フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その27:キャンディ・マーケット) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その29:コロンボⅠ) »

2014年1月10日 (金)

魅惑のスリランカ紀行(その28:紅茶とバナナと香辛料)

キャンディを出た我々はそろそろお土産のことを考えなくてはいけない頃合となってきた。

ということで、

Dsc03582

紅茶工場にやってきた。

ここで、工場見学をしたあと、茶葉を買う予定だ。

やたらと紅茶のいい香りが漂う中、建物の2階へ通された。2階は喫茶ルームと販売をかねている。まずはウェルカムドリンクとして、紅茶がでてきた。

うむ、美味である。

一服してほっこりしていると、早速見学ツアーの始まりだ。

Dscf1232

1階へ降りると、工場だ。

初めに萎凋工程を見学した。非常にいい香りが漂う。

Dsc03568

生の葉を萎れさせる工程だ。

Dsc03569

続いて揉捻である。プレスしながら揉むことで、茶葉の細胞組織を破壊し、酵素を滲み出させる工程だそうだ。ここから発行が始まるのだ。

Dscf1233

篩い分けの工程である。茶葉のサイズを均一にする工程である。

Dscf1234 

あちこちでスタッフが忙しそうに働いている。

Dscf1236 

Dsc03574

Dscf1237

Dscf1238

Dscf1239 

最終的な成果物だ。とってもいい香りだ。

Dsc03576

等級の見本を見せてくれた。非常に勉強になった。

Dsc03580_2

最後は、茶葉を購入して終了である。最高級の茶葉でも日本で買うことを思えば、破格の安さであった。これぞ、生産地である。満足であった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いて、やってきたのは、香辛料屋である。

ここは香辛料を植えた植物園を持っており、購入する前に、頼みもしないのに、見学させてくれる。非常に胡散臭い店のオーナーが妙な日本語を使いながら、一生懸命説明してくれる。

Dsc03585

カカオ。

Dsc03587

バニラだね。

Dsc03589

Dsc03591

非常にたくさん教えてくれたが、スリランカのシナモンは他と種類が違うというのと、オーナーが「赤い、黄色い、緑色い」と言っていたのしか、記憶に残っていない。

最後は胡椒やらシナモンやらを購入した。ぼったくられているのかもしれないが、日本人の感覚からすれば、信じられない安さである。

Dsc03592

この香辛料屋は、レストランも経営しており、カレーなどが食べられる。

Dsc03593

胡散臭いオヤジに見送られながら、香辛料屋をあとにした。ここから、帰国のため、コロンボに向かう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

途中で、ドライバーさんが車を停めた。

Dsc03594

露天の果物屋さんである。ここは一般住民が集う場所なので、現地価格で売ってある。

Dsc03595

実に様々なバナナが売っている。バナナって、こんな種類あったんだ!?

Dsc03596_2

赤いバナナを一つずつ、私とJIN氏に切り分けてくれた。ここはドライバーさんがおごってくれるらしい。ありがたいことだ。

Dsc03597

Yes, Banana!

Dsc03598

Dsc03599

バナナを頬張る。美味し!

続いて、マンゴーも食べた。我々が舌鼓を打っている、まさにそのとき、日本人観光客を乗せた観光バスが後ろを通った。JIN氏曰く、皆、羨ましそうな表情をしていたとのことだ。私は、バナナとマンゴーに夢中で、周りを見る余裕などなかった。

さて、土産も買ったし、本場のフルーツも堪能したし、後は、ドライバーさんの家に、突撃!隣の晩ごはんを仕掛けるのみだ。実に楽しみだ!

« 魅惑のスリランカ紀行(その27:キャンディ・マーケット) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その29:コロンボⅠ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。