フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 山口市散策(その4:菜香亭) | トップページ | 別府湯巡りⅤ »

2016年10月23日 (日)

山口市散策(その5:龍福寺、山口サビエル記念聖堂)

大内氏館跡に建つ龍福寺にやってきた。

Img_0697

Img_0698

もともとは別のところにあった龍福寺であったが、陶晴賢が主君大内義隆に対して起こした謀反、大寧寺の変で焼失してしまった。その後、毛利隆元により、現在の場所に建てられたのだ。

Img_0699

さて、龍福寺であるが、山号は瑞雲山、曹洞宗のお寺で、本尊は釈迦如来である。

Img_0700

大内義隆の供養塔

Img_0701

こちらの本堂は室町時代に建てられたもので、重要文化財である。

Img_0702

こちらは資料館

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いて、訪れたのは、山口サビエル記念聖堂である。

Img_0703

なんとも前衛的な教会である。

かの有名なフランシスコ・ザビエル来日400周年を記念して1952年に建てられたが、1991年に焼失。1998年に現在の建物が再建された。

なお、この教会の名は、ザビエルではなく、サビエルである。濁らないそうだ。

内部は撮影禁止である。

中も斬新な感じである。

2階は聖堂である。メタリックなぼてっとした十字架吊り下げられている以外は、特に凝ったインテリアもなく、どこか無機質な印象すら受ける。しかし、単純に祈りということに特化しているのであれば、余計なものはいらないということなのだろうか?

1階は資料館となっており、キリスト教やザビエルについて学べるようになっている。

こうして、今回の山口の散策は終わりである。空いた時間に行った割りには、充実した時間を過ごせた。

« 山口市散策(その4:菜香亭) | トップページ | 別府湯巡りⅤ »

山口県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。