フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その13:シギリヤ・ロックⅣ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その15:シギリヤ・ロックⅥ) »

2013年11月15日 (金)

魅惑のスリランカ紀行(その14:シギリヤ・ロックⅤ)

いよいよ宮殿跡へと向かう。

Dscf0899

Dscf0900

旅人は風景を撮るのに余念が無い。

Dscf0901_2

階段を登る。昔はどうやって上ったのだろうか?それとも昔の階段は崩落したのか?

Dscf0902

にょ!?

でかい蜂の巣がある。おかげで度々観光客が鉢に刺されるという惨事が起こっているそうだ。注意しよう!

Dscf0904

なんか岩肌に線があるけど、彫ってるんすかねぇ?

Dscf0905 

もうすぐ頂上だ。

Dscf0906

着いた!本当に遺構があった。

それにしても、いくら弟にびびったといえど、こんなところに宮殿を造ろうなんて、正気の沙汰ではない。第一、これでは攻められないかもしれないが、逃げもできへんではないくわぁ!

Dscf0907

これは何の窪地か?

Dscf0908

Dscf0909

Dscf0910

旅人よ、そんなところに立っていると危ないぞ!

Dscf0912

ここが一番高い。

Dscf0914

さすが見晴らしがいい。

Dscf0915

Dsc03313

ちょうど去年、こんな人がいたので、再びマネしてみた。

地球のみんな、オラにちょっとだけ元気を分けてくれ~~~!!!

Dsc03314

そして、飛んでみました。またか!?

Here we go!

Dscf0919

おお!あんなところにでっかいプールがあるばい!

Dscf0920

Dscf0921

Dscf0922

Dsc03329

岩の上で拝んでみました。

浮かれぽんちのまま、頂上の物語は続くのだ。

« 魅惑のスリランカ紀行(その13:シギリヤ・ロックⅣ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その15:シギリヤ・ロックⅥ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。