フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その8:ダンブッラの黄金寺院Ⅶ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その10:シギリヤ・ロックⅠ) »

2013年11月 3日 (日)

魅惑のスリランカ紀行(その9:ダンブッラ~シギリヤ)

ダンブッラの黄金寺院の見学を終えた我々は、一路、今夜の宿に向かう。宿は次の目的地シギリヤである。

Dscf0815

おお!憧れのシギリヤ・ロックが見えたばい!

Dscf0817

明日はあの岩山に登るのだ。非常に楽しみである。

Dscf0816

ちなみに手前では、牛が草を食んでいた。

Dscf0818

やがて、車は今日の宿、シギリヤ・ヴィレッジに到着した。

Dsc03228

チェックインを済ますと、部屋に向かう。

Dsc03225

部屋はそれぞれ離れのコテージになっている。

Dsc03221

部屋に入る。なかなか落ち着いた部屋だ。

Dsc03222

バスルームには、バスタブがなかった。これはシャワーを浴びるときは注意せねば。

Dsc03227

この後、夕食がてらヘリタンス・カンダラマというホテルに行くことになっている。

このホテルはジェフリー・バワというスリランカ出身の世界的建築家の設計によるものである。

その前に少し、シギリヤ・ヴィレッジの中を散策することになった。

Dsc03224

Dsc03229

Dsc03226

もうすぐ日没と言うことで、熱帯的な気候だが、気温は涼しくなった。

Dscf0822

敷地内にはトカゲをはじめ、数々の小動物が徘徊している。

Dsc03238

プールからシギリヤ・ロックが見えた。

そうこうしていると、時間になった。ドライバーが迎えに来て、ヘリタンス・カンダラマに行った。写真を撮っていないが、何とも形容しがたい変なホテルである。ホテルの中を岩肌や木の根がうねっている、それは凄まじい光景であった。そして、ガラスに這い寄る、数々の謎虫・・・。

夕食はホテルのブッフェを堪能したが、あまりスリランカ料理という感じはせず、地ビールらしきものを飲んだが、美味しくなかった。

再び、シギリヤ・ヴィレッジに戻ると後は寝るだけである。こうして、一日目が慌しく終わった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その8:ダンブッラの黄金寺院Ⅶ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その10:シギリヤ・ロックⅠ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。