フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

カテゴリー「チェコ」の記事

2010年5月 7日 (金)

中欧旅行記(その20:プラハ街歩き~ブダペスト)

プラハ城を出ると、

P1030062

大司教館が右手に見える。

P1030063

プラハ城の前にある広場は、フラチャニ広場といい、貴族の家などが並んでいる。

フラチャニ広場から西に進むとロレッタがある。

P1030064

ロレッタは、17世紀に建てられた聖母マリアの教会である。もう夕暮れに近いので、内部の見学は出来なかった。

ところで、このロレッタの辺りには相当雪が積もっていた。JINに雪玉をぶつけてやろうとするが、かちこちでとれない。とれてもカサカサで握っても玉にならない。日本の雪ならば、体温で溶けてべたべたになるが、溶けにくいし、とけてもスッと消えるみたいだ。まるで、雪のフリーズドライである。不思議なものだ。

ロレッタを後にし、再び歩く。

P1100108

JINが丘のほうを指差し、ぺドジーン公園の展望塔を目指そうとのたまった。

おかげで延々とだらだら坂を上るハメに・・・

P1100109

犬は元気なもんだ。JINの横をじゃれあいながら走り抜けた。微妙にびびるJIN・・・

そういや犬嫌いやったな。。。

P1100111

どんどん丘を登る。人も少なくなってきた。しかも、見事なまでのアイスバーンである。一歩間違えばすってんころりんと下界まで・・・

そうこうしていると、やっと頂上に着いた。

P1030066

展望塔である。

JIN曰く、この上から見るプラハの景色は格別とのこと。それは魅力だ!

・・・入れなかった

時間が遅すぎだようだ。展望塔の下は木が生い茂り、景色どころではない。

P1030067

がっかりである。

負け犬二人、とぼとぼと帰路につく。。。

帰りはケーブルカーで一気に降りることにした。

P1030068

しばらくすると、10代前半くらいの少年少女が乗ってきた。きゃっきゃ騒ぎまくって、相当うざかった。

P1030070

いよいよ出発した。

P1030073

思えば、ケーブルカーから見える景色がなかなかの絶景であった。ただし、そこそこのスピードで走るので、写真に撮るのは困難であった。

やがて、ケーブルカーが下に着いた。駅から降りて、少し散策する。

P1030075

P1030076

遠く見えるプラハ城が美しい。

再び歩き出した。街を彷徨い歩く。

途中のスーパーにふらりと入ってみた。

P1030077

魚が売っていた。

P1030078

コイにパイクに・・・。淡水魚が多いな。上のはハクレンみたいですな。

P1030079

ソーセージの大群やー!

スーパーを出て、再び歩く。 

ヴァーツラフ広場まで出てきた。

P1030080

P1100124

ヴァーツラフ広場から横に伸びる道を歩くと、ノヴォムニェストスキー・ピヴォヴァルという店に出る。今晩のディナーはこれで決まり!

P1100125

この店は、ビアホールで自家製ビールを出している。また、ボヘミア伝統料理も食えるということで、チョイスした。

早速注文する。

P1030081

これがないと話になりませんな。チェコといったらビールである。

P1030083 

P1100127

カフナである。鴨のオーブン焼だ。結構重いが美味かった。付け合せの黄色い物体は、クネドリーキである。もちもちしていた。味はコレといってないので、メインのソースをつけて食えというところだろう。

P1100128

スープを食すと、結構お腹一杯になった。

すっかり満足して、店を出た。

食後のお茶をしに、街を彷徨い歩く。

P1030087

市民会館までやってきた。

P1030088

夜の市民会館も乙なものだ。

P1030089

市民会館の中にオベツニー・ドゥームというカフェがある。

P1030090

中に入ると、客はほとんどなく、店員が気さくな笑顔で出迎えてくれた。

P1030091

珈琲と、

P1030095

パラチンキを頼んだ。ま、クレープみたいなものだ。

食す!美味~い!あまりの美味さにぺろっと食ってしまった。奥深いぞ!チェコ料理!

お茶をして、そろそろ頃合なので、駅に向かう。。。

P1100132_2

P1100133

ホームに出た。 

P1030097

P1030099

目的の列車が来たようだ。

P1100138

この列車でブダペストまで行く。車内泊となるので、明日の朝にはブダペストだ。

P1030100

P1030101

P1030103

では、さらばプラハありがとう、プラハ

中に入ると、車掌さんではないが、格車両ごとに責任者のおじさんがいる。このおじさんに部屋に案内してもらった。ここで、パスポートを預ける。ブタペストに着く前に返してくれるそうだ。部屋の鍵もつけていいそうで、おじさんも車両内に待機してくれるそうなので、前日のオースチのようないらん心配事はなくなった。

おかげで、すっかり熟睡した。JINはいつもどおり?しばらくごそごそしたようだが・・・

やがて、ブダペストに着いた。

P1030106

2010年5月 6日 (木)

中欧旅行記(その19:プラハ城Ⅱ)

聖ヴィート大聖堂を外から眺める。

P1030031

P1030032

P1030034

P1030035

かなり美しい教会だ。

プラハ城をさらに奥に進む。

P1030036

P1030037

数多くの謎の彫像が並ぶ。

P1030038

ふと何気なく上を眺めた。

P1030042

P1030043

P1030044

どうやら飲みすぎたようですな

P1030045

半魚人?

P1030046

聖ヴィート大聖堂を後ろから眺めた。

P1030047

こちらは聖イジー教会である。923年創建、12世紀再建と大層古い教会である。

P1030048

P1030049

聖イジー教会の脇の道を進むと、白塔が見えた。

P1030050

さらに奥に進む。その先はWC・・・

P1030051

黄金の小路というエリアである。いくつもの小屋が立ち並ぶ。この小屋はかつて番兵の居住スペースだったようだ。16世紀にルドルフ2世が錬金術師を住まわせたという伝説から「黄金の小路」という名となったとも言われる。

P1030053

現在は、ほとんどがお土産屋さんなどのショップになっている。

P1030054

この水色の小屋は、かつてカフカが使用していたそうだ。西洋文学にはとんと興味がない私だが、その名くらいはそういえば聞いたことがある。

さらに進む。

P1030055

タリボルカ塔である。

P1030056

15世紀に牢獄として建てられたそうで、なにやら怪しげな雰囲気がぷんぷんする。

P1030057_2

塔の前にはなお一層怪しげなオブジェが・・・

そこから少し進むと東門があり、外に出る。

P1100091

P1100092

なかなかの絶景が広がっている。少し街並みを眺めていると、白人男性二人組みに写真を撮るよう頼まれた。てっきりこの眼下の絶景を背景にするのかと思いきや、特に何の変哲もない木と一緒に撮れと言う。。。なんかいわくでもある木なのか?

元来た道を戻るとする。

P1030058

旧王宮の近くに来た。おそらく、ここらへんの建物の反対側の窓で、フス戦争と三十年戦争のきっかけとされる2回の「プラハ窓外放出事件」が起こったはずである。あいにく見れなかった。もう少し早い時間にプラハ城に来ていれば、ツアーに参加でき、見学することが出来たと思われる。残念だ、非常に残念だ。

P1030060

プラハ城を出た。

2010年4月27日 (火)

中欧旅行記(その18:プラハ城Ⅰ(聖ヴィート大聖堂))

プラハ城に着いた。

P1020993

P1020995

正門の両側には衛兵がスタンバイである。寒そうだ。

P1020994

P1020996

正門の上には、何やら血生臭い彫像が立っている。「戦う巨人たち」という作品だ。

P1020997

正門をくぐると、次に見えるのは、マティアス門である。

P1020998

マティアス門をくぐると、中庭にでる。

P1030001

中庭を抜けると、、、

P1030003

巨大な教会が現れる。聖ヴィート大聖堂である。

P1030005

プラハ城内にあるこの教会は、チェコで最も大きく、重要な教会である。

P1030007

925年に初めの教会が建てられ、その後、11世紀にロマネスク様式に建て替えられ、14世紀に、現在のゴシック様式の教会が建てられた。

早速中に入る。

P1030008

荘厳だ。

P1030009

P1030010

ステンドグラスが美しい。

P1030011

P1030012

P1030013

P1030014

P1030015

P1030016

P1030017

P1030018

P1030019

P1030021

P1030020

聖ヤン・ネポムツキーの墓である。

P1030022

P1030023

ギンギラ銀である。さりげなく・・・

P1030024

何だ?この異空間は?

P1030025

P1030026

P1030027

聖ヴァーツラフ礼拝堂である。かなり美しい。

P1030028

最後にミュシャ(ムハ)のステンドグラスである。

P1030029

ミュシャといえば、チェコを代表するアール・ヌーヴォー画家である。それにしても、私の知るミュシャの作品とはイメージが違う。なんか怖いぞ!とにかく、名画家の作品を見て、とても興奮した。ムハだけにムハムハ・・・

P1030030

聖ヴィート大聖堂を出た。

2010年4月26日 (月)

中欧旅行記(その17:ネルドヴァ通り)

マラー・ストラナ広場からプラハ城まで続くネルドヴァ通りを歩く。

かつて住所がなかっと頃、プラハでは家に目印の標識をつけて区別していた。その名残がこのネルドヴァ通りには数多く残っている。

P1020973_2

歩き始めてすぐにルーマニア大使館があった。

P1020972

ルーマニア大使館の目印は、この「ムーア人像」である。何ゆえ、ムーア人かは調べたが、よく分からなかった。

P1020974_2

ゴーゴン?

P1020975

3本のヴァイオリン

P1020976

禁の盃

P1020977

赤い羊

P1020978

イタリア大使館

P1020979

金の鍵

P1020980

「金の蹄鉄」というらしいが、「白馬のとっつぁん」という名のほうがいいような気がする。

P1020981

マリア様?

P1020982

なんや分からん。。。

P1020983

赤い獅子

P1020984

緑のザリガニ

P1020985

2つの太陽。おっ!サン?

P1020986

白鳥

P1020987

原型を留めていないので、不明

P1020988

鹿

P1100023

今まで看板ばかり焦点を当ててきたが、ネルドヴァ通りはこんな感じだ。

P1100026

ご覧のとおり基本坂道を上る。しかしながら、あれこれ看板を探していると、楽しくなってきて、特にしんどさを感じさせない。

P1020989

いよいよ坂を上りきり、プラハ城へと続く。

P1020990

結構上まで来た。絶景である。

P1020992

プラハ城の門が見えた。ここから先は次回へ続く。

2010年4月21日 (水)

中欧旅行記(その16:聖ミクラーシュ教会)

マラー・ストラナ広場にでた。

P1020944

そろそろ昼飯が気になる。広場近くの店に入る。

P1090981

P1090976

人があまりいない。薄暗くてなかなか雰囲気のいい店だ。

P1090975_2

チェコといえば、これでしょ!Beer

P1090978

ピザと、、、

P1020948

パスタと、、、

P1020949

クネドロヴェプショゼロを注文した。チェコでは最もポピュラーな食べ物の一つで、謂わば豚カツである。 

P1090980

無類の豚好きのまーくんががっつく

美味い!美味すぎる!

何故か、昔、おかんが作ってくれた豚肉を揚げた謎の料理に味が似ていた。知らない間に、子供の頃から、チェコの伝統料理を食わされていたのだろうか?ま、偶然の一致であろう。。。

それにしても、昨日の昼から連続のクリーンヒットだ。食い物が美味しいと元気が出てきますわ~

レストランからでてきた。

P1020952

P1020951

P1020953

マラー・ストラナ広場にある大きな教会が聖ミクラーシュ教会である。

P1020954

入ってみることにした。

P1020955

これはなかなか素晴らしい。

プラハ・バロック頂点に立つとガイド本に書いてある。もともとはゴシックの教会があったが、1756年にディーツェンホーファー親子によって現在の教会に建て替えられている。

P1020956

天井のフレスコ画も素晴らしい。「聖ミクラーシュの祝祭」

P1020957

P1090996

P1020958

P1020959

こちらの円蓋のフレスコ画も素晴らしい。「三位一体神の祝賀」

P1020960

P1020961

P1020962

P1020963

P1020964

P1020965

P1020966

P1020967

喉に錫杖入ってますよ!

P1020968

P1020969

P1020971

P1100002

モーツアルトが演奏したパイプオルガンがあるという話だが、これかな?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

教会から出た。内部がなかなか美しい教会であった。

2010年4月19日 (月)

中欧旅行記(その15:カレル橋)

カレル橋に向けて、元来た川沿いの道を北に向かう。

P1020900

P1020899

P1020901

川のほとりには、謎の御仁が鎮座されていた。

P1020902

P1020903

カレル橋である。ヨーロッパに現存する最古(1400年)の石橋だそうだ。

P1020904_2

旧市街橋塔である。ここがカレル橋の謂わば玄関である。

P1020905_2

いよいよ橋塔をくぐる。

P1020906

左側が工事中なのが残念だが、まーいいでしょう。

カレル橋の欄干には、数多くの聖人像が並んでいる。その数、な、な、なんと30体

P1020907

まず一つ目は、聖母マリアと聖ベルナルドゥス像である。

P1020908

聖母マリアと聖ドミニクス、トマス・アクィナス像である。

P1020910

ブロンズの十字架と聖母マリア、聖ヨハネ像である。

P1020911

聖アンナ、聖母マリアと幼児像である。

P1020912

キュリロスとメトデウス像。なんかごちゃごちゃしとる。

P1020913

洗礼者ヨハネ像。

P1020914

聖クリストフォルス像。

P1020915

ボルジァの聖フランシスコ像。

P1020916

聖ノルベルト、ヴァーツラフ、シギスムント像。

そして、いよいよこの橋の一番の人気者、、、

P1020917

聖ヤン・ネポムツスキー像である。

ネポムクのヨハネという別名がある彼は、ボヘミアの守護聖人であり、殉教した際、遺体がカレル橋からヴルタヴァ川に投げ捨てられた。

P1020919

P1020920

台座のレリーフは、触ると幸運になるという言い伝えから、やたらめったに人々が触るものだから、ちゅるちゅるに磨かれている。

・・・あれっ

これって、福岡にもよく似たのがあったような・・・

P1020918

聖ルドミラとヴァーツラフ像。

P1020921

このタケコプターがついているのが、パドヴァの聖アントニウス像である。

P1020922

天使の護衛付き!聖フランチェスコ像。

P1090957_2

聖人像の見過ぎで、酔いそうになったところで、景色でも見て、休憩する。

P1090958

美しいものですな。

P1020924

警察がなんか潜ってるぞ!事件か?

気を取り直して、再び聖人巡りをする。

P1020926

聖ウィンケンティウス・フェレリウスとプロコピウス像。

P1020927

聖ダデオのユダ像。

P1020928

聖アウグスティヌス像。

P1020929

聖カエタヌス像。

P1020930

聖ルトガルディス像。

P1020931

聖アダルベルト像。

P1020932

聖べネチウス像。

P1020933

いよいよ後少しでカレル橋を渡り終える。最後のラストスポート!行くじぇ~

P1020934

聖ヴィート像である。あれっ!?

P1020935

どうやら鼻血がでたようだ。虚ろな目をしている。

P1020936

私的に大ヒットの作品、マタの聖ヨハネとヴァロフの聖フェリックス、聖イワン像である。

謎のトルコ人?と犬が番をしている牢の中には、、、

P1020937

キリスト教徒が・・・。悲痛すぎる!!(゚ロ゚屮)屮

P1020938

聖ヴァーツラフ像で、聖人像群がやっと終わった。こんなけおるけど、どういう聖人かよく分からないなあ。。。

P1020939

P1020943

橋を渡ると、マラー・ストラナという地区になる。プラハ城の城下町に当たるが、その話は次回へ続く。

2010年4月16日 (金)

中欧旅行記(その14:プラハ建物巡り)

旧市街広場からぶらぶら歩く。

P1020871

P1090915

ヴァーツラフ広場に出た。ここいらはプラハで一番賑やかなエリアである。正面に見えるのは、国立博物館である。

P1090916

広場の近くのカフェで一息つく。

休憩後、再び歩く。カレル橋方面に歩く。

P1020872

屋根が二つあって、面白い建物だ。

P1020874

P1020873

なんか人の顔に見えるが・・・、気のせいか?

P1020875

旧市街橋塔が見える。この先にカレル橋があり、ヴルタヴァ川を越えると、プラハ城があるエリアである。

P1020876

クレメンティヌムという建物だ。イエズス会の拠点であったが、今はプラハ大学の図書館になっている。中の図書館はなかなか見物らしいが、今回はスルーする。

P1020882

P1020883

P1020877

P1020878

プラハ生まれの神聖ローマ皇帝カール4世の像である。カレル橋の袂にある。

P1020884

旧市街橋塔である。

P1020879

カレル橋である。

P1020880

ぞろぞろと人々が橋を渡っている。我々も後ほど渡るが、その前に少し南の川沿いエリアを散策することにした。

P1090934

P1020885

P1090935

P1090936

国民歌劇場である。

P1020887

川沿いを歩く。

P1020886

水鳥は氷の上で元気だ。

P1020888

暫く歩くと、やたらアールヌーヴォーな建物群が現れた。

P1020889

P1020890

P1020891

P1020892

上の壁画がなかなか美しい。

P1020893

左の姉さんが艶かしいような気がする。

P1020894

P1020895

P1020896

おう!乳が・・・(/ω\)ハズカシーィ

しかし、なかなかイカす建築群だ。ちょっと住んでみたい気もする。子供の頃やったら恥ずかしくなるような裸婦像が盛りだくさんだ。一家に一台裸婦像!どですか?JINさん。。。

アールヌーヴォー建築群からさらに南に下るとおかしな建物が現れた。

P1020897

P1020898

「踊る家」というポストモダン建築である。う~ん、捻じれてますねぇ。。。

JINさんの新居はこれで決まり!

だって、JINさんったら、めちゃくちゃ気に入ってるじゃないですか!?写真撮りまくってるし

2010年4月15日 (木)

中欧旅行記(その13:旧市街広場)

ツェレトナー通りを抜けると、旧市街広場に出た。

P1020842

旧市街広場、ゴシックやらバロックやらロココやら歴史的な建造物が多く存在するエリアであり、プラハ観光の顔である。

P1020843

ヤン・フスの群像があった。フスといえば、宗教改革の先駆者として名高い。カトリックの教義が聖書からかけ離れていると主張したウィクリフに共鳴した彼は、コンスタンツの公会議で火刑に処されている。

P1020844

この像は、彼の死後500年を記念して、1915年に建てられた。

P1020845

P1020846

ティーン聖母教会である。12世紀に創建され、現在の形になったのは14世紀である。元はフス派の教会であったが、無理矢理カトリックに改宗させられたため、プロテスタントがぶち切れて、建物で教会の前を塞いでしまったそうだ。よって、ここの教会は入り口が非常に分かりずらい。

P1020847

旧市街庁舎である。

P1020849

ここはなんといってもこの仕掛け時計が有名である。

P1020850

1410年に造られたもので、世界でも非常に有名な天文時計の一つである。天文時計とは、太陽や月、黄道十二宮やらの位置情報を示す特殊な時計である。

P1020851

P1020852

時計は仕掛け時計になっており、この人形たちがコミカルなアトラクションを見せてくれるはずである。毎正時に仕掛けが動くはずだが、次の仕掛けまでまだまだ時間がある。仕掛けまで、しばらく周囲を散策する。

P1020854

先ほどの聖母ティーン教会の入り口を見つけた。かなり分かりにくかった。中に入ろうかと思ったが、閉まっていた。

P1020858

右にクロックタワーが聳える建物が、聖母ティーン教会で、通路を挟んで隣の建物のさらに隣にゴルツ・キンスキー宮殿である。真ん中の建物に注目するべし!

P1020855

おう壁の角に鐘が・・・

P1020857

その名も石の鐘の家という建物である。13世紀と非常に古い建物である。

P1020859

聖ミクラーシュ教会である。

P1020861_2

P1020862

12世紀創建の教会で現在のものは、18世紀に建て替えられている。

P1020860

入ってみる。

P1020864

非常にこじんまりしているが、なかなか装飾は美しい。

P1020866

しばらくほけーっとして出てくると、いよいよ仕掛け時計のアトラクションの時間がやってきた。

P1020867

時計前でスタンバイしていると、動き出した。鐘が鳴り響く中、上部の小窓からおっさんがちらっとこちらを見ながら、通り過ぎていく。シュールな動きだ。

P1020868

やがて、1分ほどで終わった。これで、終わり?う~ん、微妙・・・

私の率直な感想をよそに、周囲の外国人観光客は拍手を送っていた。

P1020870

さて、次に移動するか・・・

2010年4月12日 (月)

中央旅行記(その12:市民会館、火薬塔、黒い聖母の家)

平成22年2月8日朝。三日目開幕である。

昨日のオースチショックはかなり効いた。しかも、プラハの夜は人通りが少なく、結構不気味であったので、今日の散策には少しばかり不安を感じる。

ホテルの窓から外を見る。

P1090857

おや?

P1090858

人が歩いている。当たり前であるが、少し安心した。

前日の朝食に比べると、相当劣るが、ホテルで朝食をとり、チェックアウトし、散策へと飛び出した。

駅の銀行で両替し、チョココロネチェココルナをゲットした。さらに共通一日乗車券を購入した。

P1090861

早速トラムに乗る。

旧市街広場を目指すが、行き当たりばったりに降りてみた。

P1090862

P1090863

P1090864

P1020824

P1020826

市民会館である。1911年に建設されたアールヌーヴォー様式の建物である。密かに建物に執着する?JINは鼻息が荒かった。

ここでは、プラハの春音楽祭なる催しが毎年行われるらしい。音楽うんちの私にはさっぱりだ。

P1020828

市民会館のほぼ隣には、「火薬塔」がある。

P1020827

15世紀後半の建てられたもので、元々は市民会館の位置にあった王宮の門である。王宮移転後、放置されていたが、17世紀にロシア軍が攻めてきた際、火薬庫として活躍したことからその名がある。

P1020830

P1020832

P1020834

P1020833

手斧投げてきそうですな。

P1020835

火薬塔をくぐった。反対側から見た火薬塔である。

火薬塔から旧市街広場に向かう道中に「黒い聖母の家」なるものがある。

P1020836

何が黒い聖母なのかというと、、、

P1020837

P1020838

家の角に、文字通り黒い聖母がいらっしゃるからだ。

この家は、キュビズム建築の代表的なものであり、現在はキュビズム博物館として利用されている。キュビズムというと、ピカソやブラックで有名なあれだ。絵画だけかと思いきや、何と建築にまで影響を与えてきたとは・・・w(゚o゚)w

特にキュビズム建築とやらは、ここチェコでしかお目にかかれないらしい。建築うんちの私でも興奮ものだ。

旧市街広場に向かうため、ツェレトナー通りを歩く。

P1020839

P1020840

さあ、いよいよ旧市街広場だ。。。      

2010年4月 7日 (水)

中欧旅行記(その11:ベルリン街歩き~プラハ)

ベルリン大聖堂からでてきた。そろそろ昼食をとろうということになった。今日は、夜に列車でプラハに移動するので、実質、ドイツでの最後の晩餐ということになる。

ベルリンの郷土料理の店、ムッター・ホッペという店に行こうということになった。

P1020807_2

左手にテレビ塔が見える。1969年に完成した東ドイツ時代からのランドマークだ。右側には赤の市庁舎が見える。

P1020809

赤の市庁舎である。東ベルリンの市庁舎であったが、現在はベルリンの市庁舎となっている。赤い煉瓦造りからその名があるが、赤ではないと思う。。。普通に煉瓦色では?

P1020808

ニコライ教会である。1230年に建てられた市内最古の教会ということだ。

P1020813

いよいよムッター・ホッペにやってきた。

なかなか粋な雰囲気の店だ。どきどきしていると、やたら愛想のいいおっちゃん、多分店長が注文を聞いてくれた。適当に注文する。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

P1020810

まずはポテトスープである。

さて、どんな味かなあ・・・?

びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

これは非常に美味い。いきなりの満塁ホームランにJINともども、びっくらこんである。

どう美味いかは、JINがそのうち紹介するのでは・・・?

そうこうしていると、あれがきた。

P1020811

やっぱこれがないと!ドイツといったら、Beer!

なかなか飲みやすかった。

P1090796

P1020812

私が頼んだソーセージがきた。美味い!付け合せのざわわ・・・ざわざわ・・・ザワークラウトもなかなか乙な味だ。ザワークラウトとは酸っぱいキャベツである。私は全然知らん単語だったが、自称料理研究家のJINはすらすらと語っていた。

P1090797

こちらはJINが頼んだアイスバインである。塩漬け豚の煮込みである。なかなか美味そうなので、ちょいともらった。・・・美味ひ!

P1090799

JINが思い出したように頼んだカルトッフェルクネーデルである。ま、芋団子である。ドイツではなかなか有名なものらしい。ちょいと食ってみた。・・・、なかなかあっさりしていける!

・・・重い

味はあっさりだが、かなりのボリュームだ。ドイツに行って注文する人はご注意を・・・!見かけは子供、中身は大人状態だ。

事実上のディナーを終えた。今回は初日から、大当たりの食事にありつけた。ロンドンはひどかったし、ローマは意外とだったので、幸先のいい旅だ。

そろそろ駅に向かうとする。

P1090807

雪だるまをつくっていた。頭、胴体、足・・・、キモイなあ。。。芋虫みたい。

P1090814

オーパーンパレーというカフェに来てみた。

P1090813

P1090810

P1090811

P1090812

時間的にお茶をする時間はない。折角だからテイクアウトする。今夜の列車で夕食にしよう・・・

P1090816

P1090817

P1090818

P1090819

ベルリン中央駅まで帰ってきた。

P1090821

列車の手配はJINが国内でしてきたが、念のために窓口で確認する。うん、OK!

P1090822

さらば、ベルリン!私的には、駅の売店に日本の漫画(ドイツ語版)が売っていたので、興奮しまくりだ。日本の漫画は、東アジアでは普通に見かけるが、ヨーロッパで見たのは初めてぞい!

P1090825

P1090827

P1090829

いよいよ列車が入ってきた。

P1090831

じゃじゃじゃ~入りますよ~

P1090832

座席は指定席を予約してある。しばらく彷徨い歩く。

あっ!名前発見!

P1090834

う~ん、快適、快適。

やがて、列車が動き出した。さらば、ベルリン!本当に素晴らしかった。

ちなみに、この素晴らしさの基準は飯と漫画である。

しばらくして、ケーキを食うことにした。

P1020815

私の分

・・・甘い!相当甘い!

なんじゃ?このダダ甘いのは!?

失敗ですわ~

P1020814

JINの分。ちょいと味見をば・・・

・・・美味いやん

酸味が利いて、なかなか美味かった。JINだけずっこいわ!

飯も食い、プラハの研究もして、列車の旅を有意義に過ごす。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

快適だったのは、ここまでだった。

途中、変なやつが入ってきた。

見るなりに汚らしい格好・・・

なんかしゃべりかけてきた。

変な奴:どこまで行く?

JIN:プラハまで・・・

変な奴:プラハ!オデはオースチまでや!

(・・・?オースチ?そんな駅あったっけ?)

↑後でよくよく調べたら、Usti nad Labemウースチ・ナド・ラベムだった。以降、この変な奴のことをオースチという。

オースチ:Beerはないのか?水は?

JIN:No!

(どうやらこいつはものもらいのようだ。JIN曰く、さっき食堂車を探検したときに、食堂車から出てくる人々に声を掛け捲って煙たがられていたようだ。)

ここから暫く、何か貰おうとするオースチと拒否するJINの攻防が続く。私はどうしたものかねぇと黙っていた。なんかあったら、反撃するしかないかなぁ。。。でも、刃物とか持ってたら怖いしなあ。。。

オースチはやがて、いらいらしだす。おお!貧乏ゆすりが激しいぞう!

ついに、オースチが水に手を伸ばそうとする。JINが蝿叩きで迎撃!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

やっと、ウースチに着いた。

JIN:ウースチやで。あんた、ここで降りるんやろ?

オースチ:NO!

JINがとうとう、他の部屋の座席に移動しようと提案した。もちろん同意である。

あばよ!と席を立つ。ついてくるかと思ったが、オースチはなんとも不細工な面を見せ、いじけていた。

そこからは、なんとか別室に入れたが、オースチがやってこないか冷や冷やものであった。

おかげで、列車で仮眠を取ろうとしたのに、一睡も出来なかった。

やっと、プラハに着いた。

P1020817

P1020816

オースチはどうしたのかなあ?

多分、無賃乗車と思われるので、どこかに隠れたかもしれない。これも、改札がないせいだな。怖すぎるぜ!ヨーロッパの鉄道。。。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

P1020818

プラハ駅はアール・ヌーヴォー様式で、なかなか粋な造りをしている。

P1020819

P1020820

さて、チェコはEUに加盟しているものの、まだ貨幣統合されていないので、ユーロではなく、チョココルネチェココルナという通貨である。両替しなくてはならないが、駅の銀行は既に閉まっていた。やたら怪しい親父が「両替?」と聞いてくるが、あまりに怪しいので、無視する。仕方ないので、明日の朝に両替するか・・・

P1020821

プラハの駅前は深夜もあり、人通りが少なかった。オースチショックの影響で、かなりびびりまくりである。今夜の宿は駅前なのが救いだ。

やがて、無事宿に着いた。

宿は987というデザインに凝ったホテルだ。入った瞬間、ホテルかどうか疑う造りだった。鍵を受け取り、エレベーターへ。デザインがあまりに斬新過ぎる。なんとなく神戸の市民病院のエレベーターを思い出した。

部屋に着いた。

P1090853

部屋も斬新なデザインだ。JINはTV画面にWelcom!JIN(本当は本名よん)と映し出されていたのを見て、テンションが上がった。

やれやれ、これで一安心だ。オースチ撃退で獅子奮迅の活躍をしたJINであるが、内心は刃物持ってたらどうしようとビビッていたらしい。全然、そんなふうに見えんかったけどなあ。。。

私もびびって、ちびりそうだったが、いざというときは、関節をどう極めようかとか考えていた一面もある。ま、なんもなくて本当によかったですわ。。。

プラハの夜は更けていく。

より以前の記事一覧