フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 園城寺(三井寺)Ⅰ | トップページ | 白浜慰安旅行Ⅰ »

2014年11月 7日 (金)

園城寺(三井寺)Ⅱ

唐院にやってきた。

円珍が唐から帰り、大友氏の氏寺であった三井寺に唐院を設置し、修行の場とした他、唐から持ち帰った経典や法具を収蔵したところである。

Img_0178

まず見えてきたのは三重塔である。室町時代のもので、元は他の寺のものであった。豊臣秀吉が伏見城に移築したものを徳川家康が寄進したそうだ。

Img_0179

潅頂堂である。桃山時代のもので、大師堂の拝殿としての役割をもつ。

Img_0180

正面から見たところ。この裏に大師堂がある。

唐院を過ぎて、さらに奥に進む。

Img_0181

塔頭の一つ、微妙寺。十一面観音が有名だそうだ。

Img_0182

Img_0183

Img_0184

道々の石仏が参拝客を楽しませる。

Img_0185

毘沙門堂である。

Img_0186

Img_0187

この先、観音堂だそうだ。

Img_0188

Img_0190

観音堂である。江戸時代は元禄に建てられたもので、本尊は如意輪観音。西国三十三箇所観音霊場の十四番札所である。

Img_0191

Img_0192

Img_0193

Img_0194

観音堂から下に降りると、

Img_0196

水観寺。こちらは西国薬師霊場の札所・・・観音に薬師、なんか一杯あるな!?

Img_0198

護法善神堂である。

Img_0199

鬼子母神を祀るお堂だ。

Img_0200

こうして、三井寺の参拝を終えた。

三井寺を出て、すぐに

Img_0201

三尾神社なる神社があった。

廃仏毀釈により分離させられたが、元は三井寺の施設である。

Img_0202

卯年生まれの守護神とな?

Img_0203

Img_0204

おお!狛犬ではなく狛兎?

これにて三井寺の見学を終えた。

« 園城寺(三井寺)Ⅰ | トップページ | 白浜慰安旅行Ⅰ »

滋賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 園城寺(三井寺)Ⅰ | トップページ | 白浜慰安旅行Ⅰ »