フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« プチ奥の細道の旅(その13:志波彦神社) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅲ(その1:生國魂神社) »

2014年4月25日 (金)

プチ奥の細道の旅(その14:御釜神社)

鹽竈神社から駅に戻る途中、御釜神社という看板を見た。折角だから行ってみよう。。。

Dscf0675

商店街の一角に小さめの神社がある。

Dscf0676

鹽竈神社の場外末社になるが、ここには塩竈の地名の由来になった神竈がある。

Dscf0677

まずはお参りだ。

本堂の手前左手に

Dscf0678

意味深な所があった。この扉の奥に神竈があるのだ。

希望すれば中を見学できるそうだ。早速、社務所の呼び鈴を鳴らす。すると、女の人が出て来られた。世間話をしながら、いよいよ扉が開く。

中には神竈が4つある。神竈には水が満たされていた。この水は塩水なのであるが、どんなに旱魃のときでも、枯れることはないそうだ。鹽土老翁神がかつてこの竈で製塩技法を伝えたそうだ。

松尾芭蕉も見学したという、神竈を見ることができ、大変満足であった。ちなみに写真撮影はできない。

Dscf0679

もう少し周囲を見ていく。境内の奥に牛石藤鞭社がある。 

鹽土老翁神が塩を運ばせた牛が石になったという伝説がある。

Dscf0680_2

その牛石がこの池の中にあるそうだ。今は見えない。この水溜り、何と塩水だそうで、どこか地下で海とつながっていると言われているそうだ。

Dscf0681_2

和賀佐彦という神が7歳の子供となり、牛に塩をひかせたら石になったという異説もあるそうで、 このとき使った藤の枝を逆さまに立てると根付いてという。。。

そんな謂れのある神社である。

Dscf0682

こちらには鹽竈神社の例大祭藻塩焼神事に使う竈がある。

Dscf0683

この竈で神職がホンダワラを広げて、潮水をかけて煮詰めることで製塩を行うのだ。かなり大変な作業ではないかと思う。

Dscf0685

最後に、神社の手前にある手水鉢である。この手水鉢、なかなか古いそうだ。

こうして、御釜神社の見学を終えた。

本塩釜から電車に乗り、仙台まで帰ってきたが、まだ時間に余裕がある。

ということで、建築的に有名なせんだいメディアテークを見学した後、牛タンを食った。 美味かった。こうして、しばし仙台をぶらついた後、新幹線で東京に戻ったのだった。

« プチ奥の細道の旅(その13:志波彦神社) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅲ(その1:生國魂神社) »

宮城県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プチ奥の細道の旅(その13:志波彦神社) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅲ(その1:生國魂神社) »