フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« そうだ!川越へ行こう!(その6:川越氷川神社) | トップページ | 深川お散歩(その1:深川不動堂) »

2016年5月29日 (日)

そうだ!川越へ行こう!(その7:川越城本丸御殿)

川越城と聞いて思い出すもの・・・ 「河越夜戦」

川越城は、武蔵国が扇谷上杉氏と古河公方の争いの地であったため、上杉が築城したのが始まりだ。で、北条氏康がその名を轟かせた、先述の河越夜戦だ。北条氏は先の戦で川越城を占領していたが、奪還に燃える上杉は、山内上杉、古川公方と連合を組んで、城を包囲した。しかし、これを夜戦で撃退。扇谷上杉は滅亡、山内上杉は衰退の上、長尾影虎に家督を譲る。上杉謙信の出来上がりだ。戦国史の中でも、旧勢力が新勢力に駆逐された、重要な局面といえよう。ついつい話が脱線してしまったが、今回、見学した川越城は当時のものでは当然ない。もっと後の世の、さらに言うと再建である。

Img_0576

なかなか威厳がありますなあ。。。

1846年、二の丸御殿が焼失したことにより、本丸御殿を建立した。明治時代になると廃城令により大部分は解体、移築されたが、本丸御殿の玄関と広間が県庁舎として利用された。その後、煙草工場となったり、武道場となったり、紆余曲折あって、昭和42年に大規模な修理の上、現在のような公開施設となった。

早速、見学するか・・・

Img_0577

使者の間とある。

Img_0578

使番詰所がとなりにある。
Img_0579

Img_0580

展示室

Img_0581

Img_0583

?何だ、ありゃ?何か知らんが撮影していた。何かのレイヤーさんかな?

Img_0584

Img_0585

この先が家老詰所だ。

Img_0586

中庭

Img_0587

Img_0588

なんか秘密会談でもしてはるのかな?

Img_0589

もとのエリアに戻ってきた。

Img_0591

Img_0593

鎗の間

Img_0598

三十六畳広間。一番広い部屋だ。

Img_0597

駆け足だが、これで一周したことになる。

なかなか渋い造りであった。川越の旅はこれにて終了である。

次回はちょっと東京を散歩した話だ。

« そうだ!川越へ行こう!(その6:川越氷川神社) | トップページ | 深川お散歩(その1:深川不動堂) »

埼玉県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。