フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 大分マリーンパレス水族館うみたまご | トップページ | Let's go!白川Go!(その1:高岡大仏) »

2015年11月30日 (月)

高崎山自然動物園

うみたまごの向かいの山は、高崎山という。お猿でとても有名な山である。

万寿寺別院の境内で山中のニホンザルを餌付けして、高崎山自然動物園として一般公開されている。

Img_0444

うみたまごから歩道橋で国道10号を横断すると、高崎山だ。

Img_0466

入場料を払い、入場する。

Img_0465

そういやこの間、ベンツとかいうボス猿が死亡認定受けたとかニュースで言ってたなあ。。。

高崎山にはB群とC群の2つの群れが存在する。ちなみにかつてはA群もあったが、C群との闘争に敗れ、消滅したようだ。で、ベンツはかつてB群のボスであった。しかし、権力争いに敗れ、C群に移籍し、一兵卒から何とボスにのし上がったのだ。史上唯一、異なる群れのボスになったボスなのである。高崎山の名誉ボスに認定されている。

ちなみにボス猿という表現、実はこの高崎山発祥の言葉である。高崎山は宮崎の幸島と並び、日本サル学発祥の地と言われており、学術的に意義深い山なのである。

余談であるが、今はボス猿ではなく、αオスというらしい。変な表現

Img_0446

すっかり猿山だが、いたるところに一応お寺という痕跡がある。

Img_0447

早速サル発見。

Img_0448

Img_0449

Img_0450

Img_0451

Img_0453

Img_0454

サルだらけの中、お堂やら石仏が点在する。

Img_0455

餌の時間や!パニック状態である。

Img_0456

Img_0457

芋を漁るサルたち。最早野生とは呼べぬ・・・

Img_0459

Img_0461

Img_0462

こいつ、何か可愛いな(*゚ー゚*)

Img_0463

サルを見てると、妙に人間っぽいところがあり、面白い。

でも、結構凶暴なので、触ろうとすると怒られる。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

普通に危険なので、くれぐれも触らないよう注意だ。

Img_0464

周りの芋フィーバーとは対照的に、梵鐘は静かに海をのぞみ、佇んでいた。

餌まき場に、本堂建設予定地と看板があり、気になって調べたのだが、

何と昭和29年に本堂建設のため、餌場の移転を申し入れたが、

協議の結果、餌場を継続し、売り上げの20%の損害賠償を得たそうだ。

それからずっと建設予定地なのか?∑q|゚Д゚|p

« 大分マリーンパレス水族館うみたまご | トップページ | Let's go!白川Go!(その1:高岡大仏) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大分マリーンパレス水族館うみたまご | トップページ | Let's go!白川Go!(その1:高岡大仏) »