フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月23日 (日)

2014年初夢シリーズ(その3:多井畑厄除八幡宮)

昨年の入院といい、最近なんかよくない雰囲気があるということで、多井畑厄除八幡宮にやってきた。太山寺のある西区からお隣の須磨区まで移動である。

Dscf1771

Dscf1772

日本最古の厄除の霊地と大きな看板を掲げている。

続日本記によれば、770年疫病が流行したことで、畿内十箇所で厄神が祀られることになった。ここはそのうちの一つとされているのだ。

Dscf1773

Dscf1774

Dscf1775

やはり正月だ。賑わっている。

Dscf1777

Dscf1778

Dscf1779

厄除けを念じて、初詣を終えた。

2014年11月22日 (土)

2014年初夢シリーズ(その2:太山寺)

2014年1月2日。おとんとおかんと初詣(私はもうすでに初詣は済ましているが・・・)に出かけた。目的地は太山寺である。

太山寺といえば、国宝の寺として神戸では有名である。神戸市は国宝が少なく、他には桜ヶ丘銅鐸銅戈群しかない。

前々から一度行ってみたいとは思っていたが、いよいよ訪れることになったのだ。東灘区の実家から車で西区までやってきた。

Dscf1770

まず、かなり手前に仁王門がある。車を一時停車し、簡単に見学した。

Dscf1768

Dscf1769

立派なものだ。元々は重層の楼門だったそうだ。

再び車を走らせ、駐車場に車を止めて、徒歩で太山寺に向かった。

Dscf1748

中門をくぐり、すぐ左手が拝観受付になっている。

Dscf1749

中門をくぐると早速正面に本堂が見える。この本堂が国宝なのである。

Dscf1750

右手には、三重塔が建っている。中には大日如来と四天王が祀られている。

Dscf1751

三身山太山寺は天台宗のお寺である。元正天皇の勅願寺として、716年に創建されたとされる。1285年に伽藍が火災で焼失したため、現存の建物はそれ以降の再建、特に本堂は1300年頃に再建されたとされる。

Dscf1752

国宝の本堂にはいる。

Dscf1753

厳かな雰囲気が漂っている。

Dscf1754

本堂右側面。

Dscf1755

稲荷社。

Dscf1756

こちらは観音堂である。まるで社であるが、それもそのはずで、明治の神仏分離までは神社だったようだ。

Dscf1757

羅漢堂。

Dscf1758

羅漢堂の後ろには釈迦堂がある。

Dscf1760

鐘楼。

Dscf1761

Dscf1762

阿弥陀堂である。江戸時代の建物であるが、中の阿弥陀如来像は鎌倉時代のもので、重要文化財である。

Dscf1763

太山寺の南側を太山寺川が流れているが、その川を渡った先が奥之院になっている。

Dscf1764

橋を渡った先には、稲荷舎があった。

Dscf1765

さらに奥に進む。

Dscf1766

地蔵堂があった。

こうして、太山寺の見学を終えた。

ちなみについついはしゃいでしまい、一人でずんずん探険した。しかし、遅れながらもおとんもおかんもついて来たので、大したものだ。

Dscf1767

2014年11月16日 (日)

2014年初夢シリーズ(その1:神呪寺ふたたび)

年が明けた。2014年の幕開けである。昨年は転勤で職場が変わり、人間関係にも苦しみ、扁桃腺炎で入院までした激動の年だった。今年こそは安寧を望みたいものだ。

さて、今年の初詣は、2010年に訪れた神呪寺である。

いつもどおり、くっぺちゃんがぎーさんとJIN氏を乗せて、車で迎えに来てくれた。ありがたいものである。

そして、神呪寺にやってきた。

Dscf1734

前回はクソ寒かったが、今年は暖かい。

Dscf1736

厳かな雰囲気のある中、参拝する。

神呪寺(かんのうじ)は神の呪いと書き、大層恐ろしげだが、呪いという意味ではなく。仏の言葉という意味だ。

Dscf1738

Dscf1739

新年の寺社というのは、何故かいつもより神聖に感じる。気持ちも引き締まるというものだ。

Dscf1740

Dscf1741

Dscf1742

展望台からの眺め。やはり美しい!

Dscf1737

最後に鐘を打っていった。

神呪寺を出た後は、その後、定番の廣田神社に行った。御神籤は今年も微妙であった。

白浜慰安旅行Ⅱ

翌朝、やはり朝風呂へ。実に清清しいものといいたいが、朝から結構人がいる。。。まあ、いい湯だからいいか・・・

Dscf1706

朝ごはんは洋食にしてみた。

ご飯の後は部屋でゆっくりし、ぎーさんと外山某やらスマイル党の人の動画を見て、爆笑した後、宿をチェックアウトした。

そして、昼食である。

Dscf1726

こちらの店でクエを堪能する。

Dscf1713

まずはクツエビの刺身である。クツエビとはこちらの呼び名で標準和名はセミエビという。イセエビよりも高値で取引される、非常に美味なエビだ。

味は甘く、美味かった。

Dscf1714

これは何のから揚げだったかな?クエ?

Dscf1716

誰やタラの白子なんて頼んだん!

みんな思い思いに注文してるけど、大丈夫なんかな?

Dscf1717

クエの酒蒸し。・・・まあ、美味いよ?

Dscf1718

クエの寿司。美味かった。

Dscf1719

アイゴという魚だ。和歌山県民がこよなく愛しているイメージを勝手に持っている。あとはイガミかな?ちなみにアイゴは棘に毒を持っているので、もし釣ったときは素手で持たないように注意しよう!

Dscf1720

本来すし屋さんだそうなので、にぎりを頼んだ。美味かった。

Dscf1721

先ほどのクツエビが赤出汁になって再登場!うまっ!

Dscf1722

たこの天ぷら。

Dscf1723

デザートでフィニッシュ!

美味しかったが・・・

値段は・・・

一番ノリノリで頼んでいた御仁が一番青ざめていたいたけど大丈夫かな?クエは高いに決まっているでしょう?(笑)これも勉強か・・・

実は私はクエを食べたのは初めてであった。で、感想であるが、正直私はキジハタの方が好きだ!

Dscf1728

さあ、飯も食べたし、帰るで!

Dscf1729

Dscf1732

さらば、白浜!次来るときはいつだろう?

Dscf1733

こうして、今回の慰安旅行を終えたのであった。

2014年11月14日 (金)

白浜慰安旅行Ⅰ

平成25年12月29~30日。まもなく新年を迎えようというこの時期に、さんぽ会のメンバーで白浜にやってきた。

Dscf1666

昨年はぎーさん、くっぺちゃん、JIN氏の四人組で新潟に行ったが、今年はさんぽ会の行事となった。何でも私のいない会合で、クエを食べたいという話がでたそうだ。

Dscf1667

白浜へは随分久しぶり、大学3回生以来の訪問となった。

Dscf1671

白浜といえば、真夏のイメージがある。子供の頃は家族旅行で南紀にはよく来たものだ。

Dscf1673

電車で白浜に来たのも大学以来だ。こんな駅前だったのか・・・。ほとんど忘れていたが、少しずつ思い出し、懐かしかった。

ここからバスに乗り、

Dscf1674

今日の宿までやってきた。

Dscf1675

海舟という宿である。

Dscf1676

Dscf1677

Dscf1680_3

早速チェックインする。

Dscf1681

Dscf1682

やれやれ、、、なかなか疲れた。

Dscf1683

Dscf1684

一応、オーシャンビューである。やはり真冬、何となく寂しい。そして、潮風が寒い。

一息入れて、早速風呂へ行く。

露天風呂は海のまん前で、随分見晴らしがいい。しかし、風は冷たい。夏なら、このまま泳いでいきたくなるところだが、今行くと、心臓麻痺で死ねるだろう。

Dscf1690

晩御飯でっせ~

Dscf1691_2

Dscf1692

ところで和歌山特産のジャバラという柑橘類がある。ドリンクメニューにジャバラジュースがあり、なかなか美味かったのだが、きよしがカシスオレンジがあるのをみて閃いた。

早速、給仕のお兄さんに、カシスジャバラを作れるか聞いた。宿の人も、その発想はなかったと驚いていたが、快く作ってくれた。なかなか美味であったが、この後、カシスジャバラが宿のメニューに乗ったかどうかは定かではない。

Dscf1693

Dscf1694

えるしってるか・・・

貝殻の一部が鮮やかな緑色なアワビは、人口生産した稚貝を放流したもの・・・

Dscf1695

Dscf1696

Dscf1697

Dscf1698

Dscf1699

晩御飯も堪能した。

Dscf1700

部屋飲みしたら、一挙に酔いが回り、早々に寝た。

2014年11月 7日 (金)

園城寺(三井寺)Ⅱ

唐院にやってきた。

円珍が唐から帰り、大友氏の氏寺であった三井寺に唐院を設置し、修行の場とした他、唐から持ち帰った経典や法具を収蔵したところである。

Img_0178

まず見えてきたのは三重塔である。室町時代のもので、元は他の寺のものであった。豊臣秀吉が伏見城に移築したものを徳川家康が寄進したそうだ。

Img_0179

潅頂堂である。桃山時代のもので、大師堂の拝殿としての役割をもつ。

Img_0180

正面から見たところ。この裏に大師堂がある。

唐院を過ぎて、さらに奥に進む。

Img_0181

塔頭の一つ、微妙寺。十一面観音が有名だそうだ。

Img_0182

Img_0183

Img_0184

道々の石仏が参拝客を楽しませる。

Img_0185

毘沙門堂である。

Img_0186

Img_0187

この先、観音堂だそうだ。

Img_0188

Img_0190

観音堂である。江戸時代は元禄に建てられたもので、本尊は如意輪観音。西国三十三箇所観音霊場の十四番札所である。

Img_0191

Img_0192

Img_0193

Img_0194

観音堂から下に降りると、

Img_0196

水観寺。こちらは西国薬師霊場の札所・・・観音に薬師、なんか一杯あるな!?

Img_0198

護法善神堂である。

Img_0199

鬼子母神を祀るお堂だ。

Img_0200

こうして、三井寺の参拝を終えた。

三井寺を出て、すぐに

Img_0201

三尾神社なる神社があった。

廃仏毀釈により分離させられたが、元は三井寺の施設である。

Img_0202

卯年生まれの守護神とな?

Img_0203

Img_0204

おお!狛犬ではなく狛兎?

これにて三井寺の見学を終えた。

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »