フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 2014年初夢シリーズ(その3:多井畑厄除八幡宮) | トップページ | 別府湯巡りⅡ »

2015年1月18日 (日)

大恐竜展in科博

平成26年1月21日。約1年前の話であるが、東京の科学博物館で催された大恐竜展に行ってきた話を少々。

Img_0222

恐竜展はよく開催されるが、今回はモンゴル科学アカデミーと協力して、ゴビ砂漠の脅威と銘打った展覧会だ。

Img_0223

プロテケラトプスの全身骨格が並んでいた。そういや全身骨格とは珍しい。小さいとは言え、貴重な化石に垂涎ものである。

Img_0224

Img_0226

恐竜といえばイグアノドン!

Img_0227

こちらもイグアノドン類の化石。

Img_0228

ガルディミムスとやらの化石だ。結構きれいに残っている。

Img_0229

アラシャサウルス。これはレプリカ。

Img_0230_2

ハドロサウロイド類の化石だ。イグアノドンからハドロサウルスへの進化の中間的なものだそうだ。

Img_0232

ヴェロキラプトル キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ジュラシックパークですっかり有名になった。鉤爪が痛そうだ。

Img_0234

Img_0235

Img_0236

サイカニアだ!アンキロサウルスに近い種だ。何気にアンキロサウルス系は好きだ!

Img_0238

Img_0239

ディノケイルスの腕やん!迫力あるなあ・・・

隣はテリジノサウルスか・・・

Img_0240

でか!オピストコエリカウディアという。首は無いが、充分でかい。さすが竜脚類!

Img_0241

向こうもなんかでかいのが・・・

Img_0242

サウロロフス

Img_0243

タルボサウルス ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

アジア最大の肉食恐竜!やっぱティラノサウルス類はかっこええわぁぁ((w´ω`w))

Img_0245

Img_0246

これはアンキロサウルスの尾っぽの先の槌か・・・

こんなんでどつかれたら、脳みそ飛び散る・・・

Img_0247

なんじゃこりゃ?なになに・・・

プロトケラトプス15体赤ちゃんとなあ!?Σ(゚д゚;)

巣にいた生後間もない赤ちゃんが砂嵐に巻き込まれたと考えられているそうだ。これは正直びっくりした!

Img_0249

こりゃまた、珍妙なものが・・・

オヴィラプトルの胚?ようするに卵の中身か・・・

何かよく分からんが、とにかく凄い化石だ・・・(A;´・ω・)アセアセ

Img_0251

ハドロサウロイド類の子供だそうだ。かわいいものである。

Img_0253

成長別におかれたトリケラトプスの顔面。

Img_0254

タルボサウルス

Img_0255

タルボサウルスの顔面

こうして、展覧会の見学を終えた。

最後に感想・・・

ゴビ砂漠は恐竜化石の宝庫であり、貴重な発見も続々とされていると聞く。

1922年か1930年にかけて、アンドリュースというアメリカの古生物学者が切り開いたゴビ砂漠の発掘であるが、その後、冷戦のため、アメリカによる発掘は60年間実現しなかった。まあ、ソ連は発掘しているのだが・・・

ゴビ砂漠は化石の状態もよく、貴重な発見も多いので、恐竜発掘の聖地なのだそうだ。

今回、貴重な化石を数多く、興奮しっぱなしであった。非常に有意義な展覧会であった。

« 2014年初夢シリーズ(その3:多井畑厄除八幡宮) | トップページ | 別府湯巡りⅡ »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年初夢シリーズ(その3:多井畑厄除八幡宮) | トップページ | 別府湯巡りⅡ »