フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 下北粋方探しの旅(その13:仏ヶ浦Ⅰ) | トップページ | 下北粋方探しの旅(その15:大間~函館) »

2014年8月10日 (日)

下北粋方探しの旅(その14:仏ヶ浦Ⅱ)

さて、いざ海岸に躍り出る。

まずは正面に通路があるので、そっちから行ってみよう。。。

Dscf1486

トイレがあった。

Dscf1489

少し遠くから見ると、壮大な岩壁であった。

さて、メインの風景を見に行こう。。。

Dscf1488

すでに、奇岩が見えており、否が応でもテンションが上がる。

Dscf1490

Dscf1492

この橋を渡るらしい。

Dscf1493

渡った先には、大きなやかんみたいな岩があった。

それにしても強風吹きすさぶ中、結構な数の観光客がいた。もっと誰もいないかと思っていたので、予想外であった。

Dscf1494

変な岩・・・。こんなきのこあったような?

Dscf1501

スケールがでかい!見ろ、人がごみのようだ・・・

Dscf1498

タイドプール。ウェットスーツがあったら、潜ってみたいなあ。。。

Dscf1499

Dscf1502

岩がでかすぎて、この距離じゃ、全部入らん!(´・ω・`)ショボーン

Dscf1503

Dscf1505

奥に進む。

Dscf1508_2

お!なかなかの絶景ではないか!∑(=゚ω゚=;)

Dscf1509

本当に不思議な光景が広がっている。

Dscf1510

地蔵様。

Dscf1511

これは歌碑か?

Dscf1517

人がいなくなってきたので、もう一度やかんみたいな岩を・・・

Dscf1518

下半分と

Dscf1519

上半分。でかすぎる!

Dscf1523

岩を伝って、先端のほうまできた。

Dscf1524

岸側を見ると、本当不思議な光景だった。

Dscf1525

さらに奥も奇怪な岩壁になっているようだ。

Dscf1528

あの尖った岩が特に変だ。

Dscf1529

Dscf1533

Dscf1534

イソギンチャク。

さて、帰るか。。。

帰りは、さっき下ってきた階段をひたすら登る。風邪引きには非常につらい作業であった。

疲労困憊で駐車場まで戻ると、早速出発した。

途中で、展望台があったので、寄ってみた。

Dscf1536

これは予想以上にいい眺めだ。なるほど、こういう構造になっていたのだなあ。。。上から俯瞰してみて、初めて全体が分かったのであった。

仏ヶ浦。不思議な光景であった。

« 下北粋方探しの旅(その13:仏ヶ浦Ⅰ) | トップページ | 下北粋方探しの旅(その15:大間~函館) »

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下北粋方探しの旅(その13:仏ヶ浦Ⅰ) | トップページ | 下北粋方探しの旅(その15:大間~函館) »