フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京小散策(その4:哲学堂公園Ⅰ) | トップページ | 東京小散策(その6:哲学堂公園Ⅲ) »

2016年11月16日 (水)

東京小散策(その5:哲学堂公園Ⅱ)

しばらく歩くと、池が見えてきた。

Img_0806

Img_0808

Img_0809

この辺りは、普通の公園っぽい

Img_0810

主観亭

「心の世界の休憩所を意味し、唯物園の客観・・・・・・、この小亭で休み、心の世界の風光を観察してもらう・・・」

まあ、言うてみれば、休憩所や、言うてみれば・・・

Img_0812

また池が見えてきた。心字池というらしい。

この池を含むエリアは唯心庭という。

唯心論を表しているらしいがさっぱり分からない。

Img_0814

この橋は、概念橋。

Img_0817

鬼灯。

Img_0818

先天泉。

時によって心の深いところから高妙尊厳の消息を感じることを倫理学で先天の命令という。この泉の水が心の池に流れるころは先天の命令が心に伝わってくるらしい。

ごめん・・・全然分からん。

Img_0821

独断峡。こんなどうでもいい通路にも名前が・・・。

Img_0822

まだ奥にもあるはずだが、生憎工事中で入れなかった。

このように、そこかしこの薮やら垣根やら、池やらに名前と哲学的な意味がこめられており、その数77個だ。七十七箇所巡りというらしいが、今回は工事中のため全部回ることができなかった。

本当に訳が分からなくて、熱がでてきそうな公園であった。

・・・実はまだ続く。。。

« 東京小散策(その4:哲学堂公園Ⅰ) | トップページ | 東京小散策(その6:哲学堂公園Ⅲ) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京小散策(その4:哲学堂公園Ⅰ) | トップページ | 東京小散策(その6:哲学堂公園Ⅲ) »