フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« プチ奥の細道の旅(その11:五大堂) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その13:志波彦神社) »

2014年4月13日 (日)

プチ奥の細道の旅(その12:鹽竈神社)

松島を後にした私は、時間もまだあることだし、鹽竈神社(しおがまじんじゃ)に行くことにした。仙石線本塩釜で下車すると、おもむろに歩き出した。鹽竈神社までの道のりは少し遠い。途中で歩いていると、津波到達点の看板を見た。かの震災でここまでやってきたのかと、ただただ驚愕であった。

Dscf0652

そうこうしていると、鹽竈神社についた。

Dscf0653

鹽竈神社といえば、東北鎮守陸奥国一宮である。

Dscf0655

Dscf0656

この長い石段を登るのか・・・

まだまだ暑い盛りである。ちょっと躊躇したが、折角来たのだからと、上り始めた。

Dscf0657

Dscf0658

なかなか雰囲気のある狛犬だ。

Dscf0659

立派な楼門である。

Dscf0660

Dscf0661

Dscf0662

唐門をくぐる。

Dscf0663

正面の左右宮は残念ながら改修工事中だった。

Dscf0664

右手は別宮である。

Dscf0665

なかなか美しい。

さて、鹽竈神社は塩土老翁神(シオツチノオジ)、武甕槌神(タケミカヅチ)、経津主神(ふつぬしのかみ)を祭神とする。

武甕槌神と経津主神が東北を平定したとき、先導していた塩土老翁神がこの地にとどまり、製塩の技術を伝えたのが、鹽竈神社の始まりとされる。塩土老翁神が主役のような気がするが、実際真正面の左宮には武甕槌神が、右宮には経津主神が祀られている。塩土老翁神というと、正面から右手にある別宮に祀られている。この辺りに特殊性を感じる。

歴史は古く、弘仁式(820年)には当社と思われる記載があるそうだ。

Dscf0666

Dscf0667

こうして、鹽竈神社を後にしたが、この先、志波彦神社があるそうだ。

« プチ奥の細道の旅(その11:五大堂) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その13:志波彦神社) »

宮城県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プチ奥の細道の旅(その11:五大堂) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その13:志波彦神社) »