フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その6:ダンブッラの黄金寺院Ⅴ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その8:ダンブッラの黄金寺院Ⅶ) »

2013年11月 1日 (金)

魅惑のスリランカ紀行(その7:ダンブッラの黄金寺院Ⅵ)

ダンブッラの黄金寺院も残すところ、第4窟と第5窟のみである。

まずは、第4窟である。

Dscf0782

これまでの岩窟と比べると、かなり小さい。

Dscf0783

中に入ると、狭い空間に仏像が並べられている。

Dscf0784

Dscf0785

Dscf0786

全体はこのような感じである。

Dscf0787

ん?この金具は何かな?

Dscf0788

Dscf0789

いよいよ第5窟である。

ここも内部はかなり小さい。

Dscf0791

Dscf0790

Dscf0792

狭い空間にも涅槃仏を中心に所狭しと仏像が置いてあった。

Dscf0793

そうそう、こんな風に座っては駄目だっ!

Dsc03199

これにて、ダンブッラの岩窟寺院は一通り見たことになる。

後は名残惜しそうに辺りを散策した。

Dsc03201

ここは第3窟の前である。

第3窟の前には池があったが、私とJIN氏で同じ池を撮った画像が下のとおりである。どちらがどっちがお分かりだろうか?

Dsc03200

Dscf0794

さあ、どっち?

Dsc03203

さて、そろそろ下山しようか・・・

Dscf0797

Dscf0798_2

Dscf0799

占いか何かをやっているようだ。

Dscf0800

Dsc03207

景色はガスっていて、あまりよくない。

行きに通過したチケットチェック小屋を通ったときに気付いたが、各洞窟には監視カメラがついており、ここでしっかりチェックされていた。よかった。変なことしなくて。放屁しかしてないもんね!

Dsc03208

さあ、下山しよう!

ダンブッラ編はもう少しだけ、続くぞい!

« 魅惑のスリランカ紀行(その6:ダンブッラの黄金寺院Ⅴ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その8:ダンブッラの黄金寺院Ⅶ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。