フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京小散策Ⅱ(その1:鈴ヶ森刑場遺跡) | トップページ | 東京小散策Ⅱ(その3:上野公園散策) »

2017年2月25日 (土)

東京小散策Ⅱ(その2:しながわ水族館)

鈴ヶ森の見学ののち、しながわ水族館へ徒歩で向かった。

しながわ水族館は約20年前に行ったことがある。それ以来だ。

Img_0899

こんなだったかなあ?と思いながら入った。

Img_0900

Img_0902

まずは東京湾、それも品川の海を再現している。

しょぼいと思われる方もおられるだろうが、私はこういう地元に根ざしたコンセプト、好きだ。これは20年前と全く同じ考えだったのを思い出した。

Img_0903

スズキだね。

Img_0905

こちらはマイワシの大群。

Img_0906

こちらは魚の群れがテーマなようだ。

Img_0910

トンネル水槽。

Img_0911

ウミガメときれいな魚たち。

Img_0912

そして、ターポンではないか?

イセゴイというやつだね。魚は毒がある以外はたいがい食べる日本人だが、このイセゴイだけはとても不味くて食べられないという評価を得ている、ある意味アルティメットレアな魚だ。私は食べたことないが、鉛のような味がするらしい。逆に食べてみたいわ!

Img_0913

きれいな熱帯魚。南の海に行きたいなぁ。。。

Img_0914

私の憧れ、アマゾンの巨大魚コーナー。手前のコロソマ君がいかす。

Img_0916

シルバーアロワナとピラルクが織り成す、魅惑の世界。

Img_0917

オウムガイ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

オウムガイもじっくり見ると、なかなか乙なものですなあ。。。

Img_0918

タツノオトシゴの幼魚。

Img_0919

あ!リーフフィッシュ!

淡水の熱帯魚では古くから知られているが、最近あまり見なくなったよう気がする。

地味だけど、なかなか渋い魚だ。

Img_0920

デンキウナギではないか!そこに痺れるぅ憧れるぅぅぅぅぅっ!!

Img_0922

オニダルマオコゼ。こう見えて猛毒!ヤバイ!相当ヤバイ!

Img_0925

イルカの水槽はいつも思うけど、濁っている。あれかな?プールの中で小便しちゃう系かな?

Img_0926

ミツクリザメの剥製!英名は確かゴブリンシャークだったか?かっくいい!

Img_0928

シロワニだ。かっちょええ!

Img_0934

外にはアザラシ館もある。

Img_0937

最後にムサシトミヨ。

この地味な魚をキャメラに収めようと、必死になっとる、おっさんの姿は子供連れのお母様方には異様に映ったことであろう。

いや、とっても珍しい魚なんよ?

環境省のレッドリストでは絶滅危惧IA類やし

こんな感じで20年ぶりのしながわ水族館を堪能した。

« 東京小散策Ⅱ(その1:鈴ヶ森刑場遺跡) | トップページ | 東京小散策Ⅱ(その3:上野公園散策) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京小散策Ⅱ(その1:鈴ヶ森刑場遺跡) | トップページ | 東京小散策Ⅱ(その3:上野公園散策) »