フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 身延山久遠寺・後編 | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅱ »

2013年9月25日 (水)

高尾山へ行こう!Ⅰ

平成25年7月28日。今日は高尾山に登山することにした。

高尾山は八王子市にある、標高599mの山である。都心近くでハイキングが楽しめるということで、昔から都民に愛されてきた山である。かつて東京周辺のローカル人気スポットであったが、近年、全国的に有名になっている。それは、ミシュランガイドのせいである。かの本によれば、高尾山は3つ星を獲得しているのである。一体、どんな素晴らしい山なのだろうか・・・

Dscf0295

京王高尾線の高尾山口に着いた。

午前中であるが、駅を降りると、すでにハイキング客が大勢いた。

Dscf0296

高尾山口からケーブルカーの駅である清滝駅方面に歩く。ケーブルカーでショートカットという手もあるが、当然ここは徒歩での登山だ。

Dscf0297

清滝駅周辺はハイキングの出発点ということで、人だらけだ。

Dscf0298

変な地蔵もいる。

Dscf0299

飯縄権現遥拝社があった。飯縄権現とは高尾山にある薬王院の本尊だ。山に登らなくても、ここで参拝ができるのだろう。。。しかし、当然、私は登る。

Dscf0300

早速、高尾山の最もポピュラーなコースであろう、1号路を歩くことにする。

Dscf0301

すっかり舗装された道を歩く。歩きやすい。

Dscf0302

Dscf0305

アジサイがきれいだ。

Dscf0304 

山の陰にはひっそりと仏様がたたずんでいる。

Dscf0306

マニ車があった。とりあえず回しておく。

Dscf0307

Dscf0308_2 

Dscf0309

確かに都心の近くにしては自然豊かだ。

Dscf0311

Dscf0312

森林浴は涼しく、心地よい。

Dscf0313

山頂方面へ足を進める。

Dscf0314

Dscf0315

Dscf0316

だいぶ森が深くなってきた気がする。

Dscf0317

いい瘤だ。

Dscf0318

あれ?なんか開けてきたぞ!

Dscf0319

と思ったら、ケーブルカーの駅だった。ケーブルカーに乗れば、ここまで一気に来れるわけね!ここまでの行程は、なかなか坂道がきつかった。体力に自身がない方はケーブルカーをお薦めする。でも登山しに来たんだったら、お薦めしない。

Dscf0320

Dscf0321

急に道が平坦になってきた。ケーブルカー乗ったら、山頂まで楽勝やな。

Dscf0322

あの変な建物ではビアガーデンが楽しめるらしい。アンチビアガーデンの私には全く興味の無い話だ。

Dscf0323

だいぶ上がってきたので、街を見渡せる。・・・ガスってやがる。

Dscf0324

Dscf0325

モンキーセンターがあるらしい。今回は無視して、先を進む。

Dscf0326

おおお!でかい杉だ。

Dscf0327

カメラに収まりきらないでかさだ。

Dscf0328

この杉、たこ杉というらしい。そういえば、根元に変な瘤がある。

Dscf0329_2 

瘤の先端に穴が開いている。タコの漏斗みたいだ。

Dscf0330

そうそう!ひっぱり蛸ね。

Dscf0331

浄心門が見えたきた。いよいよ次回は薬王院の参拝だ。

« 身延山久遠寺・後編 | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅱ »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 身延山久遠寺・後編 | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅱ »