フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« プチ奥の細道の旅(その14:御釜神社) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅲ(その2:座摩神社) »

2014年5月11日 (日)

大阪を歩く!Ⅲ(その1:生國魂神社)

平成25年9月22日。大阪の町を歩いてみた。

大阪市営地下鉄谷町線の谷町九丁目で降り、しばらく歩くと生國魂神社がある。

Img_0013

読み方はいくくにたまじんじゃという。地元ではいくたまさんと親しまれているそうだ。

Img_0014

式内社にして、旧官幣大社。大層歴史ある神社なのであるが、

Img_0015

ご覧のように、コンクリート作りである。

何故こうなっているかというと、度重なる本殿喪失を経験しているからである。戦国時代の石山合戦で焼失、大阪夏の陣で焼失、明治時代のミナミの大火で焼失、太平洋戦争の大阪大空襲で焼失、ジェーン台風で倒壊・・・

再建しても再建しても、災難にあうので、昭和31年に現在のコンクリートで再建を果たしたのだ。風情はないが、これだけ災難にあえば仕方ないであろう。

生島大神、足島大神を主祭神としている。国土・大地の守護神だそうだ。

Img_0017

少し境内を歩いてみる。摂社・末社は多そうだ。

Img_0018

Img_0019

おや、まだ奥にあるらしい。なかなか広い境内だ。

Img_0020

Img_0021

ん?アクリル板で蓋をしているけど・・・?

Img_0022

お!錦鯉が泳いでいる。

Img_0023

精鎮社という、えべっさんと弁天を祀る、とにかくご利益がありそうな社であった。しかし、何故に錦鯉?

Img_0024

社がいくつか並んでいた。

Img_0025

Img_0026

鴫野神社。淀殿縁の神社だそうだ。

Img_0027

源九郎稲荷である。義経がお世話になったということからその名がある稲荷社である。元祖は大和郡山にある。

Img_0028

この稲荷は祐徳稲荷から分霊したそうだ。

Img_0029

浄瑠璃神社である。近松門左衛門や文楽の関係者を祀る神社である。いかにも上方らしい神社だ。

Img_0030

井原西鶴の像が鎮座していた。

いくたまさんは本殿はコンクリートで残念だが、こういった境内の散策をすると、なかなか趣がある神社であった。

« プチ奥の細道の旅(その14:御釜神社) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅲ(その2:座摩神社) »

大阪府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プチ奥の細道の旅(その14:御釜神社) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅲ(その2:座摩神社) »