フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 高尾山へ行こう!Ⅲ | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅴ »

2013年10月 2日 (水)

高尾山へ行こう!Ⅳ

石段を登ると、神社がある。

Dscf0378

石段の両側の斜面に何かあるな?

Dscf0379

Dscf0380

実に楽しげな石像が並んでいた。

Dscf0381

本社である。飯縄権現を祀る神社である。お寺の中に神社がある。神仏習合の典型であろう。。。

Dscf0382

立派な彫刻がなされている。

Dscf0383

Dscf0384

Dscf0385

Dscf0386

Dscf0387

神社なので二礼二拍一礼をしていると、後方からおじさまのグループがやってきて、

「あれ?神社?寺じゃないの?」

「寺だよ。寺!」

と、まるで私を馬鹿にするように話しながら通過していった。

不愉快であった。

神仏習合という言葉を辞書で引いてもらいたいものだ。

Dscf0388

この後ろが本殿であろう。。。

Dscf0389

本社の裏手には、再び石段が続いていた。

Dscf0390

上には奥の院がある。不動明王を祀っているそうだ。ここまでが薬王院の参拝順路である。頂上はもうすぐである。

« 高尾山へ行こう!Ⅲ | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅴ »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高尾山へ行こう!Ⅲ | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅴ »