フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 山口市散策(その3:常栄寺) | トップページ | 山口市散策(その5:龍福寺、山口サビエル記念聖堂) »

2016年10月21日 (金)

山口市散策(その4:菜香亭)

菜香亭は明治10年ごろから平成8年まで営業していた料亭「菜香亭」を移築した施設である。

Img_0685

ここ自体が歴史的建造物というだけでなく、明治維新からの歴代の政治家が訪れており、書を残おり、歴史ファン垂涎の施設である。

Img_0695

入ると、すぐにある大広間には、著名人の扁額が数多く展示されている。

Img_0694

たとえば、伊藤博文である。神戸出身の私としては、初代兵庫県知事も勤めた伊藤博文は尊敬する人であり、感慨深いものがある。

他にも、木戸孝允、井上馨、三条実美、後藤象二郎、山県有朋、寺内正毅、田中義一、松岡洋右、岸信介、佐藤栄作、田中角栄、竹下登、安倍晋三といったビッグネームの扁額が展示されている。

そもそも「菜香亭」という名前は、井上馨が命名したものだそうだ。

Img_0696

こちらは食器などが展示されている。

Img_0687

Img_0689

こちらの北客間は佐藤栄作がよく使っていたそうだ。

Img_0690

後藤象二郎の額

Img_0691

2階から中庭と大広間が見える。

Img_0692

中庭。

ところで、大広間で扁額をしげしげと眺めていると、施設の係員が説明してくれた。

伊藤博文は好きだが、井上馨は好かんというと苦笑いしていた。

そして、松岡洋右に大いに反応すると、ちょっとびっくりされた。松岡洋右といえば、国際連盟脱退で、私の中ではかなり有名なのだ( ̄ー ̄)ニヤリ

近代から現代史に興味のある人は、結構テンションがあがる施設だと思われる。

さて、もう少し散策してみようか・・・

« 山口市散策(その3:常栄寺) | トップページ | 山口市散策(その5:龍福寺、山口サビエル記念聖堂) »

山口県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口市散策(その3:常栄寺) | トップページ | 山口市散策(その5:龍福寺、山口サビエル記念聖堂) »