フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その3:ダンブッラの黄金寺院Ⅱ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その5:ダンブッラの黄金寺院Ⅳ) »

2013年10月17日 (木)

魅惑のスリランカ紀行(その4:ダンブッラの黄金寺院Ⅲ)

黄金寺院の起源は紀元前3世紀である。すなわち、スリランカに仏教が伝来した当初から始まるのだ。当初は僧院であったが、紀元前1世紀に寺院に転換し、以来、王家の庇護もあり、発展を遂げた。18世紀にはキャンディ王朝による大規模な改修が行われた。そして、1991年にUNESCO世界文化遺産に登録されたのが、黄金寺院の歴史である。

第1窟から第5窟までの5つの石窟により構成されている。

Dscf0725

チケットチェックを受け、外に出ると、岩山沿いに白い建物が建てられているのが見えた。

Dscf0727

白い建物の奥が、石窟になっているようだ。

Dscf0728

早速、一番手前の第1窟に入る。

Dscf0729

は?

Dscf0730

左を向くと、、、

涅槃仏やったわけね!

第1窟は、聖王の石窟と呼ばれる。

Dscf0731

足元はこんな感じだ。

Dscf0732

足元にはアナンダ像があるということだが、どちらかな?やっぱ立ってるほうですか?

Dscf0735

こ、これは・・・?

まさか、パーデ○ネ○?

光背なんですかね?

Dscf0733

お釈迦さん、どうしてそんなに足の裏が赤くなっちゃったんですか?

何でやろうな・・・?

真面目にやってきたからよ!ねっ!?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

紀元前5世紀にインドから渡ってきたウィジャヤ王の足の裏が、赤土で染まったことに由来するそうだ。

Dscf0734

壁画がきれいねぇ・・・と思っていたら、何回も修復され、最新は20世紀だそうだ。

« 魅惑のスリランカ紀行(その3:ダンブッラの黄金寺院Ⅱ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その5:ダンブッラの黄金寺院Ⅳ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。