フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その28:紅茶とバナナと香辛料) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その30:コロンボⅡ~帰国) »

2014年1月12日 (日)

魅惑のスリランカ紀行(その29:コロンボⅠ)

首都コロンボに帰ってきた。さすが大都会、渋滞を起こしている。休日なので、これでもましな方だそうだ。

Dsc03602

独立記念館にやってきた。

Dsc03603

セイロンは、16世紀にポルトガルによって植民地化された後、オランダ、イギリスと宗主国を変えながら、1948年にイギリス連邦の自治領セイロンとして独立を果たした。ちなみに1972年にはスリランカ共和国と改称し1978年に現在の国名スリランカ民主社会主義共和国になっている。

Dsc03604

Dsc03605

Dsc03607

風が吹き抜けていく。涼しい。

Dsc03608

グラビアアイドルっぽい、ポーズをとってみました。

Dsc03611

初代大統領セナーナーヤカの像が立っていた。

Dsc03613

車窓からコロンボの街を眺めていると、白い特徴的な建物があった。タウンホールである。まあ、市役所みたいなものだ。

Dsc03614

そして、さり気なく大仏様が鎮座されておられる。

Dsc03615_2 

パラダイス・ロードという雑貨屋さんにやってきた。

Dsc03616

ん?なんじゃい、この顔面は?

これがここの看板的オブジェだそうだ。店舗の中にも売ってあった。まあ、こんな変な物体もあるが、なかなか洒落た小物も置いてある。シンハラ語がデザインされた皿が面白かったので、購入した。ちょっと時間があれば、ぶらぶら眺めてみるのも面白い。

さて、この後は運転手さんのお宅訪問をして、帰国するだけか・・・

« 魅惑のスリランカ紀行(その28:紅茶とバナナと香辛料) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その30:コロンボⅡ~帰国) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。