フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行KL特別編 | トップページ | 全生庵 »

2014年1月17日 (金)

湯平温泉慰安旅行

平成25年10月18日。あの困った奴らが帰ってきた。

平成22年10月香港・マカオ

平成23年10月赤川温泉

実に2年ぶりの復活祭である。

困ったメンバーは、うっちょ、球児、ツッチーと、恥的な私以外、全員シーモネーターという、まさにお下劣大百科状態である。

まあ、ほとんど会話の内容は再現できないが、とにかく開幕である。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

待ち合わせ場所は白木原駅前ロータリーである。今回は、球児がツッチーを搭載した、ガンガン使う車で迎えに来てくれることになっている。

朝倉街道で西鉄に乗ると、二日市駅でうっちょが乗ってきた。この辺は事前打ち合わせどおりだ。

ふと、うっちょが車内の電光掲示板を見て、目を丸くした。

何かと思っていると、どういうわけか表示が太宰府になっていた。てか太宰府線ちゃうし!

やれやれと二人で話していると、近くの小学生が驚愕の表情を見せた。どうやら電光掲示板の太宰府に気付いたようだ。そして、泣きそうな顔になる。いたいけな小学生を騙すとは罪作りなやっちゃで、ほんまに・・・西鉄はんは。。。

白木原に着くと、球児が来ない。どうやら遅刻のようだ。仕方ないなあ。。。

しばし、サニーで買い物をしながら、閑を潰していると、球児がガンガン使う車でやってきた。早速、乗り込むと、大分方面に向けて出発だ。何故か、助手席のツッチーがにやにやしていた。まるで、貴方は王家の子供かもしれないと母親から告白されたときのフェニックスのようだ。何故か?

それは球児の首にお洒落マフラーがあったから、、、まだ暖かいよ?

今回は、日ごろの仕事の鬱憤を温泉で洗い流そうと企画立案したものである。場所は、湯平温泉の奥ゆのひら花灯りという宿である。宿でゆっくりする予定であるが、昼食もかねて由布院に足を伸ばすことにした。

Img_0985

由布院の小高い丘の上にあるレストランにて、、、

うむ、美味し!

Img_0989

スペアリブも頼んでみた。ああ、7巻に出てきたアントンリブが食べてみたい。。。

あ、このスペアリブは美味でしたよ。

Img_0991

さらにパスタ!どれもなかなか美味かった。

昼食も済まし、金鱗湖まで行ってみようということになった。

Img_1010

金鱗湖である。

金鱗湖は湖底から、温泉と湧水が湧き出ており、冬の朝には湯気が漂い、大層幻想的で有名である。もっとも私が行くときは湯気など立っていない。というか、前にきたのが、神戸の4人組と10年ほど前だから、随分久しぶりだ。

Img_0046 

あ!ティラピアだ。

というか、水深浅っ!こんな水深浅かったっけ?う~ん、記憶が定かでない。

湖というか、沼やね。

Img_0049

金鱗湖も見たことだし、しばし由布院を練り歩く。お土産などを物色しながら、最終的にはPロールを購入した。後で旅館で食べよう。。。

さて、時間も頃合だし、旅館へ行こうか・・・

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

湯平温泉からさらに奥に、花灯りはある。由布院からは車だと結構近い。

ロビーで予約の客であることを告げると、おもてなしのお茶とお菓子が出された。

ふぃ~と一息つく。

しばし歓談すると、部屋に案内された。

客室は全室離れになっている。部屋の玄関を開けると、ふんわりといい香りが漂っていた。茶香炉がたかれていたのだ。これに感動して、球児はこの後、茶香炉を購入することになる。今も自宅で茶香炉を嗜んでいるそうだ。

Img_0054

なかなかいい部屋ではないか。

Img_0051

おまけに露天もついている。うっちょが目を輝かせていた。

早速、Pロール食べよう。。。相変わらず美味いが、最初食ったときのインパクトはないなあ。。。

風呂に行く。外に出ると、階段があり、下に降りていくと、露天風呂がある。露天風呂で一息つき、男同士の語らいが和やかに行われた。ツッチーは最近まで仕事が大層忙しく、健康にも影響が出ていたほどだ。ここはゆっくり疲れをとっていただこう。。。これぞ、おもてなし!ツッチーの仕事相手が大変なことを起こしたことなんて忘れてしまおう!

露天ですっかりほっこりして、部屋に帰ってくると、何故かうっちょは部屋の露天に入りなおしていた。やけに初めから飛ばしている。

やがて、夕食の時間である。

Img_0056

おしながき。

Img_0055

食前酒で乾杯し、宴会が始まる。

Img_0057

Img_0067

Img_0070

Img_0071

Img_0072

どれも凝っていて、美味しかった。

Img_0073

デザートも食べて、満足、満足

Img_0074

ご飯の後は、足湯も堪能!

部屋に帰ると、ツッチーが早々に寝てしまった。

何でやろうなあ・・・?

真面目にやってきたからよ!ネっ?

残された我々3人は、部屋の露天に入ることに・・・

そして、うっちょがおぼんの上に酒を載せて飲みだした。よく見る温泉風景のあれを再現したかったようだが、失敗してコップが水没した。

ちゅーか、風呂で酒飲むと危ないよ。

私と球児は風呂から上がったが、うっちょはいつまでも粘っていた。

というか、バタ足始めやがった。キン肉泳法でも身につける気か?

こうして、夜が更けていった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

翌朝、朝風呂を浴びてすっきりすると、早速朝飯だ。

Img_0078

美味い!ぱ~ぱっぱぱ~

Img_0080

お粥さん

Img_0081

だご汁

Img_0082

あ~、宿と風呂と飯を満喫した。実にゆったりとした、よい旅であった。話している内容はゲスいのだが・・・

来年はどこに慰安旅行しようかなあ。。。

« 魅惑のスリランカ紀行KL特別編 | トップページ | 全生庵 »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。