フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« プチ奥の細道の旅(その9:瑞巌寺Ⅲ) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その11:五大堂) »

2014年4月 5日 (土)

プチ奥の細道の旅(その10:円通院)

瑞巌寺のすぐ南にある円通院にやってきた。

Dscf0613

円通院は伊達政宗の孫伊達光宗の菩提寺である。

Dscf0614

山門を抜けると、すぐ左側に縁結び観音がある。よく拝んでおかなくては・・・

Dscf0615

Dscf0616

やがて石庭が見えてきた。

Dscf0617

うむ、意味深だ・・・

Dscf0619_2

Dscf0620

苔むした、いい感じになってきた。

Dscf0622

Dscf0624

三慧殿である。光宗の霊廟であり、国指定重要文化財である。

中には厨子があり、それに支倉常長が西洋から持ち帰った薔薇の絵が描かれている。

Dscf0625

三慧殿を折り返し、先ほど来た道とは異なるルートに向かう。

Dscf0626

瑞巌寺と同じように洞窟の中に墓があり、仏様が祀られている。

Dscf0627

Dscf0628

Dscf0630

Dscf0633

薔薇園にやってきた。

ここは別名薔薇寺と呼ばれる。何でも、先ほどの三慧殿の厨子の薔薇の絵にちなんで、薔薇を栽培しているからだ。

Dscf0635

美しいですな。

Dscf0636

Dscf0638

本堂である。ちょうど写経体験をやっており、賑わっていた。

Dscf0637

これにて、円通院の参拝を終えた。

Dscf0639

« プチ奥の細道の旅(その9:瑞巌寺Ⅲ) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その11:五大堂) »

宮城県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プチ奥の細道の旅(その9:瑞巌寺Ⅲ) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その11:五大堂) »