フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その4:ダンブッラの黄金寺院Ⅲ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その6:ダンブッラの黄金寺院Ⅴ) »

2013年10月18日 (金)

魅惑のスリランカ紀行(その5:ダンブッラの黄金寺院Ⅳ)

第1窟からいったん外に出た。

Dscf0736

Dscf0737

階段を登る。

Dscf0738

何だかお寺ではなく、ヨーロッパ辺りの教会っぽい雰囲気だ。

Dscf0739

第2窟に入る。

第2窟は別名「マハラジャの石窟」といい、黄金寺院では最大の石窟である。

Dscf0741

これは素晴らしい!

第2屈の見所は、何と言っても石窟を彩る壁画と仏像の数々である。

Dscf0740

Dscf0743

ここにも涅槃仏があった。

Dscf0744

Dscf0746

Dscf0747

あれれ?

みんな、パーデ○ネ○ではないか!?

Dscf0748

そして、最大級のパー○ン○ンである。

Dscf0745

右手の檻は何かしら?

Dscf0749

中には壷があり、水が溜まっている。

実は天上から水が染み出しているのだ。

この水は重要な儀式のときのみ僧が飲み、病気が治るという霊験あらたかな水なのである。ちなみに、ダンブッラとは「水の湧き出る岩」という意味だそうで、まさしくこの第2窟が地名の由来になっているのだ。

Dscf0750

パ○デン○○が続く。

Dscf0751

Dscf0752

Dscf0753

Dscf0755

この第2窟には実に多くの仏像が祀られているが、釈迦だけで立像16体、坐像40体を擁する。

Dscf0757

Dscf0758

中にはヒンドゥー教の神様なんかもいて、何が何だか分からない状態である。

Dscf0760 

天井画と仏像の配置が何とも面白い。

Dscf0756

Dscf0754_2

Dscf0761

これは何の場面であろうか?何か楽しげに見える。

Dscf0762

なかなか幾何学的な模様だ。

Dscf0764

少なくとも人ではない?

争いの場面なのか?舞を踊っているのか?

Dscf0763

この人、コブラを頭に被っているよ!

« 魅惑のスリランカ紀行(その4:ダンブッラの黄金寺院Ⅲ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その6:ダンブッラの黄金寺院Ⅴ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。