フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その7:ダンブッラの黄金寺院Ⅵ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その9:ダンブッラ~シギリヤ) »

2013年11月 2日 (土)

魅惑のスリランカ紀行(その8:ダンブッラの黄金寺院Ⅶ)

岩窟寺院の見学を終え、いよいよ下山する。

Dscf0801

世界遺産のマークがあった。

Dscf0802

猿や!

Dscf0804

犬が日向ぼっこしていた。

Dscf0805

だるそうだ。

Dsc03213

ちなみに別角度から・・・

途中で、法外な値段のコイン売りに絡まれたが、軽くいなしつつ下山する。

Dscf0806

かなり下山してきた。黄金の大仏の後姿がシュールであった。

Dscf0807

も一つ、お犬様

Dscf0808

こんなところを降りてきた。

Dscf0809

黄金大仏のすぐ真下に行くことができた。

でかいなあ~ヽ(´▽`)/

Dscf0810

ん?顎の下にでっかいホクロがある。

Dscf0811

大仏様の左側を見下ろすと、ありがたいお坊様が並んでいるのが見えた。

Dscf0812

うお!長蛇の列だ。

Dscf0813

大仏様の左手には、池があった。よく見れば、あの島はセイロン島の形をしているのでは?

Dscf0814

最後に大変ありがたいアーチの下をくぐって、下山完了である。

この後、博物館に戻り、靴を履いて、見学終了である。

ドライバーと落ち合うと、車に乗り込み、今日泊まるホテルに向かう。

ホテルの話は次回で!

« 魅惑のスリランカ紀行(その7:ダンブッラの黄金寺院Ⅵ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その9:ダンブッラ~シギリヤ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。