フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 魅惑のスリランカ紀行(その5:ダンブッラの黄金寺院Ⅳ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その7:ダンブッラの黄金寺院Ⅵ) »

2013年10月22日 (火)

魅惑のスリランカ紀行(その6:ダンブッラの黄金寺院Ⅴ)

第2窟の次は、第3窟である。

Dscf0765

第3窟の前には小さな池があり、睡蓮が咲いていた。

Dscf0766

Dscf0767

第3窟に入る。

Dscf0768

中に入ると、真正面の仏像の前で観光客にガイドが説明していた。

見たいが、とにかく話が長い。仕方ないので、他を見て廻ろう。

第3窟は「新僧院」と呼ばれる。キャンディ王国時代の天上画と壁画に彩られている。

Dscf0769

ここにも○ーデン○ン仕様の涅槃仏があった。ここには50体の仏像と1体の王の像が祀られている。

Dscf0770

Dscf0771

Dscf0772

Dscf0773

Dscf0775

この顔色の悪いおっさんが王様かな?

Dscf0776

さっきガイド付きの観光客が陣取っていた仏像の前に来た。

Dscf0774

裏側はこんな感じだ。

Dscf0781

改めて、正面に廻る。

Dscf0780 

仏様の上にへんな顔があるぞ!

Dscf0778

Dscf0779

この人たちは、何の珍獣なのだろうか?

仏様自体はそうでもないが、周りの装飾が随分面白かった。

残るは、第4窟と第5窟である。

« 魅惑のスリランカ紀行(その5:ダンブッラの黄金寺院Ⅳ) | トップページ | 魅惑のスリランカ紀行(その7:ダンブッラの黄金寺院Ⅵ) »

スリランカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。