フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熱田神宮 | トップページ | 別府湯巡りⅣ »

2015年11月 8日 (日)

千栗八幡宮

平成26年7月7日。

九州一の大河、筑後川。その下流は、福岡県と佐賀県の県境となっている。福岡県久留米市の対岸は佐賀県みやき町という具合だ。

千の栗と書いて”ちりく”と読む。千栗八幡宮はそんなみやき町に鎮座している。

Img_0364

駐車場に車を止めて、参拝することにした。

Img_0366

なかなかきつそうな石段だ。

Img_0367

最近、運動不足のせいか息が切れる。もうすぐ頂上だ。

Img_0368

到着

Img_0369

千栗八幡宮は、肥前国一宮、旧国幣小社の神社である。

何でも、昔、この地の郡司が、千根(ちこん)の栗の生えた地に祀るよう、八幡さんの神託を受けたそうだ。

?千根って何?千の根という意味でいいのかしら?(゚ー゚)

また、ちりくと読む理由としては、千の逆さまに植わった栗の実から、栗の木が一夜にして生い茂ったため、くりを逆さまにしてりくと読むようになったという言い伝えも・・・

なんか後付感が・・・

Img_0371

お粥堂?

お粥試の参拝者に見せるところだそうだ。

2月26日にお粥を炊き、神殿に納める。3月15日に取り出して、表面に生えたカビのハエ具合で今年の豊凶などを占うそうだ。

Img_0372

この上にお粥を乗せるのかしら?

Img_0373

Img_0375

境内にはいくつか摂社末社が点在している。

さて、ここの神社、肥前国一宮といい意外にも、ある理由でそこそこ有名だ。

それは・・・

Img_0365

石段の袂にこんな石碑がある・・・

そう、この石段はかつてのオリンピック金メダリスト古賀稔彦氏が少年時代にトレーニングしていたところなのである。

偉大な柔道家古賀稔彦。私が子供の頃にリアルタイムで見ていた選手だ。なんだか感慨深いものがある。

俺もここでトレーニングしようか!?と思ったが、暑いのでやめた

« 熱田神宮 | トップページ | 別府湯巡りⅣ »

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱田神宮 | トップページ | 別府湯巡りⅣ »