フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« そうだ!川越へ行こう!(その7:川越城本丸御殿) | トップページ | 深川お散歩(その2:富岡八幡宮) »

2016年5月30日 (月)

深川お散歩(その1:深川不動堂)

平成26年10月11日。川越探険の翌日である。

福岡に帰る前に東京は深川を少し散歩することにした。

Img_0600

深川不動堂にやってきた。

正式には成田山東京別院不動堂である。

初代市川團十郎以来が成田山の不動明王に祈願し、子を授かってから、市川家では成田屋と称するほど、成田山信仰が篤かった。また、成田山の不動尊を題材とした演目を発表したことから、庶民にも成田山ブームが到来する。

そうしたことから、本家成田山から、不動明王を深川の地に運び、公開したのが、このお寺の始まりだそうだ。

その後も江戸庶民の信仰は盛んであった。ついに、明治時代に成田山から不動明王の分霊が行われ、現在に至る。

Img_0601

一見本堂のように見える、正面の建物は旧本堂である。

Img_0603

もともとの本堂が東京大空襲で焼失したため、他所のお寺から移築したものだ。

Img_0602

で、左横にある、このカ○○神殿のような建物が新本堂である。

平成23年に出来たてホヤホヤである。中に入ると、なにやら読経をしていたので、休憩がてら座って、しばらく聞いた。

なかなかディープな雰囲気のあるお寺であった。

« そうだ!川越へ行こう!(その7:川越城本丸御殿) | トップページ | 深川お散歩(その2:富岡八幡宮) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そうだ!川越へ行こう!(その7:川越城本丸御殿) | トップページ | 深川お散歩(その2:富岡八幡宮) »