フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京小散策(その6:哲学堂公園Ⅲ) | トップページ | 東京小散策Ⅱ(その2:しながわ水族館) »

2017年2月19日 (日)

東京小散策Ⅱ(その1:鈴ヶ森刑場遺跡)

平成27年5月22~23日。東京でマグリット展があったので、見に来たのだが、その際、東京を散策したので、ここに記す。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

1980年代、私が小学校を謳歌していた頃、心霊現象ブームがあった。当然、子供向け心霊スポット特集のようなものがあって、必ずといっていいほど登場していたのが、ここである。

Img_0886

鈴ヶ森刑場遺跡である。江戸時代の1651年から明治4年(1871年)まで使用された処刑場の跡である。

東京の大森海岸駅から少し歩くと存在するのだが、それにしても小さい。噂で小さいというのは聞いていたが、予想を上回る小規模である。開設当初はもう少し大きかったようだが・・・

そして、そこにはおどろおどろしさの欠片もない。一見普通の公園である。

Img_0887

しかし、墓標や石碑、お地蔵様が並んでいるのをみると、公園ではないことが分かる。

Img_0888

Img_0889

首洗いの井があった。

Img_0890

斬首した首をここで洗ったのでしょうな。。。

Img_0891

現在は隣接する大経寺の境内となっている。

Img_0892

鯉塚?何かちょっと意表を突かれた。

Img_0893

奥のほうには、磔台の跡と火炙台の跡がある。

Img_0895

こちらの石の上に磔が設置された。

Img_0894

ここ鈴ヶ森の最初の処刑者は丸橋忠弥といわれている。彼は寝込みを襲われ、その際、死んだが、その後、改めて磔にされたのだとか・・・

Img_0897

こちらの石の上で火炙りされた。有名どころでは八百屋お七だ。

Img_0896

Img_0898

こちらは大経寺である。

よくよく観察すると、恐ろしいが、かつてここで処刑がされていたのだとは創造できないくらい普通の場所であった。

それにしても、こんな普通のところを心霊スポットに仕立てるとは・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

« 東京小散策(その6:哲学堂公園Ⅲ) | トップページ | 東京小散策Ⅱ(その2:しながわ水族館) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京小散策(その6:哲学堂公園Ⅲ) | トップページ | 東京小散策Ⅱ(その2:しながわ水族館) »