フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その12:シギリヤ・ロックⅢ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その14:シギリヤ・ロックⅤ) »

2013年11月14日 (木)

魅惑のスリランカ紀行(その13:シギリヤ・ロックⅣ)

シギリヤ・レディの見学を終えた我々は、再び順路を進む。

Dscf0886

螺旋階段を下りるとき、今までいたところを外側から見てみた。うげっ!こんなところにいたのか?アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

Dscf0887

螺旋階段を下りて、下の通路を歩いていると、前方に壁が見えてきた。

Dscf0888

ちょいといい照りがでているこの壁は、ミラー・ウォールと呼ばれる。

Dscf0889

レンガの上に漆喰が塗られ、さらにその上に卵の白身と蜂蜜と石灰を混ぜたものが塗りたくられ、それをひたすら照りがでるまで磨いたものだそうだ。

ガイド本には姿が映るほどと書いてあったが、正直そこまでぴかぴかではなかった。落書きあったし・・・

Dscf0890

やがてミラーウォールを抜けた。

Dscf0891

今日は本当にいい天気だ。ジャングルの緑が非常に美しい。

Dscf0892

下にも何やら遺構が残されている。

Dscf0893_2 

Dscf0894

階段を登ると、、、

Dscf0895

いよいよシギリヤ・ロックの頂上を目指す!

Dscf0896

岩山の上に宮殿跡があるのだが、その入り口はライオンの入り口と呼ばれる。

Dscf0897

このとおり、ライオンの前足が階段の両サイドに生えているのだ。以前は体があり、ライオンが口を開けた、実に恐ろしい入り口だったそうだ。階段を上っていくと、ちょうどライオンに飲まれる形になる。

Dsc03306

なかなか凶暴そうなおみ足をお持ちだ。

Dscf0898

岩山の前では、お犬様がぐったりしていた。

さて、登るか・・・

« 魅惑のスリランカ紀行(その12:シギリヤ・ロックⅢ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その14:シギリヤ・ロックⅤ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。