フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« Let's go!白川Go!(その1:高岡大仏) | トップページ | Lets go!白川Go!(その3:城端~白川郷) »

2016年3月12日 (土)

Let's go!白川Go!(その2:瑞龍寺)

富山県唯一の国宝、瑞龍寺に行くことにした。

Dscf1796

おや?利長公、ここにおられたのですね・・・?

Dscf1800

瑞龍寺にやってきた。総門もさすが重要文化財という雰囲気を醸し出している。

JIN氏が何やらしげしげと見つめているので、何かと思い、近付いてみたところ、、、

Dsc_0657

伽藍を人体に見立てていた。山門って、あそこだったのね

Dsc_0658

総門をくぐると、あそ・・・、山門が見える。それにしても広大な境内だ。

Dscf1805

近付くと、さすが国宝!圧巻の迫力だ。仁王さんが見える?

Dscf1806

山号は高岡山である。

扁額を眺めながら、頭の中に

さ~き~好きさ~さ~き~好きさ~フルーツ、心に持ちましょう・・・

という謎の歌が流れていたのは、言うまい。

Dscf1807_2Dscf1808


下層には仁王さまがおられるが、上層は十六羅漢が鎮座しているそうだ。

Dscf1809

山門を抜けると、実に清清しい緑が広がっていた。地球に生まれてよかった~(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

正面は仏殿(国宝)である。

Dscf1810

右手にあるのは大庫裡(重要文化財)

Dscf1811

総門に戻り、回廊を左から中に入る。

Dsc_0663

中に入ると、烏瑟沙摩明王像が・・・

それにしてもおっさん・・・

Dscf1812

魚板や!

Dscf1813

ここは?

Dscf1814

なんかおった!

Dscf1815

回廊から外を眺める。向こうに見えるのは、法堂(国宝)だ。

さて、ここで簡単に瑞龍寺の説明を・・・

高岡山瑞龍寺は曹洞宗のお寺で、加賀藩主前田利長の菩提を弔うため利常によって建てられた。中国寺院に習って建てられたその建築様式は高く評価されており、山門、仏殿、国宝に、総門、禅堂、大庫裡、回廊、大茶堂が重要文化財に指定されているのだ。

説明終わり!

Dsc_0667

そうこうしていると法堂が近付いてきたネ

Dsc_0668

法堂側から逆に山門側を見てみたヨ

Dscf1818

法堂に行く前に、石廟への通路が示される。

いざ、行かん!

Dscf1819

ここには前田利長公らの石廟が並んでいるのだ。

Dscf1821

Dscf1822

どれどれ・・・(゚▽゚*)

Dscf1823

犬千代!!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ご存知、前田利家!利家といえば犬千代って感じだが、利長も利常も皆、犬千代なのだ~

ここはあえて槍の又左といっておこう。。。

Dscf1824

おろ?信長公?

調べたら、利長の正室って、信長の娘、永姫だそうだ。

Dscf1825

信長公の側室。永姫の母親という説あり。

Dscf1826

信忠は~ん!本能寺の変のとき、二条城であっさり自害したのは惜しすぎる!

逃げ延びれてば、歴史は大きく変わっていたかもしれまへんな。

Dscf1827


ほんで、本命の利長公と・・・

豪華なラインナップでした。戦国好きには堪らん!

Dscf1828

法堂にやってきた。

Dscf1829

Dscf1831

法堂には利長公の位牌が祀られている。

法堂の前の回廊を進むと、大茶堂がある。

Dscf1833

Dscf1834


Dscf1836

Dscf1837

仏殿の内部に潜入

Dscf1840

仏殿にはご本尊の釈迦三尊が祀られている。実に荘厳だ。

再び回廊に戻る。

Dscf1841


Dscf1842

なんかいい雰囲気の老夫婦がおられた。

Dscf1843

大庫裡の炊事場にやってきた。

ここでお坊さんが、参拝客に説明をしていたので、チラ聞きした|゚з゚)

色々見ていると、お坊さんが声をかけてきた。

簡単に言うと、

「お寺には癒しの効果がある。仕事でストレスや感じたときにお寺に来ると、気分がすっと楽になりませんか?」

みたいなことを言っていた。

ふむふむφ(・ω・ )メモメモ

と思い当たる節があるように聞きながら、心の中では、

「そうか?ワシ、お寺来たら、気分がうひょ~って感じになって、とても落ちつかんよ?ワシにとったら、お寺はワンダーランド!テーマパークやでぇ~(◎´∀`)ノ」

本当は、

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

こんな感じで走り回りたいのを我慢しているのだ!大人なので( ´・ω・`)

そのままお坊さんとJIN氏と私で話しながら、回廊を歩き、総門から外に出た。

まあ、見解の違いはあるが、大変参考になるご意見を聞いた。

いいお寺にいくと、気分がすっきりすんのは、ほんまやな!o(*^▽^*)o

« Let's go!白川Go!(その1:高岡大仏) | トップページ | Lets go!白川Go!(その3:城端~白川郷) »

富山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Let's go!白川Go!(その1:高岡大仏) | トップページ | Lets go!白川Go!(その3:城端~白川郷) »