フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京小散策Ⅱ(その2:しながわ水族館) | トップページ

2017年2月26日 (日)

東京小散策Ⅱ(その3:上野公園散策)

翌日、東京に単身赴任中のJIN氏とともに、新美術館で開催中のマグリット展にいって、シュルレアリスムを堪能した。

帰りの飛行機まで時間があるので、上野で鳥獣戯画展でも見ようと、上野に行ったものの、予想外の長蛇の列で断念した。鳥獣戯画って、こんな人気あったの?何回もみたことあるけど・・・

仕方ないので、折角だから上野公園をぶらぶらしてみた。

Img_0939

まずは上野東照宮である。

Img_0940

藤堂高虎が天海僧正と、徳川家康公を弔うために建てた神社である。

Img_0941

諸大名から奉納された石灯籠が並ぶ参道を歩く。

Img_0942

外国人観光客からも人気でちらほら見かける。

Img_0943

途中には神楽殿。

Img_0945

突き当りが唐門になる。この向こうに社殿があるのだが、門扉が閉ざされているので、見ることが出来ない。

それにしてもきらびやかな門だ。社殿とともに国の重要文化財に指定されている。

Img_0946

Img_0947

何気に灯篭が立派だ。

Img_0948

東照宮を出て、歩いていると、五重塔が見えた。

寛永寺の塔であったが、現在の上野動物園内に位置しているため、都に寄付したという経緯を持つ。

Img_0950

こちらは東照宮のお化灯篭。

熱田神宮、南禅寺の灯篭と並ぶ、日本三大石灯籠の一つだとか・・・

出たよ、三大が・・・

Img_0951

ん?何か丘になっている。

Img_0952

あ、パゴダ!

Img_0956

あぁーーーーー!!!!!

上野大仏や!ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

何回も上野に来てるのに、私、初めて見ました!

珍寺マニアにはとっても有名すぎるのに、恥ずかしい限りであります。

度重なる災害と戦争時の供出により顔面しか残らなかった悲運の大仏様である。

これ以上落ちないという理由で合格祈願に訪れる学生が多いとか。。。

今更ながら、大興奮である。

Img_0954

こっちはパゴダ。

Img_0955

ふと見ると、神輿が担がれていた。

しかし、外国人ばっかやな。まあ、折角だから日本の文化を楽しんでくださいと思うのであった。

今回の東京散策はこれにておしまい。

« 東京小散策Ⅱ(その2:しながわ水族館) | トップページ

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京小散策Ⅱ(その2:しながわ水族館) | トップページ