フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 別府湯巡りⅣ | トップページ | 高崎山自然動物園 »

2015年11月24日 (火)

大分マリーンパレス水族館うみたまご

前回の温泉巡りにてせっかく別府に来たので、お隣大分市のにある水族館「うみたまご」を訪れてみた。

Img_0386

正式には大分マリーンパレス水族館うみたまごという。かつてここには大分生態水族館マリーンパレスというレトロな水族館があった。2004年リニューアルされたのが現水族館だ。私は前の水族館にも一度訪れており、現在の水族館も今回2回目の訪問だ。私個人的には以前の水族館のほうが好みだったのだが・・・( ̄▽ ̄)

Img_0388

まずは川魚コーナーだ。

Img_0390

んー、何となく地味・・・(*゚ー゚*)

川魚は好きな人は好きなのだけれども・・・

琵琶湖博物館くらい気合入れると、見栄えもするかも・・・

Img_0391

これはギンユゴイとかいるので、潮溜まりの魚かな?

Img_0394

そして、一転。ド迫力の大型水槽!

Img_0392

エイやら

Img_0393

サメやらが舞い踊る。

大型水槽を過ぎると、小さな水槽が乱立する。

Img_0395

オビタイガーサラマンダー。かっこいいと水槽にかじり付くおっさん一人。

Img_0398

チンアナゴですな。子供の頃、これを初めて見たときはショッキングであったが、今では定番である。

Img_0399

ワラスボ。有明海に生息する怪魚だ。有明では食用だが、私は好きではない。刺身は身が独特の色なので、面白い。

Img_0401

マンボウだ。これでも小型で、大きなものは3mを超える。写真で見たことがあるが、心臓に悪い。なお、マンボウ水槽には激突死を防ぐため、ガラス面の前にビニルか何かの幕を張るのが普通である。

Img_0402

Img_0403

Img_0404

地味なミズクラゲもライトアップでビューティフル!

Img_0406

カタクチイワシの大群だじぇい!イリコで出汁とらなあきまへん!

Img_0407

2013年4月に滅多見られないレアキャラ(軟体動物)3種が立て続けて、大分県で採取されたそうだ。それがこれらのゾウクラゲ、サメハダホウズキイカ、タコブネだ。

おぉすげぇ~!!(゚ロ゚屮)屮

なんかよく分からんがすげぇ!タコブネしか知らんわ(笑)

Img_0409

ミノカサゴ。私が幼稚園の頃、遠足で須磨海浜水族館(旧)に行った。翌日、お絵かきで水族館の魚を課題に出され、私はこの複雑な魚を描いたらしい。全然覚えていないが・・・

Img_0411

先ほどの大型水槽の底にあるトンネルを抜けると、

Img_0413

うみたまホールというスペースに出る。

Img_0415

何やらハタ科の大型魚が悠然と泳いでいた。

Img_0416

実験ホールである。時間になるとここで魚を使った様々な実験を行う。そういや昔のマリーンパレスにもあったような。。。

Img_0417

Img_0418

Img_0419

サンゴ礁コーナー。なんだかんだ言って、一番美しいコーナーだ。

Img_0420

あ!メガネモチノウオ!

Img_0421

ジャングルタンクという水槽にやってきた。これは私の大好きなアマゾン系の大型魚ではないか!

Img_0422

ピラルクー、かっこええなあ(○゚ε゚○)

Img_0423

これはピライーバかな?かっちょええ!(゚▽゚*)世界最大級のナマズ。

Img_0424

オキシドラス?ええなぁ!ナマズはえぇ!(*゚▽゚)ノ

続いて、海獣コーナー。

Img_0428

セイウチ

Img_0432

アザラシ

Img_0433

はい!深海コーナー行きますよ!

Img_0434

定番のリュウグウノツカイの標本!珍しい魚のはずだが、どこの水族館に行ってもホルマリン標本があるような・・・

Img_0435

Img_0436

こんなけったいな魚が泳いでいる深海。いつか行ってみたいものだ。しんかい6500乗りたいヽ(´▽`)/

Img_0437

最近、ダイオウグソクムシをよく見るなあ。流行ってるらしい。こんな巨大ダンゴムシのどこがいいのか、私にはよく分からない。

Img_0442

最後に屋外に出ると、アザラシが餌をもらいながら、芸をしていた。私は何気にアザラシが好きなので、しばし見学した。触りたい・・・

こうして、ゆめたまごの見学を終えた。

« 別府湯巡りⅣ | トップページ | 高崎山自然動物園 »

大分県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 別府湯巡りⅣ | トップページ | 高崎山自然動物園 »