フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その18:ポロンナルワⅡ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その20:ポロンナルワⅣ) »

2013年11月30日 (土)

魅惑のスリランカ紀行(その19:ポロンナルワⅢ)

クワドラングルをもう少し詳しく散策してみよう。。。

Dscf1037

トゥーパーラーマの内部に潜入する。中に入るには、階段の前で靴を脱がなければならない。ここクワドラングルの遺跡の敷地内は大方、靴を脱ぐ必要があるのだ。

Dscf1046

入るで!

Dscf1038_2 

Dscf1042

Dscf1040

Dscf1044

Dscf1043

中にはこのように仏像が祀られているのだ。

Dsc03428

外は焦熱地獄と化しつつあるが、この中はひんやりして、聖域としての厳かな雰囲気が漂っていた。

外に出ると、いったん靴を履く。

Dscf1047

アタダーゲの前で靴を脱ぎ、遺跡内を散策する。

Dscf1048

日光により砂が焼けている。靴下を脱いでいたので、足の裏が熱い。日陰を探しながらの散策となる。

Dscf1049

首と右腕がない。トルソーというやつか・・・

Dscf1050

足首から上がなかった。

Dscf1051

この人が足首の上かな?

何ともわびさびを感じさせる遺跡だ。

Dscf1053

続いて、ハタダーゲである。ここはアタダーゲと同じく仏歯寺の跡である。こちらのほうが少し新しく12世紀のものだ。

Dscf1060_2

Dscf1061_2

Dscf1062_2

門の前の仁王さんっぽい人たちが異国情緒を醸し出している。

Dscf1054

Dscf1055

この壁は石が複雑に組み合わされているようだ。モザイクみたいだ。

Dscf1056

Dscf1057

Dscf1058

こちらも風化した石仏が乱立しており、諸行無常を表しているようだ。

Dscf1059

敷石の文様が個性的だ。

そして、やはり素足は熱い。

Dscf1063_2

いよいよワタダーゲの散策だ。

Dscf1064

Dscf1065

Dscf1066

ここの入り口にも門神がいる。

Dscf1067

中心部には坐像が祀られている。

Dscf1068

供物台の下の特等席には、お犬様がいらした。いい感じで日陰なのである。

Dscf1069

Dscf1070

Dsc03441

ここは総石畳である。石が灼熱と化しており、素足の我々には大焦熱地獄の責め苦を受けているような状態である。

Dscf1071

あつあつあつあつあつ・・・と、先日アンビリバボーで見た交通事故死の幽霊のような様相で散策を続ける。

Dsc03443

Dsc03444

これは何とも立派な舌をお持ちだ。

Dsc03445

Dscf1072

Dscf1073 

Dscf1075

ワタダーゲから向かいの遺跡を見ると、なんかちっこい人がいた。

Dsc03447

こうして、クワドラングルの散策を終えた。

さて、次のエリアに行くのだ!

« 魅惑のスリランカ紀行(その18:ポロンナルワⅡ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その20:ポロンナルワⅣ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。