フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« Let'sgo!白川Go!(その7:白川郷Ⅳ) | トップページ | Let's go!白川Go!(その9:白川郷Ⅵ(明善寺郷土館)) »

2016年3月28日 (月)

Let's go!白川Go!(その8:白川郷Ⅴ(長瀬家))

白川郷最大級長瀬家は、何と5階建てである。

Dscf1928

Dscf1927

最大級、開館中である。

長瀬家は260年続く旧家だそうで、初代から三代目までが漢方医だったそうだ。三代目は何と加賀藩の藩医だったそうだ。

現在の建物は、5代目が建造した明治23年の建物である。

Dscf1929

では、入ろう。

Dsc_0772

まずは鉄板の囲炉裏。

Dscf1931

1階は生活の場である。

Dscf1933

レトロな掛け時計が渋い。

Dscf1932

囲炉裏にかける鉄瓶や茶釜が展示されていた。

Dscf1934

Dscf1935

500年前のものとされる仏壇。

Dscf1936

徳の高そうな爺さんの彫像。仙人か何か?

Dscf1937

上にあがりまっせ!

Dscf1938

中2階のような2階。使用人部屋だったらしい。ロフトに寝るみたいな感覚かしら?

Dscf1939

3階にあがってきた。

Dscf1940

Dscf1941

3階と4階は養蚕場である。ここ3階では、生活用具を展示中である。

Dscf1942

Dscf1943

これでもかと並べているので、少しごちゃごちゃしている。

Dscf1944

材木をねそで締め上げた構造がよく分かり、面白い。

Dscf1945

3階からの眺め。

Dscf1946

もういっちょ上がるで!

Dscf1947

4階である。農機具等を展示している。

Dscf1948

ちなみに5階は薬草の干し場だそうだが、上がれんかった。

腕を伸ばして、シャッターを切ったが、よく分からんかった。

Dscf1949

再び4階。

Dscf1950_2

Dscf1951

それにしても通路の板以外は下が見えてるので、怖いなあ。。。

Dscf1952

Dscf1953

4階からの眺め。

Dscf1955

さてと、降りますかね・・・

こうして、長瀬家の見学を終えた。

« Let'sgo!白川Go!(その7:白川郷Ⅳ) | トップページ | Let's go!白川Go!(その9:白川郷Ⅵ(明善寺郷土館)) »

岐阜県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。