りると、とりあえず宿を目指すことにした。全く地理が分からないので、観光案内所で地図をもらい、宿名を聞いて場所を教えてもらった。

ここ上山温泉は、近くに上山城跡があり、かつては城下町としても栄えていたそうだ。てくてくと歩いていくと、昔ながらの温泉街といった雰囲気の一角が見えた。この先が目指す宿らしい。

やがて、宿についた。今日の宿泊先は月岡ホテルという温泉ホテルである。フロントで受付を済ますと、部屋に案内された。部屋はいかにもビジネスホテルといった雰囲気の部屋であった。まあ、安いプランだから仕方ない。荷物を置き、浴衣に着替えると早速、お風呂に行くことにした。

温泉は、無色透明、無臭のやさしい感じのするお湯である。今日、プチ登山をした疲れを癒す。実にいい湯だ。露天のほうにも足を伸ばそう。。。

やがて、一緒に入っていた見知らぬおっさんから声をかけられた。

夫婦の旅行だそうで、各地の温泉を点々と廻るそうだ。色々と世間話をしていると、刺青をした強面のおっさんが入ってきて、無言になった。。。

風呂から上がると、街に繰り出す。フロントで郷土料理を食べさしてくれるところを聞くと、近所の居酒屋を教えてくれた。

ちょっと路地に入ったところに目的の店はあった。

1人とつげると、カウンターに通された。店の人にお薦めなどを聞きつつ、注文する。店の人は1人で珍客に興味があるのか、やたら話しかけてきた。

まず、どうやってこの店を知ったかということ聞かれたので、月岡ホテルのフロントで聞いたと答えた。

そして、福岡から来たというと、聞いてもいないのに、この店の常連さんにも九州の人がいるだとか何とか・・・

メニューを見ていると、馬刺しがあった。山形って馬刺し有名なのかしら?と疑問に思っていると、あまり有名ではないが味には地震があるとのことだ。注文してみた。

・・・確かに美味い!これは今まで食った馬刺しでも上位ランクではあるまいか?

思わぬ収穫に笑みがこぼれる。

他にも山形名物のだしや芋煮などを食べた。どれも味は本当に美味しかった。料理に併せてお酒を一杯だけ飲んだ。一杯飲み終えると、ちょうどいい感じで酔っている。この辺りでとめておくのが懸命だなと考えていると、店の人が薦めてきた。ほなもう一杯だけ・・・

・・・酔った。これはかなり酔ってきた。

芋煮がきたときに店の人が山形で明日、大規模な芋煮会があるから行って来たらいいと言ってきた。何でそんな人だらけのところにいかなくちゃいけないのか?

全く行く気はしなかったが、適当に話をあわせた。

料理を一通り終え、お酒も飲んだところで店を出た。もう行くのかと残念がられたが、これ以上いてはアルコール中毒で死んでしまいそうだ。

千鳥足でふらふらとラーメン屋に入った。何でもちょっとした名物なのだとか・・・

・・・まあ、普通?

腹も一杯になり、千鳥足でホテルに戻る。

酒が冷めかけで体が冷えてきた。もう一度温泉に入る。

ふぅ~、極楽じゃ~・・・

ほっこりしたところで、湯船のヘリで寝転がっていると、寝てしまった。

ぐーぐー寝ていると、ホテルの従業員が入ってきて、大丈夫かと心配がられた。誰か通報したな?

すんません。寝入ってしまってましたと誤り、もう一度湯に浸かると、風呂を出た。

部屋に戻ると、そのままの勢いで寝た。

・・・翌日は一風呂浴び、昼食をとると、早速チェックアウトし、仙台に戻ることにした。山形で遊ぼうかとも思ったが、ガイド本を見ていてあまり私が興味を抱きそうなところがなかったためだ。時間があれば出羽三山なども行ってみたいものだが、それはまたの機会にということになるのだろうか・・・?

電車は昨日と反対のコースである。奥羽本線で山形まで行き、仙山線で仙台まで出た。さて、どこに行こう?時間もあるし、松島でも行ってみるか・・・

2014年2月23日 (日)

プチ奥の細道の旅(その5:山寺Ⅴ)

山寺が最も山寺らしいといっても過言ではない景色を見に行く。

Dscf0537

進んだ先には、開山堂と納経堂である。特に岩の上に建てられた納経堂は有名だ。

Dscf0538

まずは開山堂である。

開山堂は立石寺を開山した慈覚大師が入定した上に建てられた建物で、信仰上とても重要な建物である。

Dscf0540

そして納経堂である。

山内で最も古い建物である。この納経堂の立つ岩の下には、慈覚大師が眠る入定窟がある。

Dscf0542

奥に進む。

Dscf0543

細い階段を上る。

Dscf0544

上にあったのは、五大堂である。

Dscf0545

五大明王を祀る道場とのことだが、はっきりいって、見晴らしのいい展望台である。

Dscf0546

Dscf0547

う~ん、風が心地よいぞ!

Dscf0548

あっ!電車が来た!!

Dscf0549

振り向くと、五大閣の看板あり。

Dscf0550

五大堂の傍らには小さなお堂もある。

Dscf0551

開山堂付近から下を見た。奥之院のエリアはこんな風になっていたのか・・・

Dscf0552

納経堂を下からあおって撮影してみた。

さて、下まで降りるとするかね。。。

Dscf0553

うん?これどこだっけ?思い出せないが、こんな素敵なところもあった。

Dscf0554

下まで降りてきた。

Dscf0555

十六羅漢の一人、那伽犀那尊者である。 甘露の法水が鉢から噴出しており、この法水を手にかけると知恵を授かるそうだ。ありがたい。

Dscf0557

最後の立石寺の本坊を見学して、参拝を終えた。

Dscf0558

山登りで少々疲れたが、その価値はある、素晴らしいお寺であった。。。

2014年2月15日 (土)

プチ奥の細道の旅(その4:山寺Ⅳ)

仁王門である。

Dscf0512

この先に奥之院が広がっているに違いない。

Dscf0513

Dscf0514

ド迫力の仁王様に挨拶すると、いざ行かん!

Dscf0515

振りかえると、岩肌が何ともグロテスクな感じになっていた。

Dscf0516

山内にはいくつかの塔頭が点在する。

Dscf0517

ふと左手を見ると、ややネタバレだが、岩山の先に納経堂が見えた。これぞ山寺という景色である。

Dscf0518

性相院という塔頭である。

Dscf0519

Dscf0520

今度は金乗院という塔頭である。

Dscf0521

さらに行くと、

Dscf0522

中性院があり、

Dscf0523

その向かいに、最上義光公御霊屋があり、戦国武将最上義光が祀られているのだ。

Dscf0527

いよいよ奥之院である。右手の建物が奥之院にあたる如法堂であり、左手が大仏殿である。

Dscf0528

Dscf0529

奥之院のそばには何とも前衛的なオブジェがあった。修行中のお釈迦さんかな?前に置いてあるのは、仏足石?

Dscf0530

大仏殿である。

Dscf0531

中には5mの阿弥陀如来が祀られている。

Dscf0532_2

岩の中に祠がある。

Dscf0534

中には重要文化財の三重小塔がある。

Dscf0533

その奥には、華蔵院がある。

いったん、下に降りて、性相院のところを右手に曲がると、

Dscf0535

記念殿がある。皇太子の頃の大正天皇が山寺を訪れた際に、昼食をとられた場所だそうで、それを記念して建てられたものだ。

そして、さらにその先には山寺が山寺たる所以の風景が広がっているのだ。

Dscf0536

2014年2月14日 (金)

プチ奥の細道の旅(その3:山寺Ⅲ)

もう少し歩けば奥の院に着くだろう。。。

Dscf0496

修行者の参道?

Dscf0497

何か凄そうな道が続いている。

Dscf0498

岩肌に何かあるぞ!?

Dscf0499

平安初期の磨崖仏だそうだ。風化しており、輪郭しか分からない。

Dscf0500

Dscf0501

怒涛の進撃で、意味ありげなオブジェが並んでいる。

Dscf0503_2

Dscf0502

ここも何かの史跡のようだ。

Dscf0505

Dscf0504

せみ塚とある。

「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」と芭蕉が立石寺で詠んだことは有名であるが、芭蕉が句をしたためた短冊をこの場所に埋めたそうだ。以来ここをせみ塚と称しているそうだ。

Dscf0506

もちっと続くぞい!

Dscf0507

何となく凄みのある岩肌が見えてきた。

Dscf0508

阿弥陀洞だそうだ。巨大な凝灰岩が風化し、阿弥陀如来のお姿に見える人は見えるそうだ。

Dscf0509

Dscf0510

何か彫っている。

Dscf0511

おお!仁王門が見えてきた。

2014年2月11日 (火)

プチ奥の細道の旅(その2:山寺Ⅱ)

さて、いよいよ奥之院に向けて、山登り開始である。

Dscf0478

山門をくぐる。

Dscf0479

この石段を一段一段登るごとに、煩悩が消えていくそうだ。私の類希なる煩悩も消え去るというのか!?

Dscf0480

Dscf0481

夏のクソ暑い時期である。実に清清しい空気が流れており、気持ちが良い。と言っていられるのは序盤のみである。この後、延々と続く上りに、汗が噴出すことになる。

Dscf0482

姥堂なるものがあった。

Dscf0483

ん?

Dscf0484

何と、奪衣婆ではないくわっ!

ここから下は地獄、上は極楽という設定だそうで、古い衣服はここに奉納して、新しい衣服で極楽に行こうということだそうだ。それにしても面白い像だ。

Dscf0485

Dscf0486

Dscf0487

ただ石段を上がっていくのではなく、道々にこういったお地蔵さんなどが祭られており、参拝客を楽しませてくれる。

Dscf0488

Dscf0489

何かが岩に彫りこまれている。磨崖仏なのか?

Dscf0490

よく見たら、こんな岩が何個か点在していた。

Dscf0491

右なのか、左なのか、運命の別れ道!とりあえず、右を行こう!

Dscf0492

ここにも何か彫られた岩が・・・

Dscf0493

道はすぐに合流し、再び一本道になった。

Dscf0494

ありがたい仏様が鎮座されていた。菩薩様かな?

Dscf0495

上を見上げると、何とも迫力のある光景があった。

2014年2月 2日 (日)

プチ奥の細道の旅(その1:山寺Ⅰ)

平成25年8月31日~9月1日に山形と宮城に行ってきた。ちょうど東京に行っていた私は、無性に東北に行ってみたくなった。ということで、電車に乗っていってみた。

東京駅から東北新幹線に乗り、仙台で下車する。ここから仙山線でひたすら山形方面に向かった。

行き先は、

Dscf0449

山寺である。

かつてさんぽ会で東北に行ったことがある。このとき、私以外のメンバーはこの山寺に行っているのだ。この悔しい思い出を払拭するため、今回はここを第一の目的地としたのである。

Dscf0450

駅を降りると、風光明媚な風景が広がっていた。この山の上に寺があるのだろうか?

山寺というのは、称で、本当の名前は宝珠山阿所川院立石寺という。

Dscf0452

参拝前に昼ごはんを食べることにした。この辺りは蕎麦が名物である。適当に入って、蕎麦を食す。もぐもぐ・・・

Dscf0453

さて、仕切り直しでお寺の参拝をスタートする。

Dscf0454

階段を登る。

Dscf0455

早速、根本中堂がある。

山寺は天台宗のお寺である。この比叡山から分けられた法灯が脈々と受け継がれている。織田信長の比叡山焼き討ちで本家の法灯が消えてしまったが、ここの法灯から再び分灯されたというエピソードもある。

Dscf0456

Dscf0457

布袋様ですな。子供がまとわり付いているが、この縮尺だと、布袋様はハート様並に巨大になってしまうだろう。。。

Dscf0468

根本中堂の左手を進む。

Dscf0458

清和天皇の御宝塔である。山寺は清和天皇の勅願により開山された。

Dscf0459

「閑けや 岩にしみ入る 蝉の声」

有名な芭蕉の句である。この句はおくのほそ道で、この寺を訪れた際に読まれた句なのである。ということで、今回の旅のテーマをプチ奥の細道としてみた。

Dscf0460

Dscf0461

でっかい銀杏だ。

Dscf0462

大正天皇がご訪問されたそうだ。

Dscf0463

根本中堂の左側に日枝神社がある。日枝神社といえば、総本社は日吉大社になる。この日吉大社は比叡山の守護神である。

Dscf0464

むむむ・・・

Dscf0466

小銭に名前を書いておけば、願いが叶うらしい。

Dscf0467

ほほお!願いが叶う場所がそれぞれ決められているらしい。

Dscf0465

Dscf0469

日枝神社の隣には、御神輿殿がある。

Dscf0472

日枝神社から左手に進むと、宝物館がある。折角だから、中を見た。勉強になった。

宝物館から出てくると、

Dscf0470_3

芭蕉像と

Dscf0471

曽良像が並んでいた。

Dscf0473

Dscf0474

念仏堂である。

Dscf0475

Dscf0476_2 

鐘楼である。

Dscf0477

根本中堂からひたすら左手を進んだ先に、山門がある。

この先から山道となり、奥之院へと繋がっている。

そして、奥之院こそ、山寺のクライマックスなのである。