フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 園城寺(三井寺)Ⅱ | トップページ | 白浜慰安旅行Ⅱ »

2014年11月14日 (金)

白浜慰安旅行Ⅰ

平成25年12月29~30日。まもなく新年を迎えようというこの時期に、さんぽ会のメンバーで白浜にやってきた。

Dscf1666

昨年はぎーさん、くっぺちゃん、JIN氏の四人組で新潟に行ったが、今年はさんぽ会の行事となった。何でも私のいない会合で、クエを食べたいという話がでたそうだ。

Dscf1667

白浜へは随分久しぶり、大学3回生以来の訪問となった。

Dscf1671

白浜といえば、真夏のイメージがある。子供の頃は家族旅行で南紀にはよく来たものだ。

Dscf1673

電車で白浜に来たのも大学以来だ。こんな駅前だったのか・・・。ほとんど忘れていたが、少しずつ思い出し、懐かしかった。

ここからバスに乗り、

Dscf1674

今日の宿までやってきた。

Dscf1675

海舟という宿である。

Dscf1676

Dscf1677

Dscf1680_3

早速チェックインする。

Dscf1681

Dscf1682

やれやれ、、、なかなか疲れた。

Dscf1683

Dscf1684

一応、オーシャンビューである。やはり真冬、何となく寂しい。そして、潮風が寒い。

一息入れて、早速風呂へ行く。

露天風呂は海のまん前で、随分見晴らしがいい。しかし、風は冷たい。夏なら、このまま泳いでいきたくなるところだが、今行くと、心臓麻痺で死ねるだろう。

Dscf1690

晩御飯でっせ~

Dscf1691_2

Dscf1692

ところで和歌山特産のジャバラという柑橘類がある。ドリンクメニューにジャバラジュースがあり、なかなか美味かったのだが、きよしがカシスオレンジがあるのをみて閃いた。

早速、給仕のお兄さんに、カシスジャバラを作れるか聞いた。宿の人も、その発想はなかったと驚いていたが、快く作ってくれた。なかなか美味であったが、この後、カシスジャバラが宿のメニューに乗ったかどうかは定かではない。

Dscf1693

Dscf1694

えるしってるか・・・

貝殻の一部が鮮やかな緑色なアワビは、人口生産した稚貝を放流したもの・・・

Dscf1695

Dscf1696

Dscf1697

Dscf1698

Dscf1699

晩御飯も堪能した。

Dscf1700

部屋飲みしたら、一挙に酔いが回り、早々に寝た。

« 園城寺(三井寺)Ⅱ | トップページ | 白浜慰安旅行Ⅱ »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 園城寺(三井寺)Ⅱ | トップページ | 白浜慰安旅行Ⅱ »