フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

カテゴリー「青森県」の記事

2014年8月23日 (土)

下北粋方探しの旅(その15:大間~函館)

仏ヶ浦を後にし、大間港までドライブだ。それにしても今日は風が強い。大間からフェリーで北海道に上陸する予定なのであるが、出港するのか不安だ。

そうこうして、かなり早めだが大間港に着いた。あれこれ散策するのは、体力的にきつかったのだ。

Dscf1537

フェリーが停まっていた。

Dscf1541

フェリーターミナルである。

Dscf1538

Dscf1540

マグロ?

お土産を見たり、軽くご飯を食べたりして、まったりと待ち時間を過ごす。

いよいよ出港のときがきた。この強風の中でも出港できるだから、大型の船は凄い。

Dscf1542

何か、飛行機の乗船みたい・・・

Dscf1543

Dscf1544

Dscf1545

今回はこちらの指定席でのんびりする。

Dscf1546

読書していたらあったい間に函館に着いたらしい。

Dscf1547

Dscf1548

人生初の北海道上陸ヽ(´▽`)/

Dscf1549

乗ってきたフェリーと別れを告げる。

ここから函館駅までバスに乗り、移動した。

Dscf1550

ホテルまで少し距離があるので、路面電車に乗る。

Dscf1551

ホテルに着くと、とりあえず一息入れて、どこに行くか簡単に計画を立てた。やはり夜景を見に行くために、函館山に登るか・・・

フロントで聞くと、ロープウェイが補修のため運休を中止しているらしい。仕方ないので、バスで行くことにする。

・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・こんやん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっと来た!

うげっ!満員!!(゚ロ゚屮)屮

次のバスに乗れというので待つ。

しばらくしてタクシーの運ちゃんが、今日は大渋滞でタクシーも何時間もかかるよと教えてくれた。諦めて、飯を食いにいこう・・・

Dscf1554

今日の夕食は、ここ、五島軒!といっても、こちらは別館。もっと普通っぽいレストランが隣にあり、そちらで食べた。洋食屋さんである。

Dscf1552

Dscf1553

美味し!思えば、これがまともにとった食事の最後だった・・・

さて、夜の教会巡りでもしようか。。。

2014年8月10日 (日)

下北粋方探しの旅(その14:仏ヶ浦Ⅱ)

さて、いざ海岸に躍り出る。

まずは正面に通路があるので、そっちから行ってみよう。。。

Dscf1486

トイレがあった。

Dscf1489

少し遠くから見ると、壮大な岩壁であった。

さて、メインの風景を見に行こう。。。

Dscf1488

すでに、奇岩が見えており、否が応でもテンションが上がる。

Dscf1490

Dscf1492

この橋を渡るらしい。

Dscf1493

渡った先には、大きなやかんみたいな岩があった。

それにしても強風吹きすさぶ中、結構な数の観光客がいた。もっと誰もいないかと思っていたので、予想外であった。

Dscf1494

変な岩・・・。こんなきのこあったような?

Dscf1501

スケールがでかい!見ろ、人がごみのようだ・・・

Dscf1498

タイドプール。ウェットスーツがあったら、潜ってみたいなあ。。。

Dscf1499

Dscf1502

岩がでかすぎて、この距離じゃ、全部入らん!(´・ω・`)ショボーン

Dscf1503

Dscf1505

奥に進む。

Dscf1508_2

お!なかなかの絶景ではないか!∑(=゚ω゚=;)

Dscf1509

本当に不思議な光景が広がっている。

Dscf1510

地蔵様。

Dscf1511

これは歌碑か?

Dscf1517

人がいなくなってきたので、もう一度やかんみたいな岩を・・・

Dscf1518

下半分と

Dscf1519

上半分。でかすぎる!

Dscf1523

岩を伝って、先端のほうまできた。

Dscf1524

岸側を見ると、本当不思議な光景だった。

Dscf1525

さらに奥も奇怪な岩壁になっているようだ。

Dscf1528

あの尖った岩が特に変だ。

Dscf1529

Dscf1533

Dscf1534

イソギンチャク。

さて、帰るか。。。

帰りは、さっき下ってきた階段をひたすら登る。風邪引きには非常につらい作業であった。

疲労困憊で駐車場まで戻ると、早速出発した。

途中で、展望台があったので、寄ってみた。

Dscf1536

これは予想以上にいい眺めだ。なるほど、こういう構造になっていたのだなあ。。。上から俯瞰してみて、初めて全体が分かったのであった。

仏ヶ浦。不思議な光景であった。

2014年8月 8日 (金)

下北粋方探しの旅(その13:仏ヶ浦Ⅰ)

仏ヶ浦は下北半島西岸の佐井にある、奇怪な岩壁や巨石のある海岸である。

仏ヶ浦には、陸路のほか、遊覧船による海上からの上陸の二通りのルートがある。当初は遊覧船でゆったりと考えていたが、昨日から強風である。電話で問い合わせると、案の定、時化で運休であった。

ということで、陸路で向かう。仏ヶ浦の駐車場に車を停めた。ここから徒歩なのであるが、海など全く見えない山の中だ。どうなっているの?

Dscf1462

熊注意とか書いてるし!Σ(゚д゚;)

Dscf1463

とりあえず、行くか・・・

Dscf1464

完全に山道である。おかしいなあ。。。登山に来た覚えは無いのだが・・・

Dscf1465

廃墟とかあるし!昔はもっと活気があったのか?

Dscf1466

Dscf1467

Dscf1468

延々と山道を下っていくと、海らしきものが見えてきた。

Dscf1469

おお!海だ。

Dscf1470

どうやら崖を下っていくらしい。

Dscf1471

Dscf1472

Dscf1473

延々と階段を下りていく。帰りがきつそうだ。

Dscf1474

Dscf1475


Dscf1476

Dscf1477


もう少しか?

Dscf1478

やれやれ、やっと下に着いたみたいだ。

Dscf1480

おや?石の下に・・・

Dscf1479

地蔵さん?

Dscf1484

降りたところにお堂?があった。

Dscf1481

Dscf1482

これはなくなった方々の衣服か?

Dscf1483

ここも信仰の場なのだなあ。。。

Dscf1485

さて、奇岩を見に行くか・・・

2014年8月 1日 (金)

下北粋方探しの旅(その12:3日目の夜~4日目の朝)

大間から今日の宿がある、むつ市川内町まで車でドライブだ。

・・・何かおかしい。。。

やたら寒いのだ。実は旅の前から風邪を引いていたのだが、はしゃぎすぎてこじらせたのかもしれない。途中で温泉を見つけたので立ち寄り湯した。これで体があったまったが、あまり余裕がなかったのだろう。いつもなら写真に収めるところを全く失念していた。温泉の名前も忘れてしまった。結構、いい湯だった記憶が薄っすらとあるのみである。

そして、宿についた。

Dscf1453

スパウッド観光ホテルという宿である。中に入ってみると、何とも不思議なビジネスホテルのようなものであった。チェックインして部屋に入ると、そのままベッドで休んだ。本当にきつい。しばらく休むと、ご飯の時間になった。きついがご飯を食べないと、元気にならない。

Dscf1455

ほお!

Dscf1456

味はなかなかで、全て食べた。

食事の後は風呂(温泉)に入り、そうそうに寝た。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

翌日、やはり体がきつい。でもここまで来たら、気力を振り絞るのみ!

朝食を食べ、チェックアウトを済ますと、次の目的地、仏ヶ浦に向かう。

Dscf1457

紅葉が美しい。

Dscf1458

Dscf1461

体はきついが、この美しい光景にしばしそのつらさを忘れることができた。

2014年7月27日 (日)

下北粋方探しの旅(その11:大間超マグロ祭り)

大間漁港で今日明日とマグロ祭りをやっているらしい。お昼はそこでマグロでも食べよう。。。

Dscf1438

なかなか賑わっている。

さてと、何を食べようかな・・・

Dscf1439

とりあえず、まぐろ弁当という名の鉄火丼を食べてみた。

・・・うん!なかなかいける。美味いよ!

Dscf1440

こっちはマグロのカマを焼いている。旨そう!食べてみた。

・・・なんか冷めてる?冷えた油が食欲を減退させてしまった。

教訓:マグロのカマは熱いうちに・・・

Dscf1441


Dscf1442

まぐろの解体ショーをここでするらしい。

折角だから、漁港を探険するかと、観光客が誰もうろつかないほうまで来た。

Dscf1443

Dscf1444

これは漁協の荷捌き場かな?

Dscf1445


Dscf1446

これはイカ釣り船かな?

Dscf1447

漁協の事務所。

Dscf1448

大間町役場の施設みたいだ。

Dscf1449

ぶらぶらと漁協施設や漁船を眺めていたら、数人の漁師さんに不審な目で眺められた。そりゃ、普通こんなところぶらつかんわな。特にもめることもなく、声をかけられることもなかった。この辺りの人は奥ゆかしいのかな?まあ、見るからに観光客なので、単に探険にきただけかと納得されたのかもしれない。

Dscf1451

Dscf1452_2

マグロ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ちなみにこの祭りで恐山で一緒だったご家族と再会した。やはり皆行くところは同じなのね。。。

2014年7月25日 (金)

下北粋方探しの旅(その10:大間崎)

車を走らせ、本州最北端の地、大間崎にやってきた。

Dscf1428

Dscf1430

本州最北端の碑。

Dscf1432

天候が良くないため、海も時化ているようだ。

Dscf1433

そうそう、大間といえば、マグロである。

そういえば、今日はマグロ祭りをやっているそうだ。

Dscf1435

石川啄木歌碑。

Dscf1436

豊国丸慰霊碑。昭和20年、商船を改造した特務艦豊国丸は米軍のグラマンに攻撃され、この海に沈んだ。その慰霊碑である。

Dscf1434

さて、まぐろ祭りにでも行ってみるか・・・

2014年7月13日 (日)

下北粋方探しの旅(その9:奥薬研温泉)

恐山を後にした私は、ドライブを開始した。

恐山から北にしばらく行くと、薬研温泉という温泉がある。そこから少し奥に行くと、奥薬研温泉がある。

ここにはかっぱの湯という無料の温泉がある。男女で入る時間が分けられており、時間を勘違いした私は女の人の時間に来てしまった。仕方ないので、近くにある、有料(といっても200円)の夫婦かっぱの湯に行くことにした。

レストハウスの中にあり、受付で入浴料を払うと、再び外に出る。

Dscf1421

階段を下に降りる。

Dscf1422

ここか・・・

Dscf1423

おお!いい景色じゃないですか!

泉質は単純泉。無色透明の柔らかいお湯であった。恐山で超濃厚硫黄風呂に浸かりまくったので、こういう優しいお湯もいいものだ。

Dscf1424

Dscf1425

Dscf1426


紅葉を愛でながら、風呂に入るのも、乙なものである。

Dscf1427

風呂から出てきて小腹が減った私は餅を買ってみた。この辺の餅菓子だそうで、べこもちだったかな?

レストハウスを出たところにある足湯に浸かりながら、一つ二つ食べる。。。。重い!さすが餅である。ボリュームがありすぎる。今日の夜にでも残りを食べようかと思っていると、恐山の宿坊で一緒だった一家(旦那さん、奥さん、息子さん)にあった。

どうもこの夫婦、お寺マニアらしく、全国の寺社に行っているそうだ。まだ小さいお子さんも昨年、比叡山でビューを果たしたそうだ。

世間話をして、そうだと思い、餅をあげた。

さて、次に行くか・・・

2014年7月11日 (金)

下北粋方探しの旅(その8:恐山Ⅷ)

宇曽利湖岸から再び地獄のほうに戻ってきた。

Dscf1395

Dscf1396

Dscf1397

五智山展望台とある。一つ行ってみることにした。

Dscf1398

Dscf1399

この先へ行くと、いよいよ展望台だ。

Dscf1400

宇曽利湖が見渡せる。

Dscf1401

後ろを振り向くと、五智如来が鎮座されていた。大変ありがたい展望台だ。

Dscf1402

こちらはお地蔵さんだろうか?

Dscf1403

Dscf1405


ちなみにパノラマにしてみた。

Dscf1407

五智山展望台から戻ってきた。修羅王地獄、何とも残虐そうな名前だ。

Dscf1408

高台から、地蔵殿や宿坊の方面を望む。

Dscf1409

あちらの山はいい感じで紅葉している。

Dscf1410

Dscf1412

地獄谷だそうだ。

Dscf1413

こちらはいたるところから湯気があがっている。

Dscf1414

戦没者慰霊碑があった。

Dscf1415

まだ時間があったので、昨日真っ暗だった花染の湯を見に来た。

Dscf1416

ここが昨日、落ちた溝だ。

Dscf1417

入り口はこんな風になっていたのか・・・

Dscf1418

外を散策していると、いかにもといった温泉が湧出するところがあった。

Dscf1420

さて、恐山も堪能したし、そろそろ移動するか・・・

宿坊をチェックアウトし、恐山に別れを告げた。

2014年7月 9日 (水)

下北粋方探しの旅(その7:恐山Ⅶ)

宇曽利湖岸に近付いてきた。

Dscf1383

その前の水溜り。所々泡が立っており、温泉でも涌いているのかもしれない。

Dscf1384

宇曽利湖である。

Dscf1386

Dscf1387

湖水の色は、青白い。pHが3.5程度と強酸性の水である。こんな強烈な環境でもウグイが生息している。生き物は凄い。

Dscf1388

こちらの水溜り、色が変だし、所々泡がでている。おそらく温泉なのであろう。

Dscf1390

Dscf1391

Dscf1392

意味深な石積みが・・・

Dscf1393

こんな所に慰霊碑が・・・

Dscf1394

そうそうマムシに注意してね!

もう少し続く。

2014年7月 8日 (火)

下北粋方探しの旅(その6:恐山Ⅵ)

朝食の後、チェックアウト時間まで余裕があるので、再び境内の散策に出かけた。

Dscf1357

今日は雨が降っていないので、昨日より景色がよい気がする。

Dscf1358

Dscf1359

まだ朝早いので参拝客も少なく、快適だ。

Dscf1360

Dscf1361

朝のお勤めを行った地蔵殿である。今思い出しても貴重な体験をしたのだと、感動してくる。

Dscf1362

Dscf1363

もう一度地獄めぐりをするか・・・

Dscf1364

Dscf1368

Dscf1369

紅葉がきれいだ。

Dscf1370

Dscf1371

そこかしこに地蔵様がおられる。

Dscf1372

Dscf1373_2

これは温泉の川かな?

Dscf1374

Dscf1375

千手地蔵?

Dscf1376

おお!よく見れば、小さな手がいくつか張り付いている。

Dscf1377

Dscf1380

八角円堂を両サイドからパシャッと!

Dscf1378

Dscf1379

水子供養という言葉を聞くと、やはり気持ちが沈む。

Dscf1381

いよいよ宇曽利湖岸が近付いてきた。