フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

カテゴリー「栃木県」の記事

2008年9月 3日 (水)

日光・尾瀬の旅(その5:華厳の滝、中禅寺湖、寂光の滝)

華厳の滝にやってきた。

駐車場に車を止める。観瀑台までは、エレベータで降りる。

下に着いて、全員の第一声は・・・

さぶっヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

とにかく気温が低い。さぶいぼでまくりの大惨事であった。

Img_0498

エレベータの出口から暗いトンネルを抜ける。轟音が聞こえる。

視界が明るくなる。

滝だぁ~ モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

予想以上にでかい。

華厳の滝は、中禅寺湖から唯一の流出口である大谷川にある滝で、落差は97メートルもある。日本三名瀑の一つに上げられる。残りの二つは和歌山の那智の滝と茨城の袋田の滝である。

P1020548

そして、寒い マイナスイオンでまくりなのはいいが、気化熱のせいで、相当気温が下がっている。真夏にこんなくそ寒い羽目に会うとは、思わなかった。

P1020552

華厳の滝といえば、自殺の名所として、有名である。明治36年の藤村操という学生が自殺したことに端を発する。当時残された不可解かつ哲学的な遺書は、マスコミや知識人にセンセーショナルだったようだ。その後、彼の影響を受けたものが自殺したことから、名所となったようだ。最近は死んでるのかな?

オカルトファンとしては、心霊をキャメラに収めねばと、必死にシャッターをきった。しかしながら、徒労に終わった。

・・・・・・・

華厳の滝のあとは、いろは坂を走破する。

いろは坂といえば、エンペラーである。あいにくレンタカーがランエボではないが、すっかり須藤京一になった気でハンドルを握る。( ̄▽ ̄)

はっ!タオルを頭に巻くのを忘れとったーーーーモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

カーブにい、ろ、は、に、・・・と書いてある。

?だからいろは坂?

いろは坂を抜けると、中禅寺湖にでた。

Img_0501

人造湖を除く、4平方キロメートル以上の湖では、日本一標高の高い場所にある湖であるらしい。あいにく曇っており、せっかくの景色がよく見えなかった。

また、いろは坂を帰る。

下今市でレンタカーを返す前に、JINのたっての願いで寂光の滝によった。

JIN曰く、有名な滝らしい。。。

なんだか妙に細い道を行く。。。。

着いた。

P1020557

????

これ?

(´ρ`)ぽか~ん

しょぼ・・・

・・・・・・・・・・・・

下今市でレンタカーを返し、電車に乗り、福島県桧枝岐を目指し、電車にのった。

2008年9月 2日 (火)

日光・尾瀬の旅(その4:二荒山神社、大猷院)

東照宮の後、二荒山神社にやってきた。

Dscn5901

日光の3つの山の神(大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命)をご祭神としている。3つの山とは、男体山、女峯山、太郎山である。

ところで、二荒山(ふたらさん)は観音菩薩が住むという補陀洛山(ふだらくさん)がなまったものとされることがある。また、弘法大師がこの地を訪れたとき、二荒を「にこう」と読み、それが日光の地名の由来になったという。さすが、スーパースターは違う。ミスターがサンマリンスタジアムを命名したことを思い出す。。。ヽ(´▽`)/

それにしても、二荒山の名の由来を平然と語るぎーさんとは、どんな生物であろうか?生物と書いて「なまもの」と呼ぶ生物なのだろう。。。

・・・・・・・・・・・・

大猷院にやってきた。

Img_0492

大猷院は、徳川家光の霊廟である。また、輪王寺の施設である。

まず、仁王門をくぐる。

ぎーさんは言った。

ここから、先は聖地である・・・、と。

ま、どうでもいいけど、やっぱり厳かな雰囲気はありますなあ。。。

Img_0493

次は、二天門である。持国天と広目天を左右に祭っていることから、その名がある。

P1020544

Dscn5904

夜叉門である。かなり豪華である。

Img_0494

拝殿である。

P1020543

皇嘉門という。この先に家光の霊廟があるらしい。

家康信者であった家光は、決して、自分の廟所を家康より豪華にしてはいけないとしていた。しかし、決して質素ではない。十分豪華である。

我とかいて「おれ」といいそうな勢いである。

世界遺産「日光の社寺」は、世界遺産の名に恥じないくらい素晴らしいものであった。改めて、メンテナンスしっかりやってくれている職人さんに敬意を表すのであった。

2008年9月 1日 (月)

日光・尾瀬の旅(その3:東照宮奥宮)

奥宮へ向かう門には、かの有名な眠り猫が鎮座している。

P1020534

左甚五郎の作品とも言われる眠り猫は、当然のように国宝である。

P1020535

ちなみに裏には、眠り猫を尻目に雀が舞い踊っている。

雀がいても猫が呑気に眠るくらい、徳川の世は平和ということを示唆しているという説もある。私には、この後、眠れる猫の急襲により、無残にも雀がSATSUGAIされてしまう気がしてならないのだが・・・

P1020536

奥宮に通ずる道は、今までの華やかな雰囲気とうって変わり、急に厳かになる。そして、糞長い階段を上らさられる羽目にあった。

やっと頂上に着いた。

待ち構えていたのは、ちっこい奥宮と・・・、

Img_0491

この宝塔である。この地に、徳川家康が眠っているのである。

それにしても静かである。

苦労した割には、見るとこは少ない。また、石段降りるのか?

くずくずいても仕方ないので、石段を一歩一歩降りていった。

2008年8月26日 (火)

日光・尾瀬の旅(その2:日光東照宮)

いきなりクライマックスだぜぇ~♪ へっへっへっ・・・

私は、東照宮の鳥居をみただけで、大興奮である。

P1020528

P1020529

日光東照宮とは、あえて説明するまでもないだろうが、あえて説明しよう!

徳川家康を「東照大権現」として神格化して祀った神社である。正式名称は、「東照宮」であるが、他にもいくつかあるので、区別のため地方名を冠して呼ばれる。

ちなみにこの石鳥居は、黒田長政が奉納したそうだ。

Img_0483

五重塔である。若狭国小浜藩主酒井忠勝により奉納された。その後、焼失したため、酒井忠進に再建された。立派である。

P1020531

三神庫である。この向かいには・・・、

Img_0485

神厩舎である。そして・・・

Img_0484

でたっ~「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿の彫刻である。

あまりにも有名である。

ちなみに、須磨寺では、「見ざる、言わざる、聞かざる、怒らざる、見てござる」の五猿である。

Img_0486

Img_0488

国宝の陽明門である。見事である。

P1020533

陽明門の左右の回廊(もちろん国宝)には、素晴らしい彫刻が掘られている。

それにしても、こんな山の中で、よくぞ、風化しないものだ。よほどメンテナンスをしっかりしているのであろう。。。東照宮を支える職人さんに、尊敬の念を抱く。。。

あまりの荘厳さに、私も、くっぺちゃんも、JINも完全に惚けてしまっている。まさに、全世界が、マッスルドッキングを初めて、見たときの衝撃に似ている。

ま、まさか、こんなことが物理的に可能なのか

しか~し!たくさんいる観光客とは、明らかに異質な行動をとる者が、約一名。

ぎーさんよ、何故灯篭を必死に見ておるのだ?

ぎーさんは、灯篭の寄贈者を必死に見ていたらしい。こんな彼の奇行のおかげで、田沼意次などビッグネームを確認できた。

でも、ぎーさん、せっかくの建築や彫刻は見ないのかい?

本社を見学した後、次回は、いよいよ、奥宮に突入する。

2008年8月24日 (日)

日光・尾瀬の旅(その1:輪王寺)

平成18年9月1日早朝。

私一人神戸空港のロビーに待機していた。

・・・・・・、遅い・・・

もうすぐチェックイン終わるって、放送しとるやないかっ!

いつもどおりいらいしていると、ぎーさん、くっぺちゃん、JINの3人がやってきた。まったくいつもどおりのぎりぎりである。なんとか、7時5分発羽田行きの便に乗れた。

8時20分に羽田着。そのまま浅草まででる。今回の旅は、表題のとおり、1日目に日光を観光し、2日目に尾瀬をハイキングするという、いつもどおりの肉体的・時間的に過酷な旅である。今回の旅では、当初O氏も参戦する予定であったが、直前でどたきゃんしたため、結局いつもの四人組になった。。。

浅草のスタバで朝食を購入し、東部電鉄で一路日光へ!

11時48分、下今市に着。ここでレンタカーを借りる。レンタカー屋の兄ちゃんの訛りにしばし感動。。。

レンタカーを走らし、いよいよ東照宮エリアへ。。。

・・・・・・・・・・・

最初に輪王寺を見学する。

Img_0478

日光東照宮を含む日光山は大変複雑な構造をしている。といっても、これは神仏分離のためで、神仏習合時代には、さほど不思議でもなんでもなかった。要するに、日光山には、お寺と神社が散在しているのである。ちなみに神仏分離以降は、東照宮と二荒山神社、それにここ輪王寺で二社一寺と呼ばれている。また、日光山の寺院建築物は、この輪王寺の施設である。

早速、輪王寺に入る。

若い坊さんが、説明をしてくれる。輪王寺の歴史は相当古く、奈良時代の創建とも言われている。江戸時代に徳川の庇護のもと隆盛を極めるのである。

ちなみに入ったお堂は、三仏堂といい、総本堂である。内部はなかなか荘厳である。

木造のでっかい仏像とか、やたら漆を厚く塗った柱が見事である。

坊さんの営業トークに辟易としながら、お堂を出る。

Dscn5878

相輪塔という。天海が徳川家光の発願で比叡山の宝塔に模して構築したもので、青銅製の塔である。内部に千の経典が埋まっているらしい。。。

さあ、次回は、いよいよ東照宮である。。。