フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その23:ポロンナルワ~昼食~キャンディ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その25:仏歯寺Ⅱ) »

2013年12月22日 (日)

魅惑のスリランカ紀行(その24:仏歯寺Ⅰ)

平成25年9月15日。三日目開幕である。

ホテルで朝食をとると、早速観光だ。今日は聖地キャンディを散策し、コロンボへ戻る。そして、コロンボでは運転手さんの家に御呼ばれしている。実に楽しみだ。

Dsc03501

ホテルをチェックアウトし、ロビーで待っていると、運転手さんが来た。早速行きましょう!

車はキャンディ市街を走り、仏歯寺の近くまで来た。仏歯寺の参拝にいくわけだが、どうみても普通の路上に車を停めた。係員がいて、停める場所を誘導していたので、どうやら駐車場のようだ。へ~んなの・・・┐(´-`)┌

Dscf1155 

仏歯寺に向かう。

Dscf1156

Dscf1157

ここが仏歯寺のゲートだ。一応セキュリティチェックがある。

Dscf1158

無事、セキュリティチェックを受けると、ここからは仏歯寺の敷地だ。

Dscf1159

屋根の上にエキセントリック少年ボウイがいた。

Dscf1160

Dsc03507

何とも突っ込みたくなるような像も・・・

Dsc03509

いよいよ寺院の中に入る。

Dsc03510

こちらがチケットカウンターである。ついでに靴も預ける。聖地なので、当然裸足なのである。

Dsc03512

Dsc03514

仏歯寺の正式名称はダラダー・マーリガーワ寺院という。

仏歯とは、釈迦の犬歯のことである。何故、スリランカにあるのかというと、インドのカリンガの王子が頭髪に隠して持ち込んだと言われている。アヌラーダプラに奉納したが、遷都してキャンディまでやってきたのだ。その犬歯を祀るのが仏歯寺なのである。

仏歯はスリランカの象徴、スリランカ人の魂とでも言うべきものだ。それだけにこの寺は特別なのである。ちなみに、キャンディはこの寺があるから聖地キャンディであって、世界遺産にも選ばれていると言っても過言ではない。

Dscf1164

彫刻が施されている。

初めの階段を登ると、係員らしき男性がチケットはあるか?と聞いてきた。あるよと答えると、ついて来いという。。。

???チケットチェックかな?

と、思っていたが、どうも様子がおかしい?

途中で気付いた。これは勝手にガイド始めるおっさんや!どっかでNoを突きつけないと、料金を求められる。

Dscf1165

おっさんはどんどん先に進むが、我々は少しずつ歩くスピードを落として、フェードアウェイを試みる。

Dscf1166

きらびやかな廊下も、ガイドおっさんのせいでゆっくり堪能できるほど気持ちの余裕がない。

Dscf1167

廊下が終わった。正面は意味ありげな建物だ。この2階に、仏歯が納められているはずだ。おっさんがどや顔で説明を始めたので、正式にNo, thank you!を突きつけた。おっさんはあっさり引き下がり、どっかへ消えた。やれやれ、これまで平和だったので油断していた。このキャンディは、夕べの鶴亀といい、侮れない人々がいるらしい。やな感じを引きずらず、仏歯寺を堪能しよう。。。

« 魅惑のスリランカ紀行(その23:ポロンナルワ~昼食~キャンディ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その25:仏歯寺Ⅱ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。