フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月17日 (日)

石見銀山・出雲の旅(その11:はたご小田温泉)

石見銀山世界遺産センターの駐車場から車を出雲方面へ走らす。途中、道の駅で寄り道などをして、宿に着いた頃には、薄暗くなっていた。

Dscf2184

はたご小田温泉という宿である。早速、宿に向かい、予約のものと伝えると、心地よく迎えてくれた。

Dscf2185

部屋に通され、定番の女将の館内説明が行われ、浴衣のサイズの確認が行われた。

女将が押入れを空けて、浴衣を確認・・・

「およよ!?」

どうやら、サイズがなかったらしい。

女将はすぐに持ってくると、部屋を出て行った。

うっちょを見ると、必死に笑いをこらえている。

うっちょ:「リアルでおよよ!とか言ってる人、初めて見た!」

・・・確かに三枝(現文枝)以外に聞いたことないような・・・?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

とりあえず、ひとっ風呂浴びようぜ!

浴場は少しこぶりであるが、落ち着いた雰囲気である。

我々の前に爺さんが一人入っていた。

そして、

「ぬるい!兄ちゃんら、お湯ぬるいよ。もう少し熱くして欲しいよな!」

と捨て台詞を吐いていった。

私らの意見は、爺の完全否定であった。

このぐらいの温度のほうが、ゆっくり浸かれていいと思うのだ。

泉質はメタケイ酸泉とのこと。無色、無味、無臭だが、柔らかい、いかにも肌に良さそうなお湯であった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、飯や!

Dscf2187

Dscf2188

Dscf2189

Dscf2191

Dscf2192

Dscf2193

美味し!

部屋に戻り、もう一度温泉に行ったり、部屋飲みなどをしていると、やがて、朝も早かったせいか、疲れて熟睡した。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

二日目。

当然、朝風呂に行って、さっぱりしたあとは、

Dscf2195

ご飯をしっかりと食べた。

今日は、このあと、出雲大社に行く予定である。

はたご小田温泉、なかなか雰囲気がよく、いい旅館であった。

さて、例の女将に見送られ、いざ出雲大社へ!

2016年7月16日 (土)

石見銀山・出雲の旅(その10:龍源寺間歩)

間歩(まぶ)とは、石見銀山のおいて明治以前に使用されていた言葉であり、坑道のことを指す。

石見銀山には600を超える間歩があるそうだ。ここ龍源寺間歩は、大久保間歩に次ぐ大坑道で、600mもあるそうだ。そのうち約4分の1にあたる157mのところまでが見学できるのだ。

Dscf2155_2

受付で入場料を払う。

Dscf2156

で、ここが間歩の入り口だ。

何だか、興奮してきたぞ!(0゜・∀・)ワクワクテカテカ

Dscf2162

中は照明がついているので、薄暗いが、暗くて危険というほどではない。

壁面はいかにも手彫りという感じである。

Dscf2163

天井が低いところもある。

Dscf2165

おや?球児はしゃがみこんで何を見ておるのかな?

Dscf2166

坑道の脇へ進む小さな坑道が所々ある。

ひおい坑といい、鉱脈を追って掘り進んだ跡である。

Dscf2167

Dscf2168

こちらは竪坑である。間歩に溜まった水を100m下へ排水したと言われている。

Dscf2169

ふむ。なるほど!φ(・ω・ )メモメモ

Dscf2170

Dscf2171

見学エリアの一番奥までやってきた。坑道内の地図を眺める。

Dscf2172

さらに奥は立ち入り禁止となっているのだ。

先ほどの地図を見ていたエリアから左手には、平成に掘られた観光用の抜け道である新坑道が続いている。

Dscf2173

こちらは高さも充分に確保されており、明るく、安全であり、まったく興奮する要素がない。

Dscf2175

石見銀山絵巻が電照板で展示されており、勉強になる。

Dscf2176

そして、出口。娑婆の空気が美味いぜ!

Dscf2177

こちらも何かの間歩なんでしょうね。

Dscf2178

出口のすぐ近くには、佐毘売山(さひめやま)神社がある。

崩れそうで、滑りそうな石段をダッシュで駆け上がると、

Dscf2179

立派な社殿があった。

Dscf2180

このあばら家は一体?

Dscf2182

遊歩道を出て、再び自転車を拾い、大森地区に帰った。帰りも電動アシストのおかげで楽々すいすいであった。

貸し自転車屋のオヤジに、ドヤ顔で楽やったやろ?と言われたのは、少し癪であったが。。。

大森バス停からバスに乗り、再び石見銀山世界遺産センターへ。

Dscf2183

ここでも、石見銀山の歴史などについて展示コーナーがあり、見学して、石見銀山の散策を終えた。

さて、次回はいよいよ宿である。

2016年7月12日 (火)

石見銀山・出雲の旅(その9:豊栄神社、清水谷精錬所跡)

電動アシスト自転車のおかげで、すいすい楽々である。負けた感があるけど・・・

銀山地区を颯爽と漕いでいると、豊栄神社に着いた。

Dscf2137

ずいぶん鬱蒼とした感じだ。

豊栄神社には毛利元就の神像が祀られていたそうだ。豊栄神社の前身は長春寺というお寺だったそうで、そこに元就公が自身の木像を安置したとされている。明治に入り、元就公に豊栄の神号が与えられたため、豊栄神社になったそうだ。

幕末の長州戦争の際、長州の隊士がここを訪れ、元就公の神像が祭られているのを知り、びっくりしたという話も残っている。

Dscf2140

楼門にあるはずの門神がいない?

Dscf2141

あ、いた!・・・顔ないよ?(゚0゚)

Dscf2142

傾いているし・・・

Dscf2143

門をくぐると、拝殿らしき廃墟が・・・

Dscf2144

もののあはれを感じる廃墟であった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

自転車を再び走らせる。少しわき道に入ると、清水谷精錬所跡がある。

Dscf2145

明治に入ると、石見銀山での採掘は地元の人が小規模に行うもののみになっていた。

そんな中、大阪の会社が銀山の再開発を目指して、巨額の資金をつぎ込み、近代的な精錬所を建設した。それが清水谷精錬所である。

しかし、予想以上の鉱石の品質の悪さに、断念し、わずか1年半で閉鎖となった。

Dscf2146

もう少し近付いてみよう。。。

Dscf2147

Dscf2148

精錬の知識がない私にはコロボックルの住処に見えてしまうが、やはりもののあはれを感じる。

芭蕉のあの句を思い出した。

夏草や 兵どもが 夢の跡

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

再び自転車で駆ける。

Dscf2149

Dscf2150

ひんやりして、キモティーーーッ!

Dscf2151

と思っていたら、自転車止められた。

この先に、今日のメインスポット、龍源寺間歩があるが、しばらく歩きだ。

Dscf2153

町年寄山組頭遺宅の高橋家である。山組頭は代官と銀山経営者である銀山師たちとの取次ぎをする役職で銀山師から選ばれた。町年寄は町の運営に携わる役職。うぉ!有力者やん!Σ( ゜Д゜)ハッ!

Dscf2154

やがて、龍源寺間歩の受付が見えてきた。

2016年7月10日 (日)

石見銀山・出雲の旅(その8:石見銀山町並み地区散策Ⅱ)

熊谷家を出て、少し進むと、町並み地区の一番奥になる、石見銀山資料館がある。

Dscf2134

立派な門である。

Dscf2135

代官所跡の石碑がある。

石見銀山資料館のある敷地は、江戸時代の代官所のあったところである。

Dscf2136

こちらの建物が資料館であるが、これは明治35年に建てられた役所の建物をそのまま使っている。

あいにく、展示物の写真撮影は禁止であった。

中には、銀や銀山に関する資料が展示してある。

5つの部屋で展示物がある。仙ノ山では銀の生産過程、採鉱から精錬までの作業や道具について勉強できる。釜屋間歩では銀鉱石をはじめ、黄銅鉱などの鉱石まで展示している。石見銀山で採鉱されたものだけでなく、全国の鉱山の鉱石も展示しているので、眺めているとなかなか面白い。銀銀杏は、土地の人の生活に関する資料、大久保間歩では江戸幕府の銀山支配に関する資料を展示しており、もう一つの部屋、山吹山では企画展示をしている。このとき何を展示していたか、すっかり忘れたので、スルー( ̄▽ ̄)

あまり鉱山のことを知らない私にとっては、とにかくへぇ~と感心する資料の数々であった。

資料館を出て、再び大森バス停方面を歩く。

大森バス停付近に貸し自転車屋があったので、借りることにした。ここからはいよいよ石見銀山のクライマックス、銀山地区の見学になる。

自転車は普通のものと電動アシスト自転車があった。私は当初、普通のもので行こうと思ったが、店のオヤジが電動のほうが絶対にいいというので、折れた。電動って、なんか負けた感があって、抵抗があったのだ。

借りて乗ってみる。しばらくは平地であったが、やがて坂道になり、電動の偉大さを思い知るのであった。

2016年7月 8日 (金)

石見銀山・出雲の旅(その7:熊谷家住宅Ⅲ)

東道具蔵は、1階が酒造展示、2階が飲食具展示になっている。

Dscf2118_2

何やら相談事をする怪しい二人・・・

今夜のおかずについて語っているのだろうか?

Dscf2119

瓶燗機という機械だそうだ。酒を瓶詰めする前に、ここで60℃に加熱し、滅菌する。低温殺菌というやつか・・・

Dscf2120

ここから2階へ。

Dscf2121

食器が展示されていた。

Dscf2122

昭和初め頃、子供が金比羅さんで花見をするというイベントがあり、そのときの花見弁当を再現したものだ。卵焼き、鶏肉の炒り煮、簾かまぼこ、焼き鮭、天ぷら、煮しめ、みかん・・・。当時の時代背景を考えれば、かなり豪勢な弁当では?

説明を読み進めると、後期には芸者さんを交えて・・・

・・・?子供が芸者さん呼んでるの?違うよねぇ!?

おそらく、大人が芸者を呼んで、ドンちゃん騒ぎしていたのだろうが、文がそうなってない!

Dscf2124

Dscf2127

ヒサ子さんの嫁入り道具!

大正11年に熊谷家に嫁いできたヒサ子さんの嫁入り道具だそうだ。

ヒサ子さん、明治36年生まれで平成17年没・・・。長生きやな!(゚▽゚*)

東道具蔵をでて、主屋の2階へ。

Dscf2128

Dscf2129

高そうやね。

Dscf2130

Dscf2131

Dscf2132

茶色の屋根が見える。

Dscf2133

さてと、そろそろ出ますか・・・

熊谷家住宅の見学を終えた。

2016年7月 5日 (火)

石見銀山・出雲の旅(その6:熊谷家住宅Ⅱ)

台所にやってきた。

Dscf2099

土間に竈が並んでおり、ちゃぶ台には・・・

Dscf2100

突撃隣の晩御飯(食品サンプル)が配膳されていた。

Dscf2101

すしざんまい!

Dscf2102

左はタイだろうけど、右はアマダイか?

Dscf2103

生活感が漂う。

Dscf2104

台所はこの辺で失礼して、再び家内を捜索する。

Dscf2105

中庭。

Dscf2106

居間の下には地下蔵があり、上から垣間見ることができる。結構深いので、少し怖い。

Dscf2107

居間の前には仏間と神棚がある。

Dscf2108

なんかガラス張りで入れんけど・・・

Dscf2109

小さな中庭。

Dscf2110

Dscf2111

この先は衣装蔵である。1階は歴史について、2階は衣服と寝具を展示している。

Dscf2112

あ!ケロリン!

私の実家の浴室にはケロリンの黄色い洗面器が常備されている。私が昔、買ったものだ。

Dscf2113

うん、実に歴史の勉強になった。

Dscf2114

ここから2階へ上がるらしい。

Dscf2115

Dscf2116

着物とかがある。着物のことはよく分からんが結構高いのではなかろうか?

Dscf2117

衣装蔵のあとは、東道具蔵の内部に潜入する。

次回へ続く。

2016年7月 1日 (金)

石見銀山・出雲の旅(その5:熊谷家住宅Ⅰ)

大森地区を練り歩く。

Dscf2074

旧大森区裁判所。明治の建物で国の重要文化財である。現在は町並み交流センターとして、無料で銀の話や町並みの展示をしている。

Dscf2075

妙に趣のある岩肌が見えてきた。

Dscf2076

この上には観世音寺というお寺があるらしいが、今回はスルー。

Dscf2077

こちらは青山家である。江戸時代の有力な商人の家である。

Dscf2079

そして、熊谷家住宅にやってきた。

Dscf2081

ちなみにこちらが玄関だが、受付は土間から。ここらへんは河島家と同じだ。

Dscf2082

中に入った。何だかもの凄く雰囲気のある家だ。

熊谷家の先祖は毛利家の家臣であったそうだ。江戸時代から銀山附役人を務めた。田儀家が熊谷家の名跡を継承した。その後は、鉱山業や酒造業を営むほか、様々な役目を担う豪商であったようだ。

それにしても、名跡を継承って・・・。元の熊谷家と関係ないのでは?

さて、熊谷家住宅は、1800の大火で焼失したあと、1801年に建築された。その後、増改築があり、現在のようになったのは、明治元年(1868年)だそうだ。

さて、ではじっくり中を見学して行こう。

Dscf2083

広い!

Dscf2087

勘定場。銀でも量るのかな?

Dscf2088

こういうところで偉そうに、苦しゅうないとか言ってみたい( ̄▽ ̄)

Dscf2089

板戸に孔雀の絵があった。

Dscf2090

一番奥まで行くと、北道具蔵がある。

Dscf2091

そのすぐ隣には小蔵。

Dscf2092

のりのりのHENTAIが二人。

Dscf2093

おやおや、うっちょさん、何をたそがれてオリハルコン

Dscf2094

道具蔵を別角度から。北道具蔵に寄り添うように小蔵が建っている。

Dscf2095

球児は何を見つめているの?

Dscf2096

脱衣場?

Dscf2097

風呂か・・・

Dscf2098

そして、台所にやってきたところで、次回へ続く。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »