フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 大牧温泉慰安旅行Ⅰ | トップページ | 橿原神宮 »

2016年9月22日 (木)

大牧温泉慰安旅行Ⅱ

やがて船が動き出した。

しばらくは船室で大人しくいたが、やはり外で景色を見たい。

Dscf2316

ということで屋上の展望に出てみた。寒いが絶景なので、さほど気にならない。

Dscf2317

やはり雪とは縁のないところで生まれ育った身。積雪というだけでテンションが上がってしまう。

Dscf2318

Dscf2319

お!滝や!

Dscf2320

Dscf2324

Dscf2325

あれ?なんか見えてきた。

Dscf2327

一瞬、もう旅館に着いたかと思ったが、発電所のようだ。

Dscf2328

水面に雪の塊が浮いている。温暖な気候で育った私には信じられない光景だ。

Dscf2329

およ?また何か見えてきた。今度こそ、旅館の船着場のようだ。所要時間30分のクルーズ。

Dscf2330

接岸

Dscf2332

ほな降りるで

Dscf2334

大牧温泉に着いた。

Dscf2336

船で一斉に客が押し寄せるので、ロビーはプチ混乱していた。

Dscf2337

ロビーにあった囲炉裏

やがて、部屋に案内された。

Dscf2338

やれやれ、とりあえずお茶でも飲んで一息つくかね

Dscf2339

窓の外はすぐに川になっており、一面雪景色である。

Dscf2341

絶景に心奪われるが、やはり寒い。温泉に行こう。

まだ暗くなる前に露天風呂に行くことにした。

露天に行くには、下駄に履き替え、外を歩く必要があるが、雪が解けてきているせいで、道はぐちゅぐちゅだった。浴衣の裾を捲し上げて、いざ露天へ!

浴衣を脱ぎ、温泉に入るまでがもの凄く寒い。入った直後は熱いが、やがて極楽へ変わる。こうなると、出るのがつらくなるものだ。

風呂では男4人組で社会情勢のことなどを語り合った・・・?

さて、風呂から上がると、飯である。

Dscf2344

うまそげである。

Dscf2345

Dscf2346

Dscf2347

Dscf2349

Dscf2350

Dscf2351

Dscf2352

写真の腕前が悪いのでどうかと思うが、実際は美味であった。

飯から帰ると、風呂と部屋飲みをし、だらだらと過ごすうちに漢(おとこ)は眠るのであった。

翌朝、朝風呂と朝飯を終え、だらだらと過ごした。やがて、船の時間となったので、チェックアウトする。

Dscf2359

Dscf2362

あ、船が来た。

船に乗り込む。船は動き出すと、方向転換のため、いったん旅館の前まで移動した。

Dscf2369

川側からみると、こうなっていたのか・・・

Dscf2371

さらばです!ヽ(´▽`)/

なかなか心躍る旅館であった。

ここから氷見まで行き、ブリを食べた。

Dscf2373

Dscf2374

ちょっと気安く買えない値段で売られていた丸太のような氷見鰤ではないであろうが、それでも充分美味かった。

今回の慰安旅行はこれにて終了である。次回はどこであろうか?

« 大牧温泉慰安旅行Ⅰ | トップページ | 橿原神宮 »

富山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大牧温泉慰安旅行Ⅰ | トップページ | 橿原神宮 »