フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« プチ奥の細道の旅(その4:山寺Ⅳ) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その6:上山温泉~松島) »

2014年2月23日 (日)

プチ奥の細道の旅(その5:山寺Ⅴ)

山寺が最も山寺らしいといっても過言ではない景色を見に行く。

Dscf0537

進んだ先には、開山堂と納経堂である。特に岩の上に建てられた納経堂は有名だ。

Dscf0538

まずは開山堂である。

開山堂は立石寺を開山した慈覚大師が入定した上に建てられた建物で、信仰上とても重要な建物である。

Dscf0540

そして納経堂である。

山内で最も古い建物である。この納経堂の立つ岩の下には、慈覚大師が眠る入定窟がある。

Dscf0542

奥に進む。

Dscf0543

細い階段を上る。

Dscf0544

上にあったのは、五大堂である。

Dscf0545

五大明王を祀る道場とのことだが、はっきりいって、見晴らしのいい展望台である。

Dscf0546

Dscf0547

う~ん、風が心地よいぞ!

Dscf0548

あっ!電車が来た!!

Dscf0549

振り向くと、五大閣の看板あり。

Dscf0550

五大堂の傍らには小さなお堂もある。

Dscf0551

開山堂付近から下を見た。奥之院のエリアはこんな風になっていたのか・・・

Dscf0552

納経堂を下からあおって撮影してみた。

さて、下まで降りるとするかね。。。

Dscf0553

うん?これどこだっけ?思い出せないが、こんな素敵なところもあった。

Dscf0554

下まで降りてきた。

Dscf0555

十六羅漢の一人、那伽犀那尊者である。 甘露の法水が鉢から噴出しており、この法水を手にかけると知恵を授かるそうだ。ありがたい。

Dscf0557

最後の立石寺の本坊を見学して、参拝を終えた。

Dscf0558

山登りで少々疲れたが、その価値はある、素晴らしいお寺であった。。。

« プチ奥の細道の旅(その4:山寺Ⅳ) | トップページ | プチ奥の細道の旅(その6:上山温泉~松島) »

山形県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。