フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 下北粋方探しの旅(その2:恐山Ⅱ) | トップページ | 下北粋方探しの旅(その4:恐山Ⅳ) »

2014年6月22日 (日)

下北粋方探しの旅(その3:恐山Ⅲ)

奥の院から戻り、順路を戻した。

Dscf1302

この荒涼とした風景が地獄を連想させるのであろう。

Dscf1304

納骨塔があった。

Dscf1305

Dscf1306

無間地獄とある。無間地獄とは八大地獄の最下層、阿鼻地獄のことである。とても、そんな凄まじい地獄には見えないが・・・

Dscf1307

みたま石だそうだ。

Dscf1308

大師堂だそうだ。屋根のみで壁がない。

Dscf1309

大師といえば、弘法大師を思い出してしまうが、こちらは慈覚大師(円仁)だ。

Dscf1310

なんか立て看板に和歌が・・・。

Dscf1311_2

Dscf1312

Dscf1313

雨が降っていたので、地面はぐちょぐちょで歩きにくかった。

Dscf1314

Dscf1315

ん?何か巨大なものが見えるぞ!

Dscf1317

先ほど見えていた巨大なものはこちらの石像なようだ。八葉塔とあるが、どの辺りが塔なのだろう?

Dscf1318

この何の変哲もない石が慈覚大師様が座禅したとされる石だ。

Dscf1319

塩屋地獄という。湯気が立っていた。おそらく地熱であろう。

Dscf1320

おお!温泉が湧いている。

Dscf1321

この橋を渡るらしい。

Dscf1324

渡ってしばらく歩くと、八角堂がある。中に入ると、遺族の方が納められた衣服が所狭しとかけられていた。

Dscf1322_2

ほほお!この先は血の池地獄か・・・

Dscf1323

血の池地獄という単語と美しい紅葉の道に心躍らせながら、次回へ続く。

« 下北粋方探しの旅(その2:恐山Ⅱ) | トップページ | 下北粋方探しの旅(その4:恐山Ⅳ) »

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下北粋方探しの旅(その2:恐山Ⅱ) | トップページ | 下北粋方探しの旅(その4:恐山Ⅳ) »