フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 石見銀山・出雲の旅(その12:出雲大社Ⅰ) | トップページ | 石見銀山・出雲の旅(その14:韓竈神社Ⅰ) »

2016年9月11日 (日)

石見銀山・出雲の旅(その13:出雲大社Ⅱ)

拝殿までやってきた。

Dscf2210

元々は室町時代に尼子経久が建立したものだったが、1953年に焼失し、1959年に再建された。

Dscf2212

拝殿の後ろに、本殿があるが、八足門がでかいので、隠れて見えない。

Dscf2214

早速参拝する。二拝二拍手一拝ではなく、三拝四拍手一拝で行う。

Dscf2213

八足門から中をのぞくと、もう一つ門がある。本殿はその向こうである。

Dscf2215

周囲を一周することにした。

Dscf2216

摂社末社が点在する。

Dscf2217

本殿の西側に何やら参拝客が集まっていた。何かというと、実は出雲大社の神座は西側を向いているのだ。つまり、本殿の正面だと、大国主命の側面を参拝していることになるのだ。こちらから拝めば、対面することになる。

こういう構造は結構珍しいらしい。

Dscf2218

Dscf2219

本殿を後ろから。

Dscf2221

ここからが一番よく見えそうだ。

本殿は大社造と呼ばれる建築様式で、国宝である。

伊勢神宮を代表とする神明造が平入であるのに対し、大社造は妻入である。

Dscf2222

Dscf2223

Dscf2224

本殿の西側にもう一つエリアがある。

Dscf2225_3

神楽殿である。

注連縄でかっ!

さて、出雲大社も無事参拝したし、そろそろ飯食うか・・・

« 石見銀山・出雲の旅(その12:出雲大社Ⅰ) | トップページ | 石見銀山・出雲の旅(その14:韓竈神社Ⅰ) »

島根県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石見銀山・出雲の旅(その12:出雲大社Ⅰ) | トップページ | 石見銀山・出雲の旅(その14:韓竈神社Ⅰ) »