フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京小散策(その3:明治大学博物館) | トップページ | 東京小散策(その5:哲学堂公園Ⅱ) »

2016年11月13日 (日)

東京小散策(その4:哲学堂公園Ⅰ)

哲学堂公園は井上円了によって整備された公園である。

井上円了

明治から大正にかけて活躍した哲学者。東洋大学の創立者でもある。

迷信を打破するため、妖怪について研究したことでも有名である。

そんな井上円了の哲学の世界観がこの哲学堂公園には反映されているに違いない!

Img_0760

公園の入り口、哲学関。

この先から「哲学上宇宙の真理を味わい、かつ人生の妙趣を楽しむところ」だそうで、全然意味が分からない。

Img_0761

やがて門が見えてくる。

Img_0762

哲理門という。

Img_0763

幽霊?

Img_0764

ん?

Img_0765

怖っ!

まさかの幽霊の像が・・・

Img_0769

こっちは天狗?

Img_0768

薄暗いが天狗様がおられる。

物質世界と精神世界の根底には、「理外の理」という不思議なことがあり、天狗で物質世界の不思議を、幽霊で精神世界の不思議を表しているそうだ。

・・・全然分からん。

Img_0770

門をくぐり、しばらく歩くと、時空岡という広場に出る。

Img_0795_2

まずは良く目立っている塔から。

六賢台という。聖徳太子、菅原道真、荘子、朱子、龍樹、迦毘羅(カピラ)の六賢者を祀っているそうだ。

Img_0772

哲学堂で最初に建てられ、中心となる建物の四聖堂である。

四面が正面という変てこな建物だ。孔子、釈迦、ソクラテス、カントを祀っている。

Img_0774

こちらは宇宙館という壮大な名前がつけられた建物だ。哲学が宇宙の真理を探究する学問だからだそうだが、・・・ん?そうなの?

講習会などを行う建物だそうだ。

Img_0776

こちらは絶對城という図書館だ。哲学上、対立するものがなければ絶対となる。万物の書物を読めば、絶対の境地に達する・・・。全然分からん!

Img_0778

そんな哲学的問答より、わしゃこっちの小僧のほうが気になるわい。

Img_0780

理想橋。

理想の彼岸に達する橋らしい。渡ってみた。う~ん、理想の彼岸に達した気がする。

Img_0782

こちらは・・・

Img_0784

こちらの三角は三学亭。

Img_0785

日本の神道、儒教、仏教のそれぞれの大家、平田篤胤、林羅山、凝然を祀っているそうだ。

Img_0786

硯塚。

Img_0788

ん?倉庫があるぞ?

Img_0789

無尽蔵?やけに大層な名前がついている。

井上円了外遊の折の記念物を陳列しているそうだ。

Img_0791

意味深な建物群がある。

Img_0792

手前の庭?は百科叢という。

Img_0794

鬼神窟。

ここまで来れば、既に来館者の精神は俗界を離れ霊的なものになっているそうだ!

お前は既に・・・的な?

Img_0797

こちらの門は常識門という。哲理門の脇にひっそりとある。哲理門に対して、普通の門という意味だそうだ(゚ー゚)

Img_0800

この垣根にも名前がある。一元牆(いちげんしょう)という。「世間の多元的な見解」と「哲学の一元的な見解」を区分する境界だそうだ。

Img_0802

髑髏庵。かつての休憩所。

世間の俗塵にまみれた心をここで消滅(死)させるためのところだそうだ。死の象徴として髑髏らしい。

Img_0803

髑髏庵から鬼神窟までは復活廊でつながっている。死んだ心を復活させ、哲学的心眼を開くらしい。

Img_0804

Img_0805

なんだか知恵熱がでそうな公園であるが、まだまだ続く。

« 東京小散策(その3:明治大学博物館) | トップページ | 東京小散策(その5:哲学堂公園Ⅱ) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京小散策(その3:明治大学博物館) | トップページ | 東京小散策(その5:哲学堂公園Ⅱ) »